« 2010年5月16日 - 2010年5月22日 | トップページ | 2010年5月30日 - 2010年6月5日 »

2010年5月23日 - 2010年5月29日

2010年5月29日 (土)

BMI(Body Mass Index )とは!?

前回のブログで、
肥満とは身長に対する体重の重さではなく、体脂肪率の問題であると書きましたが、
いつも体組成計を持ち歩く訳にもいきません。

一般的には、まずBMI(Body Mass Index)指数を計算して、
肥満かどうかを判定します。

1BMIという「体格指数」は、
世界でもっとも広く使われている肥満判定用の物差しで、
体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)の式から算出します。

BMIによると、25以上5単位で肥満度1から2、3、4と上がっていきますが、
日本人の場合、
BMI30、肥満度2を越える成人はほんの2〜3%しかいないと云われています。
(しかし、肥満度1と呼ばれるBMI25〜30の人は約2300万人、全人口の二割強もいるのです

ところで、国内外の様々な研究からBMI22前後の人が、
もっとも病気にかかりにくいとして、
日本肥満学会では、BMI22を標準体重(健康体重)として推薦していますが、

2日本ダイエットアカデミー協会では、
男性と女性を同じ物差しで測るのは、
骨格や筋肉量の違いなどから、無理があるとして、
男性22、女性20
(健康体重BMI20、美容体重BMI19、モデル体重BMI18)に設定し推薦しています。
女性の皆さんは、
ご自分の身長×身長×18、19、20、21、22、それぞれで計算してみて下さい。
女性のBMI22が、いかに太めか解ると思います

S.fuk

人生で一度は何処かで正しいダイエットを学ばなければなりません。
あなたも是非ダイエットマスターの資格を取得しませんか。
取得期間は
標準一週間 最短二日 のんびりゆっくり一か月
合格率はほぼ100% (合格するまで何回でも試教材験を行います)

お電話でのお問い合わせ、ご相談はこちらへどうぞ。
0120-945-528 受付時間 平日11:00~21:00 土日祝11:00~20:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月28日 (金)

肥満とは

3皆さんは「肥満=太りすぎ」の本当の定義を知っていますか

肥満とは身長のわりに体重が重い状態だと思っていませんでしたか
実は肥満とは、
単に体重が重すぎる状態ではありません

身体を構成する成分のうち、
1脂肪組織の占める割合が(体脂肪率)正常以上に増えている状態を言います。

私達の身体を構成している成分のうち、
もっとも多いのは血液(正常体重・BMI-22くらいの人で8〜10%くらい)をも含めた水分で、約50〜60%を占めていると言われています。
次に多いのは脂肪で、男性では15〜25%、女性では20〜30%までくらいが正常です。

そして残りはたんぱく質とミネラル、糖質。
骨には主にたんぱく質とカルシウムなどのミネラルが含まれています。

体重は脂肪が増えた時も水分が増えた時も増加します

脂肪が増えた状態を「肥満」といい、
水分が増えた状態を「むくみ=浮腫」と言います。

S.fuk

人生で一度は何処かで正しいダイエットを学ばなければなりません。
あなたも是非ダイエットマスターの資格を取得しませんか。
取得期間は
標準一週間 最短二日 のんびりゆっくり一か月
合格率はほぼ100% (合格するまで何回でも試教材験を行います)

お電話でのお問い合わせ、ご相談はこちらへどうぞ。
0120-945-528 受付時間 平日11:00~21:00 土日祝11:00~20:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月26日 (水)

【食べたい衝動は五分で消える!】

1一日の食事や生活活動を記録すると、
無意識のうちに、いかに無駄な食べ物を食べていたか、
また、いかに運動不足かが分かります。
記録を付けることのメリットをいくつかあげてみますと、

1無意識の過食がわかる。
2食べ過ぎを防げる。
3食品・栄養の偏りがわかる。
4生活活動の太りやすい癖が見つかる。
5食習慣と生活活動の関連がわかる。
6エネルギー収支のバランス状態がわかる。

いづれにしても、
太るということはカロリーの摂りすぎが原因です。

あなたが知らず知らずのうちに飲んだり食べたりしていた炭酸飲料やジュース、アルコール類、
またケーキやお菓子類など…
一日の合計カロリーは何キロカロリーでしょう

【食べたい衝動は五分で無くなる】と言われています

特に深夜にお腹が空いた時には、
取り敢えず五分間だけ我慢してみましょう

それでもどうしても何か口に入れないと気が済まない人は「きゅうり」でも一本如何ですか

Photoきゅうりは一本約15キロcalしかありません。お水を飲んだ感覚くらいなものです。

一時期流行ったバナナダイエットのバナナは、一本約80キロcalも有りますし、
トマトは一個約35キロcalくらいあります。
きゅうりはたった15キロcalですから、
ダイエット用食品としては優れものだと考えます。

S.fuk

人生で一度は何処かで正しいダイエットを学ばなければなりません。
あなたも是非ダイエットマスターの資格を取得しませんか。
取得期間は
標準一週間 最短二日 のんびりゆっくり一か月
合格率はほぼ100% (合格するまで何回でも試教材験を行います)

お電話でのお問い合わせ、ご相談はこちらへどうぞ。
0120-945-528 受付時間 平日11:00~21:00 土日祝11:00~20:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月25日 (火)

ウェイトサイクリングの怖さ!?

