« 2007年10月7日 - 2007年10月13日 | トップページ | 2007年10月28日 - 2007年11月3日 »

2007年10月21日 - 2007年10月27日

2007年10月27日 (土)

FM PORT 11月分収録

 先日、全日本プロレス社長武藤敬司氏と対談しました。
武藤ちゃんとは、かれこれ14~5年の付き合いになりますが、いつも元気な朗らかな
男であります。

その武藤ちゃんが数ヵ月前、血糖値がちょっと高めだからとお酒や脂身の濃いお肉
などを避けたのです。
それまでの武藤ちゃんは、焼肉屋などでも、食べ終わった後に、まだ食べ足りないらしく、
「ホルモンあと2ついいですか?」
などと物凄い食欲を示していました。

その後、血糖値を落とす為、ダイエットを始めたと聞いていたのですが、
10キロ弱のダイエットに成功し、頬の肉も少し痩け精悍な武藤敬司に戻っていました。
血糖値を聞いてみたら、食生活を見直し節制した途端、血糖値もあっという間に下がり、
今は正常値に戻ったとの事でした。
考えてみれば以前のように、あれだけ食べていたら、血糖値もコレステロールも中性脂肪も
数値が上がらない訳がないでしょうと思うくらいの食欲でした。
でも、プロレスラーですから相当量のカロリーを練習で消費しますし
(そうは見えませんが、武藤ちゃんは人一倍練習熱心なのです)、
武藤ちゃんの基礎代謝量は、多分27~800~3000キロカロリーくらいあるでしょうから
(小川直也氏はちなみに2800キロカロリーでした。曙氏はなんと3800キロカロリーです)
少々食べても大丈夫かなと思っていました。
でもやはり、いくら激しい運動をしていても、燃えるカロリーはたかだか知れています。
主従関係でいえば、主は節食、従は運動、この位置関係は変わりません。
さすがの武藤ちゃんも血糖値が上がり、食べ過ぎだったんだと自覚したようです

11月中旬、全日本プロレスが、新潟県、富山県と巡業に行くとの事です。
武藤ちゃんから『ご来場宜しくお願いしま~す』とのメッセージでした。

071004武藤選手①071004武藤選手③071004武藤選手④

| | トラックバック (0)

2007年10月25日 (木)

動物の平均寿命と食べ物

最近、草食動物と肉食動物を調べていました。

ちなみに人間は雑食動物になりますが、あの大きな象やカバやキリンは大型草食動物であり、馬や牛などは中型草食動物です。

肉食の大型動物としてはライオンや虎や熊などであり、はるかに大型草食動物の方が大きいのです。これは一体何を意味しているのでしょう。

平均寿命も草食大型動物の方が10年も15年も長いのです。

木の葉しか食べないキリンのあの足の筋肉や、草や干し草しか食べないあの競争馬の筋肉は何を意味しているのでしょう。

人間に一番近い類人猿のニホンザルやゴリラもやはり昆虫くらいは食べますが、殆んど草食動物に近い食生活です。

チンパンジーなどは、木の葉、種子、果実だけだと言われますが、平均寿命は50年もあるのです。

人間の平均寿命は約80年ですが、これは医学が発達した為、病気で亡くなる人が減ったからです。

という事は人間も草食に戻しても十分対応していけるという事ではないでしょうか?

又、草食動物などで、いわゆるヒト的な肥満の動物はあまり見掛けません。

もう少し研究してから再度書きたいと思います。


  分類 動物名 主な食べ物 平均寿命
  雑食動物 ヒト 多種多様 80年
  類人猿 チンパンジー 木の葉・種子・果実 50年
ゴリラ 木の葉・草・昆虫・果実
(繊維性植物を中心とした雑食)
35年
ニホンザル 新芽・果実・木の実・昆虫 25~30年

 
大型草食動物 キリン 木の葉 20~30年
ゾウ 草・果実 50~60年
カバ 30~40年
中型草食動物 シカ 木の芽・稲 15~20年
ウマ 草・干草・穀物 20~30年
シマウマ 草・木の芽 15~20年
小型草食動物 シマリス 果実・木の実・キノコ 7~10年
ハムスター 果実・木の実 2年
ウサギ 草・果実・種実 4~6年

 
大型肉食動物 ライオン 小型及び大型の哺乳類 25~30年
トラ 昆虫・小型及び大型の哺乳類 10~15年
クマ 小型の哺乳類・果実・魚類 20~30年
小型肉食動物 キツネ 小型の哺乳類・鳥類・昆虫・果実 5年
イタチ カエル・ネズミ・鳥類・昆虫 1~2年
タヌキ ネズミ・カエル・鳥類・卵・昆虫・魚類・果実 5~10年
  雑肉食 雑食(本来は肉食) 15~18年
  雑食(本来は肉食) 15~18年

| | トラックバック (0)

2007年10月23日 (火)

Fw:Re:肥満ウォッチング

会長のDVDと運動で八キロやせました。ありがとうございました。山口


銀座の某クラブ、有名ママのメッセージです。アルコールを飲むと、血液中のアルコールを分解するため、大量のブドウ糖が消費されます。その結果、血液中の血糖値が急速に下がり、脳が空腹と勘違いし、『お腹が空いた。食べろ』の指示を出してしまいます。深夜アフターで、ラーメン、焼き肉、お寿司など、おいしく食べられるのはその為です。しかし、この深夜の食事こそ、『ダイエット最大の敵』だという事を肝に銘じて下さいね

| | トラックバック (0)

2007年10月22日 (月)

肥満ウォッチング in ハワイ

ハワイへ行って来ました。たまたま所有しているコンドミニアムで、ちょっとしたトラブルがあり、その解決と、例によって、いつもの肥満ウォッチングを兼ねた5泊7日の旅でした。いつも思うのですが、太っている人で痩せたい人は食生活そのものを見直す事。そして生活習慣を変える事。これ以外には根本的にありえないのですが、それを知ってか知らずか、太っている人の食べること、食べること。
見ていて、こちらの気持ちが悪くなるくらいよく食べます。
聞いてみると、それでも『痩せ願望』は人並み以上にあるようなのです。「それだけ食べて痩せたいなどと、冗談は止めて下さい」僕は心の中で叫んでいました。

欧米人は乳製品文化ですから、一番の高カロリー食品を毎日摂っている訳です。だったら、せめて摂取量を減らし毎食腹七分目くらいで止めるとか、山盛りのアイスクリームやケーキを3ヶ月間絶ってみるとか、(アイスクリームやケーキを3ヶ月間食べなくても死にはしません。御心配無く・・・)砂糖のたっぷり入った炭酸水や、ジュース類を止め、水分補給はお茶かお水だけにするとかして、一回だけでいいですから正攻法のダイエットをしてみたらいいのです。そうすれば、ダイエットの何たるかがよく解ると思います。

太ったり痩せたりの基本原理や、知識、、理論なども解らないまま、半端なダイエットをやってみても、又、リバウンドするのがオチです。そして、ダイエット前より痩せづらく、逆に肥りやすい体質へと変貌して行く事でしょう。果たしてそれで満足なのでしょうか。

| | トラックバック (0)

« 2007年10月7日 - 2007年10月13日 | トップページ | 2007年10月28日 - 2007年11月3日 »