« 2009年11月22日 - 2009年11月28日 | トップページ | 2009年12月6日 - 2009年12月12日 »

2009年11月29日 - 2009年12月5日

2009年12月 5日 (土)

体重停滞期に心掛けること!!

体重停滞期は、一度だけではありません。減量中に何度か遭遇します。
そのたびに少しずつ生活習慣を修正していけるかどうかが、実は減量を成功させる大きなカギになります

体重が減っている時に心がけなければならない事として、
B3①時々、体脂肪を測定して減量法が正しいかどうかチェックする(筋肉量や骨量が減っていないかチェック!)
②定期的に健康診断を受け、病気による体重現象ではない事を確認する

また、体重が減らなくなったら、
B1①諦めないで体重増減グラフをつける。
②これまで通り、食事療法・運動療法を続ける。
③生活習慣の改善が出来ているかどうかチェックする。
④食事日記・生活活動日記を点検し、他に太りやすい原因が残っていないか見直す。
S.fuk

人生で一度は何処かで正しいダイエットを学ばなければなりません。
あなたも是非ダイエットマスターの資格を取得しませんか。
取得期間は
標準一週間 最短二日 のんびりゆっくり一か月
合格率はほぼ100% (合格するまで何回でも試教材験を行います)

お電話でのお問い合わせ、ご相談はこちらへどうぞ。
0120-945-528 受付時間 平日11:00~21:00 土日祝11:00~20:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 4日 (金)

ダイエット開始と体重停滞期!

減量を始めると、最初の1〜2週間は目にみえて体重が減少します。この時期には、主に身体から水分が抜けていくからです。

Photoところが3〜4週間もすると、減量のスピードが鈍くなったり、体重が全く動かなくなる事があります。

ある程度、体重が減ってくると、身体はこれ以上、体脂肪を減少させないように、少ない食事でも利用効率が高まるよう基礎代謝を少なくします。
すると、体重の減少にブレーキがかかった状態になってきます。

体重停滞期というのは、人体が飢餓の状態を乗り越えて生き延びようとする、素晴らしい適応現象でもあるのです。

体重停滞期は、普通1〜2週間ぐらい続きます。減量に失敗する人のほとんどは、この時期に挫折しています。
あきらめて元の生活パターンに戻ったり、イライラして食べたりすると、体重はすぐリバウンドしてしまいます。
2_2体重が減らなくなったら、まず諦めない事が大切です。
この時期は、いわば出口のあるトンネルと同じです

S.fuk

人生で一度は何処かで正しいダイエットを学ばなければなりません。
あなたも是非ダイエットマスターの資格を取得しませんか。
取得期間は
標準一週間 最短二日 のんびりゆっくり一か月
合格率はほぼ100% (合格するまで何回でも試教材験を行います)

お電話でのお問い合わせ、ご相談はこちらへどうぞ。
0120-945-528 受付時間 平日11:00~21:00 土日祝11:00~20:00

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009年12月 3日 (木)

リバウンド無し、1 日300kcal からのダイエット!

いきなり、10kgも15kgも痩せようと思うからダイエットはむづかしいのであって、三ヶ月、半年、一年計画で進めて行けば、それほどむづかしい問題ではないと気付く筈です。

3例えば、1日300キロカロリーを消費、又は控えるだけで1ヶ月1.25kg痩せる計算になる訳ですから、計画を立てダイエットを進めたいものです。

体脂肪1kgを減らすのに必要な消費エネルギーは7200キロカロリーですから、毎日速足20分を実行するとエネルギーを約100キロcal消費します。
そして毎日ビール一本、又はアイスクリーム1カップを我慢する。
もしくは、200キロcal相当の食品、例えば日本酒一合、おにぎり一つ、を我慢して摂取エネルギーを200キロcalマイナスを作りますと、消費エネルギーがプラス100キロcal、摂取エネルギーがマイナス200キロcalで合計300キロcalのプラスマイナスを作る事が出来ます。

Suuzi1ヶ月続けると、
300kcal×30日÷7200kcal=1.25kg減
3ヶ月続けると、
300kcal×90日÷7200kcal=3.75kg減
半年続けると、
300kcal×180日÷7200kcal=7.5kg減
一年続けると、
300kcal×365日÷7200kcal=15.2kg減となります。

しかし、これはあくまでもBMI30前後の肥満体の人をモデルケースにした机上の計算ですが、2kg、3kg痩せたい人は参考にされたら如何でしょうか
S.fuk

人生で一度は何処かで正しいダイエットを学ばなければなりません。
あなたも是非ダイエットマスターの資格を取得しませんか。
取得期間は
標準一週間 最短二日 のんびりゆっくり一か月
合格率はほぼ100% (合格するまで何回でも試教材験を行います)

お電話でのお問い合わせ、ご相談はこちらへどうぞ。
0120-945-528 受付時間 平日11:00~21:00 土日祝11:00~20:00

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009年12月 2日 (水)

刑務所の食事で健康増進!


