« 2009年12月6日 - 2009年12月12日 | トップページ | 2009年12月20日 - 2009年12月26日 »

2009年12月13日 - 2009年12月19日

2009年12月19日 (土)

意外に高エネルギー清涼飲料水&「ペットボトル症候群」

1 昨今、水の代わりに清涼飲料水などをがぶ飲みして、子供のうちから糖尿病などの生活習慣病を発症する「ペットボトル症候群」が問題視されています。

私たち人類は、太古の昔から喉が渇いたら水を飲んできました。
そんな動物が、つい最近になって、喉が渇いたら「砂糖水」を飲むようになってしまったのです。

2砂糖水は水と違って、飲むとすぐ喉が渇き、また砂糖水が欲しくなるという悪循環に陥ります。
砂糖を摂ると、膵臓からインスリンが多量に分泌され、血液中にインスリンが増え過ぎた状態が長く続くと、糖尿病をはじめ、生活習慣病の引き金になります。

疲れた時やイライラする時に、少量の砂糖を摂ると元気回復に役立ちますが、砂糖の摂りすぎが慢性化すると、全身の血管を傷めて、健康を蝕んでしまう危険があると言われています。
S.fuk

人生で一度は何処かで正しいダイエットを学ばなければなりません。
あなたも是非ダイエットマスターの資格を取得しませんか。
取得期間は
標準一週間 最短二日 のんびりゆっくり一か月
合格率はほぼ100% (合格するまで何回でも試教材験を行います)

お電話でのお問い合わせ、ご相談はこちらへどうぞ。
0120-945-528 受付時間 平日11:00~21:00 土日祝11:00~20:00

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年12月18日 (金)

20〜30分間のノンストップ速歩!

5_4一日1万歩の目標が達成出来たら、この1万歩の中に、朝夕20〜30分間ノンストップの持続的な速歩を取り入れてみます。
初めの5分間は普通の速度でウォーミングアップし、歩き終わりの5分ほども速度を落としてクールダウンします。

1分間に80〜100メートルの速度で20分間歩くと、約80kcalを消費出来ます。これは卵1個分のエネルギー量に相当します。
40分間歩けば、おにぎり1個分のエネルギー量を消費します。

運動もこのくらいこなすと、活動的な習慣が身についてきます。
長い距離を早い速度で歩くには、自分にとって最も無理のない条件と歩き方を探し出すことが大切です。

2_2いわば、自分だけの歩き方のスタイルを作りだし、それを生活習慣としてしまうのです。
S.fuk

人生で一度は何処かで正しいダイエットを学ばなければなりません。
あなたも是非ダイエットマスターの資格を取得しませんか。
取得期間は
標準一週間 最短二日 のんびりゆっくり一か月
合格率はほぼ100% (合格するまで何回でも試教材験を行います)

お電話でのお問い合わせ、ご相談はこちらへどうぞ。
0120-945-528 受付時間 平日11:00~21:00 土日祝11:00~20:00

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年12月17日 (木)

厚労省が提唱、1 日1万歩!

2_2 一日一万歩を歩くと、約300kcalを消費することが出来ます。

300kcalという消費エネルギーは、運動不足を解消して肥満や肥満による病気を予防するのに適当な運動量であるとして、厚労省が提唱しているものです

例えば、半月の一日平均歩数が5000歩であった場合、次の半月では、これより1割増の5500歩を目指しましょう。

このようにして、1〜2割ずつのレベルアップを図り、焦らずゆっくり1万歩へ到達します。
但し、漫然と1万歩を歩いても運動の効果は期待出来ません。
正しい歩き方でリズミカルに歩くことが大切です。少しずつ速度も上げていきましょう

歩数を増やす為には、次のような工夫が望まれます。
Walking● 朝、少し早く起きて歩く
● 駅のホームでは階段から遠いところまで歩いて電車を待つ
● 電車やバスはひと駅手前で降りて歩く
● エスカレーターやエレベーターはなるべく使わないで歩く
● 仕事をしながら積極的に歩く
● 昼休みを利用して歩く
● 車で外出したら、目的地より遠く離れた場所に駐車する
● 車や自転車はなるべく使わない
● 買い物などはなるべく遠回りしていく
● 夕食後や就寝前に歩く等々

Sotugyou本当にダイエットをしたかったら、有酸素運動やレジスタンス運動を積極的に取り入れ、間違いだらけのダイエットは、そろそろ卒業しようではありませんか
S.fuk

人生で一度は何処かで正しいダイエットを学ばなければなりません。
あなたも是非ダイエットマスターの資格を取得しませんか。
取得期間は
標準一週間 最短二日 のんびりゆっくり一か月
合格率はほぼ100% (合格するまで何回でも試教材験を行います)

お電話でのお問い合わせ、ご相談はこちらへどうぞ。
0120-945-528 受付時間 平日11:00~21:00 土日祝11:00~20:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月16日 (水)

下手なダイエットはウェイトサイクリングへのきっかけ作り!!!


