« 国策ダイエットとダイエット事情の現実 | トップページ | ダイエット、実行よりも、まず知識 »

2008年7月14日 (月)

肥満の花道、夜食に過食に運動不足

夜食が肥満の大敵である事は、いつも口癖の如く話していますが、太っている人からは、
「お腹が空いて眠れない時はどうするんですか?という質問が必ず出ます。

「そういう時は、おでん風にして、大根とか、お豆腐とか、こんにゃくなどを、
お腹を騙す程度軽く食べればいいですよ」とか
「それこそ、単品ダイエットのように、リンゴ一個とかバナナ一本とか、
キャベツの千切りとか、単品ダイエット、の要領でどうですか?
以前は得意だったのではありませんか?とアドバイスします。
(本音はそんなつまらない質問をするようだから痩せないんですよ
だってあなたは痩せたいんでしょう?
お腹が空いて眠れなかったら起きていてください。
そのうちに睡魔に負けますよ
食べる事ばかり考えないで下さい)と言いたいのです。

とにかく太っている人は食べる心配をよくします。
寝る直前にまで食べなくても人間は元気に生きて行けます。

人体の自律神経は交感神経と副交感神経に分類されますが、
主に交感神経は昼間、活動している時間帯に働く神経です。
副交感神経は、夜、家に帰りリラックスした時間帯から働き始めます。
交感神経はエネルギーを発散させる為に働き、
副交感神経はエネルギーを溜め込む為に働く、全く正反対の作用を行います。
そして、その吸収率の違いは、何と15倍~20倍もあると、約二年前の各新聞に発表されました。

ですから、痩せたい人には夜食厳禁です。
お腹が空いて眠れない人は、夕食を食べた時間帯が早すぎたのです。
夕食を食べて3~4時間で眠るのであれば、お腹が空いて眠れないなどという事はありません。
急がしいから決まった時間帯に食べれないとか、理由は皆さん用意してありますが、
でも痩せたかったら工夫が必要です。
ダイエットという目標がある訳ですから・・・

だったら、夜食厳禁です。過食も厳禁です。
余分なカロリーを摂取すれば、太るのは当たり前です。
まず、自分の基礎代謝量を計って下さい。
どんなに減食しても基礎代謝カロリーは摂取しなければなりません。

理由はダイエットアカデミーで教えています。
ダイエットでの運動はアスリートの運動とは違います。
『いつでも何処でも一人でも』を心掛け、CM体操(テレビを観ていて、
コマーシャルが始まったら腕立て伏せ10回、又コマーシャルになったら腹筋10回)などを行うと、
基礎代謝量も上がり、太りずらい体質に変わる手助けになります。

ダイエットマスターのホームページに、無料カウンセリングのコーナーが出来ました。
皆さん、是非ご利用下さい。S.fuk

|

« 国策ダイエットとダイエット事情の現実 | トップページ | ダイエット、実行よりも、まず知識 »

ダイエット」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1155780/27156745

この記事へのトラックバック一覧です: 肥満の花道、夜食に過食に運動不足:

« 国策ダイエットとダイエット事情の現実 | トップページ | ダイエット、実行よりも、まず知識 »