« 消費者の危機 | トップページ | 健康管理 »

2007年6月15日 (金)

危険なダイエット〓

世のダイエッター達はダイエットと云うと炭水化物を抜く、野菜しか食べない、スープかジュースしか飲まない、クッキーしか食べないなどの絶食系超低カロリーダイエットか、あちらこちらの情報を得て、痩せると云われるサプリメントを買い込み、飲んではみたものの下痢をしたり嘔吐をしたりと大変な思いまでした人も多いようです。

この薬剤系ダイエットなど死亡や入院など大事故が後を絶ちません。(厚労省のホームページ参照)

何故このような危険なダイエットに走ってしまうのでしょう。それはダイエットの基礎知識が欠如している為です。

痩せる為の知識と理論を知らないから、とにかくカロリーを取らないように生活しよう、食べてしまったら吐くか、薬を飲んで排泄すればいいんだなどと単純に考えているダイエッターも多いのではないでしょうか?でも、それは間違っています。

痩せると云う事は実は危険な事なのです。

痩せる為の基本は体の臓器が故障しかかっているか故障している。又は食物がなくて体が飢餓状態に近いか、飢餓状態に陥っている。

この二つのどちらかの状況しか考えられません。

ダイエットとは人為的にこれらの状況を作り出し、太り過ぎや、メタボリック症候群などの人を健康体に近付ける為の健康管理術です。

決して知識も理論も知らないまま安易に行うべきものではありません。

人間は生きる為にどうしても必要な基礎代謝カロリーと云うものがあります。

知識のない人はこの言葉の意味や数字さえ知りません。ですから平気で超低カロリーダイエットなどをやるのです。

カロリーを摂らなければ、その時は痩せますが、一般食に戻した途端、恐怖のリバウンドが待っています。

そんな事を繰り返す度、痩せづらい体質に変わるばかりか、様々な悪影響が体に現れてきます。

まず、肌荒れ、切れ毛、抜け毛、にきびや吹き出物、倦怠感、無気力、ダイエットを始めて、このような症状が出てきたら、カロリー不足と考えていいのではないでしょうか?基礎代謝カロリーまでのカロリーを摂っていないのです。

人間の体は新陳代謝により、約60兆個ともいわれる全身の細胞が生まれ替わっています。

内臓から皮膚、骨に至るまで、期間の差こそありますが、毎日生まれ替わっているのです。

僕がいつも言う事で、「10ヶ月で産まれる赤ちゃんが、七ヶ月や八ヶ月で産まれたら何といいますか?では、基礎代謝カロリーを3ヶ月も割った生活で生まれ替わった細胞を何と呼んだらいいのでしょう?考えると恐くありませんか?」と生徒さん達に問い掛けます。

生徒さん全員、僕の言っている意味を理解してくれます。どんなダイエットを試そうと本人の自由ですが、健康になりたくて、又、少しだけ痩せて綺麗になりたくて始めたダイエットで健康を損ねては何にもなりません。

自分自身の笑顔、そして、身内や友人達の笑顔まで奪ってしまうような、危険なダイエットは絶対避けなければなりません。

その為には、まず一歩として最低限の知識を身に付ける事。これがダイエットの基本です。

|

« 消費者の危機 | トップページ | 健康管理 »

ダイエット」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1155780/27156899

この記事へのトラックバック一覧です: 危険なダイエット〓:

« 消費者の危機 | トップページ | 健康管理 »