1刑務所の食事の代名詞でもある「麦飯」が糖尿病に効果的。
福島刑務所で受刑者の健康管理に関わった医師が、服役中の糖尿病患者のデータを分析し、刑務所の食事が糖尿病の改善に向いている事を確認した。


2 麦飯などに食物繊維などがたっぷり含まれているためとみられる。医師は、医療関係者や栄養士らの研究会などで紹介し、糖尿病の予防と改善を呼び掛けている。

分析の結果、109人のうち92人(84%)に糖代謝の改善効果がみられたという。

5というように出ていましたが、当ダイエットアカデミー協会では、すでに五年前より行刑施設の食事に注目しており、東京矯正管区より某刑務所のレシピを取り寄せ、「監獄ダイエット」と称する300食レシピを製作しております。

3行刑施設では、1日の摂取カロリーは決まっていて、男性14〜500キロカロリー、女性1200キロカロリーとなっています。
因みに、この数字は一般男性や一般女性の基礎代謝分のエネルギーであり、生活エネルギー分のカロリーは与えられておりません。
ですから、太り気味の人や、糖尿病などで痩せなくてはならない人には格好のダイエット食となるのです。

但し、一方で服役中の運動が週2、3回、各30分程度と決して多くはなく、1日の平均摂取カロリーは日本人男性の平均値より高かった。
などとの間違いコメントも載っていました。

S.fuk

人生で一度は何処かで正しいダイエットを学ばなければなりません。
あなたも是非ダイエットマスターの資格を取得しませんか。
取得期間は
標準一週間 最短二日 のんびりゆっくり一か月
合格率はほぼ100% (合格するまで何回でも試教材験を行います)

お電話でのお問い合わせ、ご相談はこちらへどうぞ。
0120-945-528 受付時間 平日11:00~21:00 土日祝11:00~20:00

| | コメント (0) | トラックバック (1)

短期間ダイエットがいけない訳! !

2 ● 骨や筋肉まで減ってしまう
● やつれて髪や肌を傷める
● 貧血や骨粗鬆症にもなりやすくなる
● 女性は生理不順、無月経、不妊症になることもある
● 疲れやすく体調を崩す
● 風邪などをひきやすくなる
● 意欲が減退し、活動力が低下する
● 体重がリバウンドしやすい
●失敗から自己嫌悪に陥りやすい
●ストレスから過食になりやすい
●過食・拒食を繰り返すこともある
S.fuk

人生で一度は何処かで正しいダイエットを学ばなければなりません。
あなたも是非ダイエットマスターの資格を取得しませんか。
取得期間は
標準一週間 最短二日 のんびりゆっくり一か月
合格率はほぼ100% (合格するまで何回でも試教材験を行います)

お電話でのお問い合わせ、ご相談はこちらへどうぞ。
0120-945-528 受付時間 平日11:00~21:00 土日祝11:00~20:00

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年12月 1日 (火)

質問にお答えします!

①156cmで、いま53kgの貴女
中3から高1にかけての7ヶ月間で10kgも体重が増えたとか?
1いづれにせよ43kg当時は、BMIが17ですから低体重で痩せ過ぎです。いま53kgであれば BMI21ですから、それほど太っている訳ではないと思いますが、陸上部で毎日.10km以上 も走っている割には体重が落ちませんね!?
相当、カロリーの高いものばかりを食べているのでしょうか
それとも、1日二食とか、夜食ばかりとか、何か心当たりはあり ませんか
普通、毎日10km以上走る人で太り気味の人を見たことがありま2せん。長距離ランナーは殆ど痩せ過ぎなほど痩せています。
貴女は身長からして、47〜8kgに体重を保てればベストです。

