« 2008年8月31日 - 2008年9月6日 | トップページ | 2008年9月14日 - 2008年9月20日 »

2008年9月7日 - 2008年9月13日

2008年9月11日 (木)

究極のダイエットは何と塀の中にあった

ダイエットなど痩せる知識さえあれば、簡単に痩せられます。
但し、その知識を得る気持ちがあるか否かだけの問題です。

例えば、行刑施設の塀の中の食事は、
一日男性、約1500キロカロリー、女性、約1200キロカロリーと決められています。
これを一日三食、食していれば、体脂肪1キログラム約7200キロカロリーと計算して、
1ヶ月間で3~4キログラム程度は痩せる計算になります。

過去、マスコミ等を賑わせた有名人達が、小菅の東京拘置所から保釈で出て来た時の姿は、
まるで別人の如くスマートになっていた事実は記憶に遠くありません。

その行刑施設用献立を、当協会は法務省矯正局から正式ルートで入手し、
行刑施設用レシピ300食を製作し、3分クッキングDVDに収めました。
勿論、当協会が版権を所有している事はいうまでもありません。

又、痩せるのはむづかしいと思っておられる皆さんも多いと思いますが、
理屈さえ解ってしまえば痩せるのは実は簡単です。
それを何の知識も持たず、間違いだらけのダイエットに精を出し、
あとで体調不良に陥ったり、リバウンドに苦しんだりしているダイエッターのなんと多い事でしょう。
嘆かわしい事態と言わざるを得ません。

今、インターネットでダイエットを検索すると、夥しい情報量にびっくりしますが、
一番多いダイエット関連サイトは、やはり飲むだけダイエットや、
超低カロリークッキーなどのダイエット食品群のホームページであります。

人間とは雑食性の動物であり、ご飯も食べればお肉も食べ、お魚も食べれば野菜も食べる。
季節毎の旬な食べ物を美味しく頂くという毎日が、人間としての食生活であります。
それを、いくら痩せたいとは云え、旬な食べ物も食べず、飲むだけのダイエット食品や、
超低カロリークッキーなどばかりでダイエットを図るなど、そういうダイエッター達に、
人間として、あなたは食べる楽しみを何処に忘れて来たのですかと問いたい気持ちです


又、生物学的に於いても、人間は食べたもの
(ご飯や麺類、お肉やお魚、又は野菜やその他、硬いものから軟らかいものに至るまで、全てを)
胃の反芻運動で粥状にして小腸に送り込み、又、小腸で煽動運動をして消化吸収し、
食後24時間体制で体外へ排泄する仕組みであります。

でありますから、人体の消化器系の臓器は全て筋肉の塊のようなものであるという事は、
焼肉屋さんなどに行って、消化器系の焼き物(ミノ・ハチノス・センマイ・テッチャン等)を
食してみて経験済みの事と考えます。(いくら噛んでも噛みきれない、相当硬い筋肉です)

しかし、人体の筋肉という組織は、使わなければ退化する性質をもっているという事実も、
長年、自分自身の生命体を維持してきた我々が実感している経験則である事は論を待ちません。

つまり、ダイエット飲料やダイエットクッキーなどを長く愛用した場合は、
ダイエッター達の大切な消化器関である胃袋や腸の筋肉そのものを怠けさせ、
惹いては、消化器関の筋肉の退化さえ引き起こし兼ねない、
そんな危険と背中合わせであるという事実も忘れてはなりません。

僕はダイエットアカデミーを主宰してきて、過去、超低カロリーダイエットに失敗し、
あまりの倦怠感や無気力、失望感、又、極端な体調不良で息をするのさえ苦しかったと
後悔していた人達を何十人も知っています。

“ほんの少し、ダイエットに関する正しい知識があったなら、あんな苦しみとは縁がなかったのに…”
失敗した全ての人の重い、貴重な言葉でありました。

総じて、ダイエッター達は、ダイエットの知識を得ようとする前に、
手っ取り早い、目の前にあるダイエット食品に飛び付く傾向があります。
そこに商機を見い出だしたダイエット関連企業が、
次から次へと超低カロリーダイエット食品群を雨後の竹の子の如く誕生させている事実があります。

