« 2007年6月10日 - 2007年6月16日 | トップページ | 2007年6月24日 - 2007年6月30日 »

2007年6月17日 - 2007年6月23日

2007年6月22日 (金)

連絡〓

akebonoおはようございます。今度七月16日横浜アリーナで試合があります。いま佐山先生と練習してます。頑張ります。 曙

| | トラックバック (0)

2007年6月17日 (日)

地獄の入り口ダイエット

人間の体と云うのは、意外と丈夫に出来ていてそんなに簡単には痩せません。反面、簡単に痩せるようであれば困る訳です。

いつもいつも食事をしてエネルギーを補給しなければ生きていけないと云う理屈になってしまいます。

お腹の脂肪約1キログラム(約7200キロカロリー)に大人の約三日分の消費カロリーと同等のエネルギーが蓄えられている訳ですから、少々の事では簡単に痩せません。

ですから短期間で結果を出そうとすれば体に無理が生じ、様々な弊害が出て来ます。

ダイエットを目指す人達がまず試してみるのが、一番手っ取り早い絶食系ダイエット。

これは摂取カロリーを極端に減らし、一日それこそ500~1000キロカロリーしか摂取しない無茶なダイエットです。

一般人が生きる為に必要な基礎代謝量が男女約1100~1500キロカロリーですから、前述のダイエットがいかに無謀であるかわかると思います。

体は極端な栄養失調状態となり、急激な飢餓状態に追い込まれ、極端なカロリー不足から激痩せはしますが、様々な弊害が現れ体を壊してしまいます。

又、空腹に耐えられなくなり一般食に戻した途端、急速なリバウンドが始まり、あっと云う間にダイエット前より、更にお腹回りや顔などにリバウンドの脂肪が蓄積されてしまいます。

真面目で我慢強い人ほど頑張りますから、後の弊害も測り知れない結果となります。

女性では一年前後も生理が止まったり、肌の色艶は悪く、ニキビやふきで物や切れ毛などに悩まされ、果ては拒食症や過食症など摂食障害に陥ってしまう人も多数見受けられます。

これでは何の為のダイエットだったのか。

健康になりたい。ちょっと痩せてスマートになりたいと思って始めたダイエットが、実は『地獄の入り口ダイエット』となるのかも知れません。

そうならない為にも、最低限の知識や理論は身に付けて挑戦すべきと我々は考えています。

それが自分自身はもちろんの事、、家族や友人、知人の笑顔を奪う事のない正しいダイエットです。

薄着の人が多い夏場。ダイエットに失敗してリバウンドしたポッコリお腹が目立ちます。

是非、ダイエットの知識と理論を学びリバウンドを防ぎ、ダイエットのプロを目指し、ダイエットマスターの資格に挑戦しましょう。

たった9時間の講座ですが内容は豊富です。

健康であってこその楽しい人生です。正しいダイエットで人生を嘔歌しようではありませんか!

| | トラックバック (0)

健康管理

万人が願う事、それは健康。

いくら事業で成功しようと、国を動かすような権力を得ようと、どんなにすばらしい名声を勝ち取ろうと、それは健康であってこその人生です。

健康が崩れてしまったら一挙にその価値を失ってしまいます。

しかし、殆んどの人はその価値が本当に崩れるまで気付きません。

健康を失ってみて初めて健康の有り難さがわかります。健康とは何物にも代えがたい財産です。

しかし、人間の体は意外と丈夫に出来ていますので、なかなか危険信号に気付かない儘、無理をしてしまいます。危険信号が出たら無理をしてはいけないのです。

でも、真面目な頑張り屋さんほど無理をします。ダイエットなども例外ではありません。

極端な超低カロリーダイエットなどをやり、それを続けてしまいます。結果として体の生理機能まで狂わせてしまい、後で大変な思いをしなければなりません。誰でも希望があり夢があり、可能性へのチャレンジがあります。

しかし、体を壊してしまったら大切な自分の夢を一時中断するか、又は断念しなければならないところまで追い込まれてしまいます。

誰しも、それは望むところではありません。自分自身の健康管理は、自分自身でしっかりとやりたいものです。

| | トラックバック (0)

« 2007年6月10日 - 2007年6月16日 | トップページ | 2007年6月24日 - 2007年6月30日 »