ご自身の生活習慣と生活パターンが太るようなシステムになっていないか、僕のブログを幾つか読み返しもう一度ご確認下さい。

②脂肪吸収のメリット、デメリットを教えてくれとのコメントを頂きましたが、イマイチ意味が分かりません。

3_4脂質とは、たんぱく質、糖質と並んで「三大栄養素」の一つであり、生きていく上でなくてはならない栄養素です。
しかし、たんぱく質、糖質が1g4kcalなのに対して、脂質は1g9kcalものエネルギーがあります。
ですから、摂りすぎると摂取カロリーが高くなりますので注意が必要です。
因みに脂質の理想摂取カロリーは、1日4〜500kcal、グラムでいうと50グラム程度と言われています。
貴女も僕のブログを幾つか読み返し、再度、勉強してみたら如何でしょうか
S.fuk

人生で一度は何処かで正しいダイエットを学ばなければなりません。
あなたも是非ダイエットマスターの資格を取得しませんか。
取得期間は
標準一週間 最短二日 のんびりゆっくり一か月
合格率はほぼ100% (合格するまで何回でも試教材験を行います)

お電話でのお問い合わせ、ご相談はこちらへどうぞ。
0120-945-528 受付時間 平日11:00~21:00 土日祝11:00~20:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月30日 (月)

肥満を解消するためには!?

1肥満を解消するには、それまでに過剰に蓄積された体脂肪をエネルギー源に換えて利用すればよい訳です。
それには、「少なく食べ、身体をいっぱい動かすこと」が基本になります。

主役になるのは当然食事ですが、体脂肪と一緒に筋肉や骨などを減らさないためには、脇役としての運動が欠かせません

3 減量のペースは、1ヶ月に1〜2kg程度が適切です。急激なダイエットは長続きしません。1〜2kgの減量なら、食事や運動も無理なく続けられます。

いづれにせよ、ダイエットマスターのダイエットは、長い間に染み付いた肥満の生活習慣や行動を、少しずつ修正し、新たな習慣にしようというものです。

1〜2kgであればリバウンドもしにくく、これだけでも(少なく食べ、身体をいっぱい動かすこと)月に1〜2kg程度は減量出来ますが、もっと専門的に食事や運動面を組み込むと更にダイエットの効率が上がります。

S.fuk

人生で一度は何処かで正しいダイエットを学ばなければなりません。
あなたも是非ダイエットマスターの資格を取得しませんか。
取得期間は
標準一週間 最短二日 のんびりゆっくり一か月
合格率はほぼ100% (合格するまで何回でも試教材験を行います)

お電話でのお問い合わせ、ご相談はこちらへどうぞ。
0120-945-528 受付時間 平日11:00~21:00 土日祝11:00~20:00

| | コメント (0) | トラックバック (1)

短期間でのダイエット法の問題点!

3減量作戦で問題になるのは、せっかく減らした体重が元に戻る、つまりリバウンドする事です。

これは過激なダイエットで短期間に体重を減らしたり、自分に合わない無理なダイエット法で長続きしなかった時に起こります。

リバウンドしたら、また減量すればよい、と考える人もいるようですが、これはすすめられることではありません。
体重の減少とリバウンドを繰り返す事を「ウェイトサイクリング」といいますが、この現象を繰り返すと身体の中身が変わってしまうのです。

21特に食事療法だけに頼ったダイエットでは、体脂肪と一緒に筋肉も少し減ってしまいます。体重が戻る時には、主に体脂肪のみが増加し筋肉は殆ど増加しません。

リバウンドの回数を重ねるごとに筋肉が減って、その分、体脂肪に置き換わってしまい、締まりのない身体になってしまいます。

更に問題なのが、筋肉が減ると基礎代謝量も減ってしまう事です。そうなりますと、全体的な消費エネルギーが少なくなりますから、ますますエネルギー収支がプラスになり、太りやすく痩せにくい身体になってしまうのです。

2また、体重がリバウンドすると、減量前よりも体脂肪率は高くなってしまうため、いわゆる「隠れ肥満」になってしまうことが多いのです。
S.fuk

人生で一度は何処かで正しいダイエットを学ばなければなりません。
あなたも是非ダイエットマスターの資格を取得しませんか。
取得期間は
標準一週間 最短二日 のんびりゆっくり一か月
合格率はほぼ100% (合格するまで何回でも試教材験を行います)

お電話でのお問い合わせ、ご相談はこちらへどうぞ。
0120-945-528 受付時間 平日11:00~21:00 土日祝11:00~20:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月22日 - 2009年11月28日 | トップページ | 2009年12月6日 - 2009年12月12日 »