先日紹介したばかりの品川美容外科での死亡事故ですが、今度は熊本の病院での死亡事故だそうです。
その死亡事故は昨年九月の出来事であり、既に業務上過失致死容疑で書類送検も終わり、病院側と亡くなった方の遺族との示談も成立しているとの事ですから、敢えて何も申し上げることはありませんが、

5いくら痩せたいからとは云え、死んでしまったら元も子もありません。どうしてそんなに危険なダイエットに走るのでしょう。
痩せたければ、どうしてもう少し、普段の生活の中での食事や運動に気を配れないのでしょう

いくら、小、中、高、大と学校でのカリキュラムにダイエットが無かったからといって、あまりにも安易にダイエットを考えている人が多すぎます。

ダイエットとは、実は考えているほど簡単ではないのです

痩せる事は、そんなに難しいことではありません。

3しかし人間の身体は、精密機械より、もっと精密に出来ていて、痩せたら次の飢餓であれ、体調不良であれ、何に対しても異変に備えようとします。
痩せたら太ろうと身体が反応します。
それがリバウンドです

下手なダイエットに走るとリバウンドを招くだけの結果に終わります。

1ヶ月くらい前のブログに書きましたが、知識や理論のないダイエットは「ウェイトサイクリング」への「きっかけ作り」にしかなりません
S.fuk

人生で一度は何処かで正しいダイエットを学ばなければなりません。
あなたも是非ダイエットマスターの資格を取得しませんか。
取得期間は
標準一週間 最短二日 のんびりゆっくり一か月
合格率はほぼ100% (合格するまで何回でも試教材験を行います)

お電話でのお問い合わせ、ご相談はこちらへどうぞ。
0120-945-528 受付時間 平日11:00~21:00 土日祝11:00~20:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月15日 (火)

ウォーキングはもっとも簡単「いつでも、どこでも、一人でも!」

12151_2 ウォーキングは有酸素運動の中で、もっとも強度の低い運動ですが、長時間おこなえて、しかも「いつでも、どこでも、一人でも」出来ます。
また、誰でも安全に、自分に合ったペースで楽に実践出来ます。

ウォーキングを続けると、年齢とともに低下する基礎代謝を維持し、高めていくことも可能です。
また、糖尿病や高血圧、高脂血症などの生活習慣病の治療や予防にも役立ちます。

12152余分な体脂肪を効率よく減らすには、「乗るより歩け!」の生活をする。の一語に尽きるでしょう

歩く事を実践するには、まず歩数計を準備しましょう。
朝起きたら、必ず歩数計を腰に付け、夜寝る前に外して一日の歩数を記録します。
これを一週間続けて、一日あたりの平均歩数を計算します。一日7000歩以下だと運動不足とみなされます。
S.fuk

人生で一度は何処かで正しいダイエットを学ばなければなりません。
あなたも是非ダイエットマスターの資格を取得しませんか。
取得期間は
標準一週間 最短二日 のんびりゆっくり一か月
合格率はほぼ100% (合格するまで何回でも試教材験を行います)

お電話でのお問い合わせ、ご相談はこちらへどうぞ。
0120-945-528 受付時間 平日11:00~21:00 土日祝11:00~20:00

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年12月14日 (月)

基本的な生活活動記録と応用!

3 医学的チェックで運動をしてよい、或いは運動の必要があるとの結果が出たら、まず、自分の現状の日常活動量を把握しましょう。

そして、自分自身に合った無理のない運動計画を立てることが大切です。


2_2 そのためには、「生活活動日記」と「歩数記録」を付ける事が基本になります。
この記録から運動不足の実態を正確に把握し、その上で現在の自分に見合った軽い運動から少しずつ始めましょう。

運動は、全力で目一杯しないと達成感を得られにくいのですが、体重を減らすための運動ではやりすぎは禁物です。
特に、以前運動をしていた人は、自分の能力を過信しがちですから、気をつけたいものです。
もっと出来そうだと思っても、ゆとりのあるところで切り上げるのが安全です。
S.fuk

人生で一度は何処かで正しいダイエットを学ばなければなりません。
あなたも是非ダイエットマスターの資格を取得しませんか。
取得期間は
標準一週間 最短二日 のんびりゆっくり一か月
合格率はほぼ100% (合格するまで何回でも試教材験を行います)

お電話でのお問い合わせ、ご相談はこちらへどうぞ。
0120-945-528 受付時間 平日11:00~21:00 土日祝11:00~20:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

江本孟紀さんの忘年会!

O0480064010340336615_6

今日12/13(日)ホテルニューオータニで、元参議院議員江本孟紀さんの忘年会がありました。5〜600のゲストが集まった盛大な忘年会でした。
政界を引退後は本業の野球界に於いて、ラジオニッポン放送のレギュラー解説者として、また時々はテレビ野球放送の解説者として頑張っています。

2僕とエモちゃんとの付き合いは古く、もうかれころ20年近くになります。
彼が、アントニオ猪木さんとのタッグで「スポーツ平和党」の参議院議員だった頃は、僕が「江本孟紀後援会」の後援会長を務めていました。
当時は、エモちゃんもまだ若く46〜7歳でしたが、今は・・・
月日の経つのは本当に早いものです。

政界に出る前の話ですが、エモちゃんと札幌に行ったことがありました。17〜8年前の事です。
あれは五月のゴールデンウィーク。
札幌の友人が「札幌ではゴールデンウィークにゴルフとスキーが両方楽しめるんだ!!」と言うのです。
それで「じゃあ行ってみよう!」ということになったのでした。

南国高知生まれのエモちゃんには、スキーなんかはあまり興味がありません。
でも両方出来るというところに惹かれ、取り敢えず行ってみようということになったのです。

Photo当日は、まず早起きをして午前中にゴルフをスルーでプレーしました。
そのあと、大急ぎで札幌国際スキー場まで行き、山頂から何本か滑りました。
スキーなんか生まれて二回目というエモちゃんには、相当過酷なスキーだったようで、夜、すすきのに出掛けたのですが、階段の上がり下がりに足腰が痛くてフラフラしていたのを覚えています。

何はともあれ、今後の江本孟紀さんの活躍を祈念致します。

今日はダイエット談義から少し離れた、僕とエモちゃんの今昔物語を紹介しました。
  S.fuk

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月6日 - 2009年12月12日 | トップページ | 2009年12月20日 - 2009年12月26日 »