« 2009年1月25日 - 2009年1月31日 | トップページ | 2009年2月8日 - 2009年2月14日 »

2009年2月1日 - 2009年2月7日

2009年2月 7日 (土)

人生の勝ち組、健康とダイエット! !

ダイエットマスター資格を薦めると、お客様から「資格を取ったら、
その資格で働いたり稼げたりしますか」という質問をよく受けます。

資格、検定などというものは、国家資格、民間資格、その他の各種検定など合わせて
1250種類もあるそうです。

その1250種類もの資格、検定の一つや二つを取得したからと云って、
全ての資格、検定で生計が立つほど世の中は甘くありません。
それこそ司法試験に
合格し弁護士になっても、税理士試験に合格し税理士になっても、
周りの人とのコミュニケーションが取れないような人であれば、
就職も出来ませんし、自分で事務所を開いてみてもお客様は来てくれません。

どんな難しい資格、
検定を取得しようが、
あとはその人の人間性であり、仕事に対する誠実さだと思う訳です。

ダイエットマスターなどの内容は、僕の持論でありますが、
本来は義務教育期間中に学校で教えるべき健康管理術の一つだと思っています

我々日本人は、公立であれ私立であれ、長い間様々な教育を受けて育ってきました。
幼稚園、小学校、中学校、高校、大学と学ぶ中で、全て公立に通えば
約720万円、全て私立を通せば約1850万円もお金が掛かると統計が出ています
その外に、お洒落感覚として英会話学校などに高額な入学金や授業料などを
支払っている人も少なくありません。
その合計額たるや、なんと1000万円も2000万円も掛かっているのです

しかし、人生を絶対的な勝ち組で残る為に必要な健康や、
健康を保つ為に必要なダイエット学についての勉強は殆どして来ませんでした。
欧米を始め、日本でも、まだダイエットは文部科学省の必須指導要項の中に
入っていないからです。
その理由は何回もこのブログで述べてきました。

ですから、健康やダイエットについての勉強は自分自身でやらなくてはなりません。
今までのご自分の総トータル学習費用、約1000万円、2000万円を考えれば、
ご自分の生涯の健康の為に、ダイエットを学び資格も取れる
ダイエットマスター18万円は高額と言えるでしょうか

詳しくは資料請求を
お待ちしています。
  S.fuk

教材

人生で一度は何処かで正しいダイエットを学ばなければなりません。

あなたも是非ダイエットマスターの資格を取得しませんか。
取得期間は

●○● 標準一週間 最短一日 のんびりゆっくり一か月 ●○●
合格率はほぼ100% (合格するまで何回でも試験を行います)

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009年2月 3日 (火)

資格の価値

あらゆる資格というものは、勉強したから、
又は、一生懸命修行したからといって自動的に与えられるものではありません

宅建や行政書士、税理士など、難しい資格を一生懸命勉強したからといっても
試験に合格しなければその価値は世間一般で通用しません。

又、様々な資格検定試験にしても、只、勉強したからというだけでは
その価値は認められません。
合格して初めて資格としての価値が認められます
全て、資格試験に合格し、資格を取得したかどうかが価値を決める訳です

世の中を見渡しますと、我々の周りには数多くの様々な
資格試験や検定試験が存在します。

誰しも、せっかく努力して勉強や修行をした訳ですから、
それの形として資格を取得しておかなければ努力の甲斐がなくなってしまいます

日本ダイエットアカデミー協会では、
世界初の『ダイエットマスター』という資格を認定しています

今やダイエットは肥満による弊害から世界的にも
その重要性が認識されている分野です。

日本人の七割はダイエットに興味を持ち、
その八割はダイエットの経験があるとの調査結果も発表されています

それほど重要性が叫ばれているダイエットに関して、残念な事に、
今までダイエットの良し悪しを教える専門機関が存在しませんでした

その結果、営利主義の様々な間違いだらけのダイエットが
横行するようになったのです

中には、体調不良で入院したり、摂食障害でノイローゼになったり、
最悪の場合には亡くなった方までいらっしゃいます

それほど間違いだらけのダイエットは危険なのです。

せっかく興味津々で始められるダイエットです。
ご自身は勿論の事、大切なご家族の健康の為、
間違いだらけのダイエットは卒業し、
正しいダイエット知識と正確なダイエット理論を身に付け、
世界初の『ダイエットマスター』の資格を取得されたら如何でしょうか

資料請求お待ちしています。S.fuk

教材

人生で一度は何処かで正しいダイエットを学ばなければなりません。

あなたも是非ダイエットマスターの資格を取得しませんか。
取得期間は

●○● 標準一週間 最短一日 のんびりゆっくり一か月 ●○●
合格率はほぼ100% (合格するまで何回でも試験を行います)

| | コメント (0) | トラックバック (3)

銀座栄枯盛衰!?

最近の銀座が不景気な訳を考えてみました。

第一番の理由として、今、不景気であるという事はもちろんですが、
かってバブル景気華やかなりし頃、
銀座を謳歌していた40代50代の遊び盛りだったバブル紳士の方々は、
今や60代70代の御歳となられ、銀座遊びの
一線から身を引いておられます。

そして今、懸命に銀座遊びをされている40代50代の方々は、
かってのバブル時代には、あまりバブル景気とは関係の薄かった、
その当時で20代30代の方々かと思われます。

ですから、お金の使い方から始まり、全ての遊び方が、
バブル時代とはひと味もふた味も良く言えば堅く、
悪く言えば地味になってしまい、ドンペリもワインもなかなか空かず、
売上が立たなくなってしまいました。

それが益々、銀座の
不景気に拍車をかけているのではないかと考える次第です。

不景気ですから、お店もなかなか若い魅力的ヘルプを育てようとしません。
取り敢えず、給料分の売上を持ったヘルプを優先的に採用し生き残りを賭けています。

結果として、若い女性はどんどんキャバクラへ流れ、
銀座で夢を追おうとする女の子が少なくなりました。

当社も銀座7丁目に[サロン・ダイエットマスター]を出店しておりましたが、
本業に真剣に取り組みたい為、一月いっぱいを以て
お店を閉店致しました。

銀座のお姉さん方は、今の銀座の在り方や、
今後の展望をどのように考えておいでなのか、是非聞いてみたいものと思います。

何はともあれ、銀座ファンの僕と致しましては、またの華やかなりし銀座を夢見つつ、
精一杯のエールを送りたいと思います。

  S.fuk

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 2日 (月)

半年間の努力をしてみませんか! ?

