« 肥満予防の救世主 | トップページ | Fw:帰国 »

2008年4月 7日 (月)

メタボ診断?

ウエスト回り男性85センチ、女性90センチ以上が
メタボリック症候群の基準値に指定されていますが、
僕の私見を言わせて貰えば、この数字はいかがなものかと言わざるを得ません。

男性85センチを基準値に置けば、身長の高い(175センチ以上)人は、
殆どそれ以上になってしまいます。
女性90センチなどとすれば、これは161~2センチを平均身長とする日本人は、
殆ど90センチ以上にはなりません。
もう少し慎重な数字の選定をすべきであると僕は思います。
身長170センチ以上の男性で、お臍回り85センチの人は決して肥満体ではありません。

ちなみに僕は、身長172センチ、体重65キロ、ウエスト86センチ、
BMI22、内臓脂肪82平方センチメートルです。
これでメタボ診断の基準値以上者に入れられたら、たまったものではありません。

女性の90センチについて言わせて貰えば、
これは相当の肥満体でなければ届かない数字です。
(肥満度2、BMI、30以上位)ですから、今回、定められたメタボ診断の、
男性85、女性90が、いかにアバウトな数字であるか判ると思います。

参考の為に申し上げますと、男性より女性が大きい数字というのは
世界で日本だけとの事です。
男性、160センチ以上、5センチ刻み、女性、150センチ以上、5センチ刻みくらいで、
メタボ診断の基準値を決めたならば、大体正確な判断が出来るのではないかと思います。
いかがなものでしょう

メタボ健診「医学的におかしい」~検証<健康政策に異変>

因みに日本ダイエットアカデミー協会では、男性90センチ以上、女性85センチ以上を
肥満体の危険値としています。

|

« 肥満予防の救世主 | トップページ | Fw:帰国 »

ダイエット」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1155780/27156800

この記事へのトラックバック一覧です: メタボ診断?:

« 肥満予防の救世主 | トップページ | Fw:帰国 »