« 公立720万円・私立1850 万円・ダイエットマスター18 万円 | トップページ | ドリーム秋山成勲選手のブログより »

2008年11月27日 (木)

アメリカ大統領選挙

福崎会長!選挙人を説明する記事を見つけました。
参考にしてください。私も今回始めて勉強しました。
 
ニューヨーク古本不動産本社・浅妻

オバマ大統領選挙方法と最終決定

有権者は一般投票日に大統領候補者に直接票を投じるが、
この投票結果によりそのまま大統領が選任されるわけではなく、
各州で他の候補者より1票でも多くの票を獲得した候補者がその候補者を支持している
全選挙人、選挙人団を獲得する。
全州で獲得した選挙人の数を合計し、獲得総数が多い候補者が勝利する。


マケイン候補また、有権者が票を投じるのは「大統領候補および副大統領候補」に対してではなく、
「大統領候補と副大統領候補がペアになった候補」に対してである。
したがって大統領候補が当選すれば、
その副大統領候補も大統領候補とまったく同じ得票で支持された「当選者」となる。
このように、固有の職務をになう複数の候補が組み合わせとして単一投票の候補者と
なっていることを、チケットという。
通常、副大統領候補には大統領候補とは支持基盤・政策・キャラクターなどが
異なる人物が選ばれ、大統領候補の弱点を補完することに努める。


各州から選出される選挙人の数は、その州の上院と下院の議員数に等しい人数と決められている。
上院議員は各州から2名ずつ、下院議員は州の人口に基づいて決められる。
人口は10年毎に行われる国勢調査のデータを使用する。
カリフォルニア州から選出される下院議員が最多の53名であることから、
選挙人の人数も最も多く55人となる。
アラスカ州など下院議員の選出数の最も少ない州は3人の選挙人を選出することとなる。
首都ワシントンD.C.は上下両院に議席を持たないが、3名の選挙人が選出される。


多くの州で、選挙人団は、最も人気のあった大統領、副大統領候補ペアへの
投票を行う人々から構成される。
ネブラスカ州とメイン州では、各ペアに対する支持率を反映させて、
異なるペアへ投票する選挙人団を組む。


選挙人は、選ばれる前に予め約束した候補者に票を入れる義務は、
憲法や連邦法レベルでは存在しない。
州レベルではそのように義務づけているケースもある。


直接選挙を行った場合、人口の多い都市部に選挙活動が集中し、
政策もその地域の有権者の意見を反映するものが選ばれることになり、
人口密度の低い地域の有権者には不利になることが予想できる。
これも現在のような制度が維持されている理由と考えられる。
しかし、一般には建国当初の、各候補者の政見などの情報伝達も交通手段も
著しく貧弱であった時代に発案された
「信頼できる人を選んでみんなの代わりに首都に行って大統領を選んでもらおう」という旧習が、
最大の国家行事といえるがゆえに改変されることなく生き残っていると考えるのが妥当であろう。
また、ほとんどの州が選挙人の「勝者総取り方式」を採用していることを考えると、大統領は国民が選ぶというより州が選ぶといった色彩が強く、
「大統領は、本来独立している諸州のまとめ役たる連邦行政府の長」
という建国当時の思想を反映しているとも言える。
その選挙人勝者総取り方式を採用するかでさえ、各州の独自の判断にまかされている。


また、有権者の投票数の比が直接反映される制度ではないため、
総投票数の高い候補者が、選挙人団を介した選挙では選出されないことになる可能性がある。
(→2000年アメリカ合衆国大統領選挙)


[編集]投票日
有権者が大統領候補者に票を投じる「一般投票」は、
4年ごとに11月の第1月曜日の翌日(11月2日-8日のうちの火曜日)に行われる。
その後12月の第2水曜日の次の月曜日(12月13日-19日のうちの月曜日)に、
各州で選挙人団が集会し「選挙人投票」が行われる[1]。

なお、どの候補者も全選挙人の過半数の票を獲得できなかった場合、
大統領は大統領候補の高得票者3名以下の中から下院が、
副大統領は副大統領候補の高得票者2名から上院が選出する。
(この投票方式で選出されたのは、大統領としてはアダムズ(1825-1829年)、
副大統領としては、ジョンソン(1837-1841年)の例が存在する)。

[編集]大統領選挙人
大統領選挙人は、各州から上下両院議員と同数が選ばれる。
ワシントンD.C.は上下両院に議席を持たないが、3名の選挙人が選出される。
2004年の選挙では、選挙人数は538人。選挙人の配分方式は州によって異なるが、
大半の州は一般投票での勝者が選挙人を独占する「勝者総取り方式」
(plurality voting system;Winner takes all)を採用している。

事実上、選挙人が投票する候補者は一般投票によって決まるが、
連邦法および合衆国憲法では選挙人が一般投票の結果に沿って投票するよう
義務付けているわけではなく(一部の州では州法によって義務付けている)、
選挙人は一般投票と異なる候補者に投票することも可能である。
ただし、選挙人が一般投票の結果とは異なった投票をすることは、
過去にほとんどなく極めてまれである。

という報告がニューヨークから届きましたので紹介します。S.fuk

|

« 公立720万円・私立1850 万円・ダイエットマスター18 万円 | トップページ | ドリーム秋山成勲選手のブログより »

ダイエット」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1155780/27156672

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカ大統領選挙:

« 公立720万円・私立1850 万円・ダイエットマスター18 万円 | トップページ | ドリーム秋山成勲選手のブログより »