« 謹賀新年、早期予防、早期治療! ! | トップページ | 初詣 »

2009年1月 2日 (金)

大晦日ダイナマイト!!

12/31大晦日、恒例のK-1ダイナマイトに行って来ました。

当社が応援する秋山選手と宮田選手は出場しませんでしたが、
今回は意外な展開になった試合が多く、それなりに楽しんで来ました。

中でも総合格闘技の選手が、K-1ルールに於いて、
Kー1選手に圧勝した試合が多く意外な展開でした。

アリスター・オーフレームバダ・ハリVSアリスター・オーフレーム、武蔵VSゲガール・ムサシ、
武田幸三VS川尻達也、マークハントVSメルビン・マヌーフなど、
K-1の看板選手が総合格闘技の選手に全敗してしまったのです。

これは一体何を意味するものなのか
格闘技ファンならしっかりと考えてみたいところであります。

僕が思うところ、総合格闘技選手のキックボクシングテクニックが上達した事は
言うまでもありませんが、それにも増して総合格闘技の選手とK-1選手の
身体的な大きな特徴や違いは、筋肉の付き方や、筋肉量の差ではないでしょうか

川尻達也例えば同じ体重の武田選手と川尻選手を考えた場合、
腕相撲でもしたら川尻選手の圧勝だと思う訳です。
その腕で殴られる訳ですから、殴られる武田選手はたまったものではありません。

確かに、どんなに腕力が強くても当たらなければどうにもなりませんが、
山本キッド選手の初戦のように、どんどん前に出ながら間合いを詰めて行けば、
当てるチャンスは出て来ます。

総合格闘技の選手は、K-1選手以上に体力に自信を持っていますから、
どんどん間合いを詰めて来ます。
K-1選手の後退しながらのパンチなど恐くもなんとも感じていないようでした。

その結果が、川尻、オーフレーム、ムサシ、マヌーフ各選手の圧勝であり
全てであったと思います。
谷川貞治川尻選手など、来年のK-1マックスに出たら優勝候補の最右翼ではないでしょうか

谷川さんには、次回のK-1マックス日本予選会に、
ぜひ川尻選手を特別参加させて欲しいものと思います。
優勝候補NO1です

青木真也それと、あの青木真也のテクニックは何なのでしょう
エディ・アルバレスに何もさせずにギブアップを奪いました。
まさしく寝技の魔術師です。

という訳で、格闘技好きの、僕の2008年大晦日も無事に暮れて行ったのでした。
ダイナマイト関係者の皆様今年もお世話になりました。
来年も宜しくお願い致します。S.fuk     

|

« 謹賀新年、早期予防、早期治療! ! | トップページ | 初詣 »

格闘技」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1155780/27156642

この記事へのトラックバック一覧です: 大晦日ダイナマイト!!:

« 謹賀新年、早期予防、早期治療! ! | トップページ | 初詣 »