« 世界中でダイエットマスター | トップページ | 神の啓示 »

2008年1月28日 (月)

就寝前三時間食事の禁止〓

一年程前、人はいつ肥るのかという話をした事がありました。
それは、眠っている夜中、睡眠中に肥っていくのです。

ひと昔前の親たちは、自分の子供自慢で
『うちの子供は、一晩で1センチも身長が伸びたんですよ』とか
『朝、起きる度に身長が高くなっているんですよ』などと、よく話していました。
朝、起きる度や、一晩で1センチは大袈裟としても、親の言っている事も一理あります。

昼間は交感神経が働いていて、しかも大人は仕事、子供は学校や遊びと
動き回っていますので、あまり身長が伸びたり、体重が増えたりという事は
ありません。
食事や水分補給に依る体重の増減はありますが、それは一過性のものであり、
原則として身長が伸びるのも夜中、体重が増えるのも夜中。
つまり副交感神経がバリバリ働いている就寝時に起きている成長現象です。
ですから、子供は大人に比べて多くの睡眠時間を必要とします。
交感神経と副交感神経、当ダイエットアカデミーでは、痩せる為の鉄則の1つとして
『就寝前三時間食事の禁止』を上げています。
何故なら、就寝時は副交感神経が働き、交感神経が働いている昼間より吸収率が
15倍から20倍も高いからです。
当校の生徒さんの中にも、就寝前の食事時間を何時間か繰り上げただけで、
4ヶ月間で8キロ痩せたとの報告もありました。⇒体験談を読む
交感神経とはエネルギーを発散させる神経であり、副交感神経とはエネルギーを
溜め込む為に作用します。
まず、『間違いだらけのダイエット』をする前に、知識と理論の導入を考えましょう

|

« 世界中でダイエットマスター | トップページ | 神の啓示 »

ダイエット」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1155780/27156842

この記事へのトラックバック一覧です: 就寝前三時間食事の禁止〓:

« 世界中でダイエットマスター | トップページ | 神の啓示 »