« 京都・金閣寺、銀閣寺 | トップページ | ダイエット教育の在り方 »

2008年7月27日 (日)

驚異の小宇宙・人体の神秘

又、47階段登りに出掛けました。階段
スポーツジムに行きたかったのですが、
今日、身体中に胎盤注射を射ったため運動は控えました。

それで、夜中の11時過ぎに非常階段に行った訳です。
自宅マンションは内階段のため、若干、この時期暑さが籠ります。
今日は、いつもより汗だくになりましたし息もあがりました。

47階段まで登り、いつものようにエレベーターで一階まで降り、
一階に椅子がありますので、そこに座り、汗だくのまま、
フゥーフゥー言っていましたら、
帰って来た住人に「大丈夫ですか」と心配そうに
声を掛けられてしまいました。(アッチッチ

僕は、41~2歳の頃、体調を崩し、自律神経失調症と診断されたり、
過換気症候群(過呼吸)になった事があります。
いくつかの病院を廻りましたが、上記の診断以外は何も出ませんでした。

その頃、『生涯学習フェスティバル』という文部省主催の大会が大分県で開催されており、
たまたま当社主催の講演会がありました。

当時、NHKの名アナウンサー鈴木健二さんと、NHK解説委員小出五郎さんのお二人を招き、
それぞれ得意分野での講演をして頂きました。

小出先生の演題が『驚異の小宇宙・人体の神秘』という、
当時NHKで特集を組んでいた番組の解説でした。
その講演を聞いた途端、自分の体調の悪さの原因を突き止めました。
“運動不足”それしかなかったのです。

ホテルに帰った僕は、すぐさまその場で腕立て伏せ、腹筋、スクワット、
などの運動を始めたのでした。
それ以来、ずっと運動を続けています。
お陰様で体調も良く、大した病気とも縁がありません。
人間とは動く動物です。
運動不足はメタボリックは勿論のこと、あらゆる病気の大敵です。
今日は階段登りの原因をお知らせしました。S.fuk

|

« 京都・金閣寺、銀閣寺 | トップページ | ダイエット教育の在り方 »

ダイエット」カテゴリの記事

雑記」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1155780/27156736

この記事へのトラックバック一覧です: 驚異の小宇宙・人体の神秘:

« 京都・金閣寺、銀閣寺 | トップページ | ダイエット教育の在り方 »