« ダイエットマスターポイント制度 | トップページ | 肥満の花道、夜食に過食に運動不足 »

2008年7月13日 (日)

国策ダイエットとダイエット事情の現実

国民の7割はダイエットに興味を持ち、その8割は過去から現在に至るまでに、
何らかの形でダイエットを経験した事があるという調査結果が出ています。

今、まさにダイエットそのものが国策となり、関係省庁、又、地方自治体まで動いています。
四月から始まった特定健診などは、まさに生活習慣病の予防そのものです。

アメリカの保険会社などでは、後々、生活習慣病による負担金を支払うのなら、
病気にならないようスポーツジムに通う会費を支払う方が安上がりだとの理由から、
ジム会費を負担していると、先頃のテレビニュースが報じておりました。

同じように日本の場合も、40歳~74歳に限り、都道府県の各、区市町村が特定健診を無料で行い、
生活習慣病の予防にあたるとの実施が、この四月から始まりました。
正に、いづれ負担しなければならない治療費を、メタボ健診により発症を防ぎ、
負担金を軽減しようという制度です。

殆どの人は、痩せたくてもどうしていいか解らない
だから安易にテレビや雑誌の誇大広告に飛び付くのです

結果として、例え、痩せたとしてもどういう理由で痩せたのか理解出来ません。
無理をした分、体調悪化は避けられず
頑張った分、精神的な後悔に襲われ
そして最後は恐ろしいリバウンドが待っています。

これが巷のダイエット事情の現実かと思います。
ダイエットを始めるのなら、まず第一番に、痩せる為の基礎知識を学びましょう
痩せるという事そのものは、身体にとって決して良い状態とは言えません。
全ての人は、それぞれ健康に生きたいと願っています。
しかし、それがちょっとした知識の欠如から、もし失われたとしたら、
それはとても残念な事です。

ご自身の為、家族、恋人、友人達の健康の為、正しいダイエット学を
身に付けたいものです。S.fuk

|

« ダイエットマスターポイント制度 | トップページ | 肥満の花道、夜食に過食に運動不足 »

ダイエット」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1155780/27156746

この記事へのトラックバック一覧です: 国策ダイエットとダイエット事情の現実:

« ダイエットマスターポイント制度 | トップページ | 肥満の花道、夜食に過食に運動不足 »