« 2008年11月30日 - 2008年12月6日 | トップページ | 2008年12月14日 - 2008年12月20日 »

2008年12月7日 - 2008年12月13日

2008年12月10日 (水)

『24 New York 』

曇りのNY夜のNY

『24ニューヨーク』は、ダイエットマスター・ニューヨークインクがあります
エンパイヤ・ステートビル59階から、正しくは北東方面をライブカメラで撮しています。

正面の三角に尖ったビルがクライスラービル、左側の大きな建物がメットライフのビルになります。
そのメットライフビルの下辺りがグランドセントラル駅です。
写真右端の奥にイーストリバーが流れています。

この『24ニューヨーク』は、リアルタイムのニューヨークを、
ライブカメラを使い、映像として24時間流し続けている珍しい試みです。

ニューヨークは晴れた日が多いのですが、雨や雪などで天候が悪くなると、
59階そのものが雲に覆われ、画面が真っ暗になり、何も見えなくなってしまいます

インターネットで探せば、他のサイトでもあるのかも知れませんが
貴重な映像である事は間違いありません。

僕は一日に5~6回、必ずニューヨークのお天気、その他、
画像が汚れていないかなどをチェックしています。
(雨が降って雲の中に入ったりするとガラスの外側が結構汚れるのです。
59階ですから綺麗に拭くのは大変な作業です。)

『24ニューヨーク』是非お楽しみ下さい。S.fuk

| | トラックバック (0)

2008年12月 9日 (火)

レミー・ボンヤスキーVS バダ・ハリ戦に於ての精神的ダメージ!?

レミー・ボンヤスキー前代未聞の決勝戦になりましたが、
反則負けのバダ・ハリがレミー・ボンヤスキーが起き上がって来なかった事について
「主演男優賞ものだ」と評したそうです。

確かにバダの放った上からのパンチは
ガードされヒットしていないようにVTRには映っていましたし、
踏みつけもガードされヒットしていませんでした。

バダハリ選手ですからバダは「戦えた筈だ起きて戦って来ないのはずるいダメージなどない筈だった
と言いたかったのでしょう。

しかし、肝心な事は体にダメージが有ったか無かったかは問題ではなく、
Kー1という競技は総合格闘技とは違い、立ち技での世界一を決める格闘技だという事です。
寝ている相手を殴るのはKー1ではなく総合格闘技ドリームのほうです。

レミー・ボンヤスキーにしてみれば、有り得ない攻撃を受けた訳で、
確かに肉体的なダメージはバダの言うように無かったのかも知れません。

しかし、もう戦いたくなくなるほどの精神的ダメージを負ったのだとしたら、
バダはレミーに対して「主演男優賞」などとは口が裂けても言ってはいけない言葉です。

ですから、物が二重に見えたのかどうかは本人しか解らない事でありますが、
Kー1関係者並びに我々ファンと致しましては、レミーは肉体的ダメージよりも、
戦闘不能に陥る程の精神的ダメージを受け、
試合を続行する意思を失ったと解釈するべきではないでしょうか

僕がレミー・ボンヤスキーであったなら、Kー1で総合の攻撃を受けた訳ですから、
そういう選手とは試合を続行したくありませんし、
精神的に受けた傷はなかなか癒える事はないと思います。

バダ・ハリは有望な選手です。
僕は個人的にもずっと前から応援していました。
今回どんな処罰が下されるのかは解りませんが、
甘んじて受け、次回の戦いには捲土重来を期し頑張って欲しいものと思います。
今日もまた、格闘技評論家になってしまいました。S.fuk

| | トラックバック (0)

2008年12月 7日 (日)

Kー1ワールドグランプリ世界大会

K-1
Kー1ワールドグランプリの決勝大会がありました。

今日は素晴らしい試合の連続で、
会場も大いに盛り上がっていたのですが、
最後の最後、決勝戦でバダ・ハリがとんでもない反則を犯してしまい、
せっかくの決勝大会を台無しにしてしまいました。

皆さんもご存知のように、この決勝大会進出を目指し、
一年間世界中の会場で予選会を行い今日の決勝大会を迎えたのです。

バダハリ選手その決勝大会の決勝戦で反則での決着とは、
Kー1関係者並びに、我々ファン一同、残念の極みです。
僕は個人的にもバダ・ハリのファンでしたので、尚更悔しくて仕方ありません。

今、12/7の午前2時。
Kー1のホームページでバダ・ハリのコメントを読みましたが、
一応反省はしているようですが反省が足りません。

神聖なKー1のリングを汚してしまった事に対してどう思っているのか、
グランプリを目指して戦ってきた選手達に何と言い訳するつもりなのか、
もっと真摯に反省し精神面を修行して出直して欲しいものと真剣に考えます。

スポーツでも仕事でも遊びでも、自分が思うように行かない事はよくある事です。
でも、それでキレてしまうようなら、それは恥ずべき行為と言わざるを得ません。

中川秀直元自民党幹事長それはそうと今日、試合会場で、中川秀直元自民党幹事長とバッタリ出会いました。
最近はお互いにご無沙汰ばかりですが、秀直さんとは、随分とお付き合いが長く、
かれこれ20年になります。
その頃はまだ衆議院議員二期目くらいで、
こんなに政治家として出世するとは思いもしませんでした。
広島まで選挙の応援に行ったり、落選した時、励ます会を開いたりと
懐かしい出来事が思い出されます。
総理大臣目指し、是非頑張って下さい。S.fuk

| | トラックバック (0)

« 2008年11月30日 - 2008年12月6日 | トップページ | 2008年12月14日 - 2008年12月20日 »