« 〓ダイエットのイロハ | トップページ | Fw>RE:連絡!! »

2007年5月18日 (金)

〓元横綱曙関の失敗事例

曙1曙2         

今日午後五時から横綱のダイエット作戦を練り直しました。

現状の横綱は、193キロ、僕が指導し始めてからマイナス30キロです。K-1の石井館長にマイナス50キロの約束で預かりましたが、まだ約束を果たせていません。

ダイエット指導を始めた直後は毎月5キロずつ順調に痩せ出し、半年でマイナス約30キロ、190キロまで減量に成功しました。

しかし、その後体重は落ちず190~205キロの間を行き来しています。

その原因が今日解りました。

体重が30キロ落ちた6ヶ月間は摂取カロリーを4000キロカロリー前後と決め、ダイエットマスターの受講通りダイエットに励んでいたのです。

しかし、本人としてはもっともっと早く結果を出したい為、摂取カロリーを減らせば減らす程痩せると考え、米国のあるダイエットセンターの一日1500キロカロリー摂取に切り替えたのだそうです。

その結果、体に力は入らず、頭はボーっと霞むし、練習もやる気がなくなり、それでも結果を求め今日まで頑張って来たが、次回7月のヒーローズはどうしたらいいのか悩んでいると言うのです。

答えは簡単。摂取カロリーを減らし過ぎたのです。

元横綱曙の基礎代謝エネルギーは、前測定時、約3800キロカロリーでした。ですから摂取カロリーを3800キロカロリーまで増やせばいいのです。

基礎代謝エネルギーを切るようなダイエットは必ず体を壊します。空腹に耐えきれず手当たり次第食べてしまう過食症の一歩手前です。

そしてリバウンドの繰り返し。横綱はその状態でした。横綱が健康を損なわずに生きる為には最低3800キロカロリー必要なのです。

生活エネルギー約1500キロカロリーを加えれば、横綱の一日の消費エネルギーは5300キロカロリー前後はかかります。

ですから生活エネルギー分、1500キロカロリーを減じれば基礎代謝エネルギーで生活するしかありません。

一日生活する為には自分自身の脂肪を燃焼させるしかないのです。

これがダイエットの極意です。

横綱が1500キロカロリーダイエットなどをやれば細胞の生まれ替わりである新陳代謝がメチャクチャになってしまいます。

体自体が未熟細胞の塊のようになってしまうとは思いませんか?

結果として、全身の倦怠感、肌荒れ、抜け毛、無気力、そして後悔の日々。挙げ句、リバウンドが待っています。

『今日は目から鱗が落ちた思いです。さぁ今日から食べるぞ!!』と横綱は言っていました。

来週、横綱の奥さんと会い、一日の食生活を話し合う事になりました。

月のヒーローズに向け、あと14~15キロスマートになった横綱を是非見てみたいものです。

ちなみに、横綱の消費エネルギー一日分、約5300キロカロリーから1500キロカロリーを一ヶ月間減じますと、1500×30=45000キロカロリー。

それを脂肪1キロ分、7200キロカロリーで割りますと(45000÷7200=6.25)一ヶ月間で約6.25キログラム痩せる計算になります。

果たして計算通りになりますかどうか乞う御期待をというところです。

今日は、7月のヒーローズに賭ける元横綱、曙関の近況をお知らせしました。

|

« 〓ダイエットのイロハ | トップページ | Fw>RE:連絡!! »

ダイエット」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1155780/27156918

この記事へのトラックバック一覧です: 〓元横綱曙関の失敗事例:

« 〓ダイエットのイロハ | トップページ | Fw>RE:連絡!! »