メタボだ、特定健診だと話題になっている、日本のダイエットは、
果たして何処に向かっているのでしょう
又、果たしてこれでいいのでしょうか

今のダイエット関連業界の在り方は、早晩、多くの痩せたい消費者達の体調を悪化させ、
たった一回きりの人生を、取り返しのつかない方向へと、
滅びの笛を吹いているような気がしてなりません。
健康とはなにものにも代えがたい人生の宝であり、体調を壊した家族一人の笑顔が無くなるだけで、
全ての家族の笑顔も、恋人や友人達の笑顔も奪ってしまいます。

健康とはそれだけ大切なものであるという事実にも拘わらず、
間違いだらけのダイエットに翻弄され続ける、今のダイエット事情に警鐘を鳴らすと同時に、
消費者の皆さんにも『早く目を覚まして下さい』と、声高に警鐘を鳴らす次第であります。

あなたも是非ダイエットマスターの資格を取得しませんか。
取得期間は

●○● 標準一週間 最短一日 のんびりゆっくり一か月 ●○●
合格率はほぼ100% (合格するまで何回でも試験を行います)

詳しくは資料請求をお待ちしています。S.fuk

| | トラックバック (0)

2008年9月 9日 (火)

あなたがもしスポーツインストラクターなら

スポーツジムに通って来られるお客様は、
全員自分自身の体調管理に人一倍の関心をお持ちの方ばかりです。

又、その殆どの方は痩身について考えており、メタボなどとは無縁な自分でいたいと願っています。

しかし、痩せたくても何故か痩せないと、一生懸命マシンの上で走ったり歩いたり、
自転車を漕いだりと、汗だくになって涙ぐましい努力をされています。
僕も、スポーツジムオタクですから、その苦労はよく分かります。

僕の通っているウラク青山でも、
痩せたくて毎日トレーニングに精を出していらっしゃる方が大勢いらっしゃいます。

一言、(そんなに走って汗を流しても、その後、八階のレストランで飲んだり食べたりしすぎたら、
ダイエットにはなりませんよ)と言ってあげたいのですが、
ジムはプライベート空間なので何のアクションも起こした事はありません。

そこで、あなたがもしスポーツインストラクターなら、
あなたの勤務先に来ていらっしゃるお客様に、是非ダイエットの話題を投げ掛けて下さい

皆さん、どうしたら痩せるのか、よく分からなくて、とにかく歩いて走って、
自転車を漕いで、汗だくになって身体を動かせば、痩せるものと頑張っているのです。

勿論、何の運動もしない人達に比べれば、運動は素晴らしい効果があります。
せっかく素晴らしい運動をされている方々ですから、
そこに正しい知識と理論を入れてあげて下さい。

ジムに通う人達は、自分の身体を本気で考えている熱心な方ばかりですから、
ダイエットに関する興味は人一倍持っています。

そこで、ダイエットマスターである、あなたの出番です。基礎代謝、
生活運動エネルギー、一日の摂取カロリーや消費カロリーを教えてあげましょう

あなたは、勤務先のスポーツジムでのダイエット博士です。
今までに、スポーツインストラクターの多くの方々にダイエットマスターの資格を取得して頂きました。
本当に有り難うございます

皆さんその後お元気ですか
新宿まで出掛ける機会がありましたら、是非、ダイエットアカデミー新宿本社にお立ち寄り下さい。
そして、ダイエットマスターを取得してからの活躍ぶりを、是非福崎までお知らせ下さい。
会長室でコーヒーをご馳走します。本当です

あなたも是非ダイエットマスターの資格を取得しませんか。
取得期間は

●○● 標準一週間 最短一日 のんびりゆっくり一か月 ●○●
合格率はほぼ100% (合格するまで何回でも試験を行います)

資料請求をお待ちしています。S.fuk

| | トラックバック (0)

« 2008年8月31日 - 2008年9月6日 | トップページ | 2008年9月14日 - 2008年9月20日 »