以前にも書いた事がありましたが、ダイエットとはあらゆるジャンルの中で、
一番手っ取り早い努力で、それなりの満足感、そして達成感が味わえる
最高のチャレンジかも知れません。

と、申しますのも、どんなスポーツであれ、
習い事であれ、また会社での出世競争であれ、
3ヶ月や半年でそこそこの満足が得られる結果など期待出来ないのであります。

野球であれ、ゴルフであれ、サッカーであれ、格闘技であれ、
又、習い事で云えば語学であれ、踊りであれ、習字、生け花であれ、
満足のいく技術や結果を得る為には、10年も15年もの歳月がかかります。

それでも、まだ一流と言われる為に努力を怠らない人達が
プロと呼ばれる人達であります。

プロスポーツ界やオリンピック、またアマチュアスポーツ界、
その他あらゆるジャンルを見渡して下さい。
半年で満足のいく結果を出している人はいない筈です。

ですから僕が考える限り、あらゆるジャンルの中で、
3ヶ月や半年でそこそこ満足のいく結果を出せる唯一のチャレンジは
ダイエットしかないと思っております。

ましてや、会社や一般社会に於いて成功を勝ち取る為には
どれくらいの歳月を必要とするのか
たった3ヶ月や半年で成功を勝ち取る事など
絶対に不可能であると断言しても過言ではありません。

人生にとって、たった3ヶ月や半年では、
まだまだ雑巾掛けが始まったばかりの時代です。

日本を代表するような企業や役所では、
役職が付いたり役員になったりする為には、それこそ10年も20年も、
長ければ30年もかかります。

ところが、ことダイエットに関して云えば、
約3ヶ月が人体の新陳代謝の一区切りですので、
それに合わせてダイエットのプログラムを組んで行けば、
誰でもそれほど苦労なくして、
ご自分の理想とする体型に近づける事が可能です

簡単に言えば、1ヶ月に1~2kgずつ減量し半年も続ければ
6~12kgもダイエット出来る事になるのです。

そして、生活習慣病を脱する為には、BMI30以上の人達を除いて、
現在の体重から5~10%位をダイエット出来れば、
殆どの肥満を原因とする病気は解消に向かうと言われています。

とかくダイエッターは短期で結果を求めたがりますが、
5年も10年もかけて太った身体が、
5日や10日で10代の頃のスマートな身体になど戻れる訳がありません。
それは無理というものです
(中には仕事柄、暴飲暴食のせいで半年間ちょっとで
10kg前後も太った人を何人も知っていますが…
こういう人はダイエットの知識や理論を学べば、
又、半年間もあれば痩せれます。

また一週間や二週間で10kgも15kgも痩せると宣伝している
薬や健康サプリメントにはご注意下さい
過去、何人もの死者が出たり、何百人という人が病院に駆け込んでいる事例があります

詳しくは資料請求をお待ちしています。

S.fuk

教材

人生で一度は何処かで正しいダイエットを学ばなければなりません。

あなたも是非ダイエットマスターの資格を取得しませんか。
取得期間は

●○● 標準一週間 最短一日 のんびりゆっくり一か月 ●○●
合格率はほぼ100% (合格するまで何回でも試験を行います)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 1日 (日)

⑦付き合い、つられ食いタイプ! ?

律儀な、人とのお付き合いを大事にしている人に多いタイプです。
僕もついこの前、ある部下とのミーティングのおり、
時間が八時過ぎになっておりました。
実は僕は六時過ぎに夕食を済ませていました。
部下に「食事は食べたの」と聞きますと、案の定食べていませんでした。
「じゃあ、食べようか。何にする」二度目の夕食をする事になってしまいました。
この部下は、「僕はもう食べたよ」と言えば、
「じゃあ僕は結構です。まだお腹は空いていません。」というタイプなのです。
僕としては苦しいくらいお腹一杯になった事は言うまでもありません。
他にも「もう少しどうですかまだ若いんだから!!」などと勧められると、
満腹なのについつい食べ過ぎたり、人が食べていると、
ついつまみ食いをしてみたりと、食に関する誘惑はあとを絶ちません。
でもあなたが痩せたいのなら、その誘惑には負けない事です
人間はいつも腹一杯食べなくても、十分元気に生きて行けます。
ご自分の基礎代謝量を計り、生活運動エネルギーを計算し、
それを合計して一日の消費カロリーを計算して下さい。
そうすれば、自分は1ヶ月で何kg痩せたいのかによって、
1日に何キロcal減らす食事をすればいいんだと、大体の目安が見えて来ます。
詳しくは資料請求をお待ちしています。
  S.fuk

教材

人生で一度は何処かで正しいダイエットを学ばなければなりません。

あなたも是非ダイエットマスターの資格を取得しませんか。
取得期間は

●○● 標準一週間 最短一日 のんびりゆっくり一か月 ●○●
合格率はほぼ100% (合格するまで何回でも試験を行います)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月25日 - 2009年1月31日 | トップページ | 2009年2月8日 - 2009年2月14日 »