« 奈良、東大寺と法隆寺 | トップページ | 京都・金閣寺、銀閣寺 »

2008年7月22日 (火)

ドリーム・5

青木 真也 選手まさかの出来事でした。
青木真也が負けてしまいました。

宇野薫に勝った辺りまでは予想通り。
あのテクニシャンの宇野に、何もさせないなんて、
青木って選手は、一体何者なんだ。
まるで蜘蛛の糸に絡めるようなテクニックだなと感心していました。

ヨアキム・ハンセン選手僕は勝手に、青木の技を蜘蛛魔術と命名しておりました。
ところが、意外や意外、決勝の相手がエディ・アルバレスの怪我で、
リザーブマッチを勝ち上がったヨアキム・ハンセンに変わってしまったのです。
ハンセンとすれば、ワンマッチのつもりで来日していますから、
何のプレッシャーも感じないまま、リングに立てた訳です。
その点はラッキーでした。

でもまあ、青木真也の唯一の泣き所を攻めたという点で、
さすがヨアキム・ハンセンと讃えるべきかと思います。

J.S.カルバン戦もそうでしたが、青木真也は上からパンチを連打された時、唯一、隙が生じます。
カルバン戦は辛くも逃げ切ったのですが、今日のハンセンは逃がしてくれませんでした。
青木選手が今後、泣き所をどのように克服するのか、それが大きな課題だと思います。

川尻 達也 選手川尻選手にも期待していましたが残念でした。
まともにアルバレスと殴り合うのは作戦ミスだと思います。
確かに、一発一発はアルバレスよりも破壊力があるのかも知れませんが、
川尻が四発手を出す内に、アルバレスは五発手を出します。
その差、一発が勝敗を分けました。
一発の威力を抑えても、手数でアルバレスを圧倒しないと勝利の女神は微笑んでくれません。
次戦に期待したいと思います。

秋山成勲 選手あと、ダイエットマスターを勉強中の秋山成勲選手。
多分、今の総合格闘技では日本一だと思っています。
今日は完璧な勝利でした。
多少の舌戦もあったようですが、
今日は初めから袖車で絞め落とすつもりで柔道着を脱がなかったのかなと思いました。
いつか聞いてみたいものです。
怪我でミドル級の大会に出れませんでしたが、
優勝者が決まり次第、挑戦して欲しいものと熱望します。
秋山選手早くダイエットマスターの資格を取って下さいね。S.fuk
K-1

|

« 奈良、東大寺と法隆寺 | トップページ | 京都・金閣寺、銀閣寺 »

格闘技」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1155780/27156738

この記事へのトラックバック一覧です: ドリーム・5:

« 奈良、東大寺と法隆寺 | トップページ | 京都・金閣寺、銀閣寺 »