« 健康情報商材ダイエットマスター | トップページ | 『ムトーの日』 »

2008年6月 9日 (月)

外科手術系ダイエット

6/8(日)午後テレビを観ていましたら、たまたま元大相撲の小錦さんが、
ダイエットのため、胃を切除し、三ヶ月で70キロ痩せたと特集していました。

テレビ報道に依りますと、小錦さんは胃の切除前は、
毎日の摂取カロリーが19000キロカロリー、切除後は1400キロカロリー位しか
食べられなくなり70キロ痩せたというのです。

『あっ、そうですか。なるほどね』という事かも知れませんが、
今後の事例として非常に興味深い問題を孕んでいるような気がしてなりません。

僕は以前、横綱曙関のダイエットを担当していました。
横綱は223キロでしたが、小錦さんは300キロもあったそうです。
横綱の基礎代謝量は3800キロカロリーでしたが小錦さんは果たしていくつだったのでしょう

三ヶ月で70キログラム痩せたという事は、カロリーにして504000ーキロカロリーの
脂肪エネルギーを燃焼させた計算です。
一日平均5600キロカロリーのエネルギー不足を身体に与えた訳です。
こんな痩せ方でいいのでしょうか

小錦さんの基礎代謝量は、多分、横綱と同じくらいの4000ーキロカロリー前後と思われます。
そうしますと、小錦さんの生活エネルギーは、6:4=4000:X  6X=16000  X=2666 となり、
一日の消費エネルギーは約6666キロカロリーとなります。

僕の今までのダイエット理論では、小錦さんは2666×30=79999キロカロリーとなり、
小錦さんが健康的に痩せる為には、79999キロカロリーを脂肪1キログラムのエネルギー
7200キロカロリーで割った数値、11.111ダイエットアカデミーの計算では、
月間約11キログラムがダイエットの限界数値として計算されます。
その数値を遥かに越え、1ヶ月、23キログラムものダイエットを敢行している訳ですから
考えてみたら大変な事です。

痩せるという事は、身体が壊れた時か、飢餓状態に陥った時、原則としてこの二つ以外にありません。

今回のダイエットはこの二つを一緒にやっているようなものですから、
まだ体力がある今のうちはいいのでしょうが、100キロ、150キロと痩せていき、
体力が無くなってきたらどうなるのか心配でなりません。

小錦さんの基礎代謝量は多分4000キロカロリー前後あった筈です。
健康的にダイエットする為には、基礎代謝量の4000キロカロリーは摂取しなければなりません。
そして生活エネルギー分の2600キロカロリーを摂取しなければいいのです。
それだけで毎月11キロは痩せる計算です。

基礎代謝量は体重の変化とともに変わりますので、厳密には毎月、正確な基礎代謝量を測定し、
基礎代謝量のエネルギーは確保し、生活エネルギー分はカットするというダイエットが
健康を損なわずにやれる一番極端なダイエットではなかろうかと思います。

今回の小錦さんの手術は『ガストリックバイパス手術』といって胃の噴門のあたりから切除し
幽門のあたりで縫い付けるような、胃の全摘手術に近いものだったのではないでしょうか
いずれにせよ、外科手術系ダイエットに挑戦されました小錦さんの勇気に
エールを贈ると同時に、今後のマスコミ報道、またご本人のブログを注意深く
拝見させて頂く事にします。S,fuk小錦akebono

|

« 健康情報商材ダイエットマスター | トップページ | 『ムトーの日』 »

ダイエット」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1155780/27156765

この記事へのトラックバック一覧です: 外科手術系ダイエット:

« 健康情報商材ダイエットマスター | トップページ | 『ムトーの日』 »