« 2007年9月16日 - 2007年9月22日 | トップページ | 2007年9月30日 - 2007年10月6日 »

2007年9月23日 - 2007年9月29日

2007年9月28日 (金)

上司と部下

企業というものは、余程、その個人の実力を認めていない限り、役職者の権限が優先します。
役職者は何年も何十年も実績を作り、現在の役職まで上がって来た訳ですから、それなりの
苦労や実績は皆な経験しています。

しかし、どんな職場でも総合的にみて、当たり前の事ですが、気にいった上司、気にいった同僚、
また気にいった部下ばかりではありません。
むしろ、上司は部下からみて、気にいらない事ばかり言い、偉そうな口もきき、時には威張るし、
頭にきてしまう事の方が多いのかも知れません。

しかし、それが一般社会の常識というものであり、世の中、全てそんなものです。
それの凝縮が会社です。
どんな会社でも、すばらしい上司や同僚、そして部下にも恵まれるなどという事は有り得ない話です。
必ず人間関係や仕事上でのトラブルに巻き込まれてしまいます。
成功もすれば失敗もします。

只、失敗した時、誰が責任を取るのかが一番の問題です。
会社全体の事であれば社長が責任を取りますし、部門の事であれば部門長が責任を取ります。
ですから、長という肩書きがあり、自分で正しいと判断したら思い通りの仕事を
しなければなりません。

もし、部下に同調して仕事が失敗したら、部門長である自分が責任を問われる訳ですから、
不本意に部下の要求に同調する訳にはいかないのです。
ですから部門長である上司は、時には嫌われる事を覚悟の上、言わなくてはなりませんし、
強引だと思われる場合もあるかも知れません。
でも、それは会社での職責上、仕方のない事なのです。

しかし、社会経験の少ない若い人達は、その辺の仕組みがまだ理解出来ていません。ですから、言葉の言い方一つで、良い上司と言われたり、悪い上司と批判されたり、部門長も実は大変なんです。
しかし会社は結果主義ですから、どんなに立派な事を言っても、どんなに部下から慕われようとも
数字が出なければ部門長としては失格です。

それが会社であり、会社での長としての責任の取り方だと思います。
世間では最近、責任の取り方について、メディア、マスコミ等で賛否両論、
安部総理の退陣劇がありました。
これについては、もう語り尽くされている感がありますので、僕はノーコメントですが、
会社の上司、部下との関係については、当社に限り以上の通りです。

| | トラックバック (0)

2007年9月27日 (木)

ラジオFM PORT 10 月分収録

10月のゲストは、『8時だよ!全員集合!』でお馴染みの加藤 茶さんです。

皆様マスコミ等でご存知のように、カトちゃんは昨年今頃から、年末まで心臓病で三ヶ月近く
入院していました。
今はすっかり元気になり、仕事、遊びと人生を謳歌していらっしゃいますが、
昨年今頃は体調が悪いと時々言っていたのです。
しかし、遊びに熱くなっている悪友達は聞き入れてくれる筈もありません。

ところが、10月に入ってからでしょうか、急に入院する事になり本当に入院してしまいました。
僕も含めた悪友達でお見舞いに行こうとしたのですが、カトちゃんも心臓病での入院ですから、
外部から余計な風邪菌を運び入れたらまずいとの事で、お医者さんの許可がおりず、結局
お見舞いにも行けませんでした。

退院後、僕らのゲーム場にはすぐ現れたものの病気だからと、最初は見学していました。
しかし根が好きな為、いつまでも見学という訳にもいきません。
二回目からすっかりレギュラーに戻ってしまいました。
それでも、自分は病人だからと、つい春先までマスクを掛け、戦っていましたが、
最近はすっかり昔に戻り、何事もなかったかのような、カトちゃんであります。

今回、『ダイエットマスターへの道』への出演は、心臓病の原因であった肥満について
考えてみたいとの理由からでした。
カトちゃんの身長、体重は個人情報のため控えますが、今日現在、BMI、22。
丁度健康体重です。
退院後、15キロ痩せ、すごく体調もよく、肥満の弊害を身を以って感じたとの事です。
続きは、毎週土曜日、午後5時30分ラジオFM PORTでお聞き下さい。
070926FMポート加藤茶①070926FMポート加藤茶②070926FMポート加藤茶③

| | トラックバック (0)

2007年9月23日 (日)

初代タイガーマスク佐山悟

初代タイガーマスク佐山悟 昨日、初代タイガーマスク佐山悟さんの主催する『リアルジャパンプロレス』の見学に後楽園ホールまで行ってきました。佐山さんがダイエットアカデミーの指導で115キロから100までダイエットしたというのです。佐山さんは、一年前からダイエットアカデミーの生徒ですが、曙関と同じでなかなか痩せない生徒なのです。

今回は「15キロダイエットしました!」と威張っていましたので見学に行った訳です。確かに少しはスマート(?)になっていましたが、試合が終わるとすぐリバウンドするのが佐山さんの悪い癖です。でも今回は、今日も皮下脂肪はどうやって取ったらいいのかと電話があり、いつもと比べると真剣なのかなぁと思いましたので、

1. 二、三週間で結果を求めず、ダイエットは最低三ヶ月周期で考える事。
2. 就寝前四時間は食事をしない事。
3. 一日三食腹八分を心掛け、間食そして甘い清涼飲料水や乳飲料などは避け、水分補給はカロリーゼロのお水かお茶にする事。

などを伝えましたが、このような事は昔から教えていた事です。

ダイエットの極意は『本人が本当に痩せたいと思っているのか否か!真面目に取り組む事が出来るのか否か!』だけです。今、日本中がダイエットに夢中です。しかし、知識も理論も無いまま、闇雲に間違いだらけのダイエットに奔走しているのが現実です。

ダイエットアカデミーで知識と理論を学び、資格を取れば、そしてそれを実践する意思さえあれば、誰でも簡単に痩せられます。問題は、その意思を継続出来るか否かだけです。小川直也さんは立派でした。140キロから110キロにダイエットし、それをずっと継続しています。当アカデミーの優等生です。でも、たった半年間の努力で、スリムになった自分自身を想像出来れば、誰でも頑張れる筈です。佐山さん!!期待しています。タイガーガンバレー!!

| | トラックバック (0)

« 2007年9月16日 - 2007年9月22日 | トップページ | 2007年9月30日 - 2007年10月6日 »