« 不規則な食事とリバウンド | トップページ | 運動選手とダイエット »

2008年9月24日 (水)

ドリーム6

ケガール・ムサシ今日のゲガール・ムサシの戦い方を見て、総合格闘技の進化を改めて感じました。

準決勝では、あの計算し尽くされた路上ファイトの如き殴り合い専門の狂暴なマヌーフに、
一切殴り合いをさせず、一瞬の隙を突き、マヌーフを葬るにはこれしかないというタックルを仕掛け、
寝技から三角絞めに仕止め、決勝では、あのワニ男ジャカレイのスタンドから殴り降ろすパンチに対して、
手よりも長い足でカウンターを入れるなんて、今までの格闘技では見掛けない目新しい戦法でした。
あの足のカウンターは相当練習していたのではないかなと感じます。
(足のカウンターは偶然当たったのではありません。絶対、相当練習しています。
矢野君ビデオを観ていて分かりましたか

多分、今日を境として総合格闘技の歴史が変わります。
今まで、多分選手からしてみれば、自分がマットを背にしていて、
相手がスタンドから、顔面に向けてフックやストレートを打ってきたら、これは相当嫌だと思います。

しかし、今日のムサシのように、足で顔面カウンターを狙えれば、相手も簡単には打って来れません。
(今までも足でカウンターを狙う技もあったのでしょうが、
これからは徹底的に練習する選手が増える気がします)
あの足カウンターを使っていれば、青木真也はヨアキム・ハンセンに負けなかった・・・
(今日の青木はやはり強かった。蜘蛛魔術健在でした。)

総評として、対マヌーフ戦は、計算し尽くされた作戦通り。
対ジャカレイ戦は、咄嗟に反応した練習の成果と判断します。

宮田選手宮田選手矢野君どう思いますか

秋山選手でも、あのゲガール・ムサシという選手の格闘センスは素晴らしいの一言です。
後は、ムサシと我らがダイエットマスター秋山選手との
ミドル級タイトルマッチがいつあるのかが楽しみです。
谷川さんマッチメーク早めにお願いしますねS.fuk

|

« 不規則な食事とリバウンド | トップページ | 運動選手とダイエット »

格闘技」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1155780/27156714

この記事へのトラックバック一覧です: ドリーム6:

« 不規則な食事とリバウンド | トップページ | 運動選手とダイエット »