BMIが25〜30位までの、肥満度1クラスの短期間ダイエットでは、

摂取カロリーを基礎代謝ギリギリに抑え、
毎日30分から1時間程度有酸素運動を行い、
食べたいものも少し我慢し、ショック!
規則正しい生活をすれば、
1ヶ月で4kg〜5kgほど痩せる事はそれほどむずかしい事ではありません。
(注意…BMI値が19や20の人は絶対にやってはいけません

しかし、やっと念願叶って目標体重になれたとしても、
一般食に戻した途端、1週間でリバウンドしてしまったなどという話はよく聞く話ですショック!

11ヶ月も2ヶ月も頑張ったのに、
1週間や2週間でリバウンドしてしまったのでは、
今までの苦労は水の泡です。ショック!

リバウンドした時には痩せた筋肉は戻らず、体脂肪のみ体重として増えていく
そこがリバウンドの恐さです

いつも言っているように身体の中身の質が悪くなるのです。

また、筋肉は痩せたままですので基礎代謝量は落ち、「痩せずらく太りやすい体質」へと変わっていきます。

痩せては太り、また痩せては太りの繰り返しショック!
これを「ウェイトサイクリング」と言いますが、減量とリバウンドの尽きないテーマです

最近の僕の主張は、
知識や理論のない半端なダイエットは、「ウェイトサイクリング」へのきっかけ作りにしかならないという事です。

2ダイエットに挑戦するのなら、
まずダイエットの基礎となる医学的、栄養学的、運動生理学などの、最低限の知識を学んだ上、
3ヶ月〜6ヶ月間の期間をかけて挑戦べきものであると考えます。

五年、十年かけて肥満体になった身体が、
1週間や2週間で、10代の頃の納得出来る身体に戻る訳がありません。

S.fuk

人生で一度は何処かで正しいダイエットを学ばなければなりません。
あなたも是非ダイエットマスターの資格を取得しませんか。
取得期間は
標準一週間 最短二日 のんびりゆっくり一か月
合格率はほぼ100% (合格するまで何回でも試教材験を行います)

お電話でのお問い合わせ、ご相談はこちらへどうぞ。
0120-945-528 受付時間 平日11:00~21:00 土日祝11:00~20:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月24日 (月)

日本人にも当てはまるモナリザ症候群!

モナリザ症候群は現代の日本人にも当てはまる現象です
日本人は元来肥満者が少ない民族でした。

1しかし、高脂肪、高たんぱくの欧米型の食生活が行き渡る一方で、
電化製品や交通手段の多様化により、
以前ほど身体を動かす必要がなくなった為に、摂取エネルギーが消費エネルギーを上回るようになってしまいました。
太っている日本人は、過去30年で2〜4倍に増えたと言われています。

気軽に食べられるファーストフード店や
終夜営業のコンビニエンスストア、
調理済み食品や自動販売機、
そして冷蔵庫は、いつでもどこでも食べ物を口にする事を可能にしました。

そして一定の時間に一定の場所で食べるといった生活習慣もなし崩しになりつつあります。
しかも、簡単に食べられるものは、
高エネルギーで高脂肪、後で中性脂肪になりやすいものが多くなっています。

3_2現代の日本は、油断すると体脂肪を蓄えやすい環境にあると言っても過言ではありません
S.fuk

人生で一度は何処かで正しいダイエットを学ばなければなりません。
あなたも是非ダイエットマスターの資格を取得しませんか。
取得期間は
標準一週間 最短二日 のんびりゆっくり一か月
合格率はほぼ100% (合格するまで何回でも試教材験を行います)

お電話でのお問い合わせ、ご相談はこちらへどうぞ。
0120-945-528 受付時間 平日11:00~21:00 土日祝11:00~20:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月23日 (日)

運動不足とモナリザ症候群!?

1アメリカのブレイ教授という人が「モナリザ症候群」という新しい病態を提唱しています

モナリザとは、「Most Obesity kNown Are Low In Sympathetic Activity」の略で、その頭文字を取って【MONALISA症候群】となります。

日本語に訳すと
「大多数の肥満者は交感神経の働きが低下している」
という事になります。

私達の身体を支配している自律神経は、交感神経と副交感神経から成り立っています。

昼間に活動的な生活を送っていれば、交感神経の働きも活発化して太りにくくなります。

2しかし便利な世の中で、長い間、不活発で運動不足な生活を送っていると交感神経の働きが鈍り、消費するエネルギーも少なくなります。

十分に使われずに過剰になったエネルギーは体脂肪となって蓄えられ太ってしまう。

これが【モナリザ症候群】です

皆さん
心当たりはありませんか

S.fuk

人生で一度は何処かで正しいダイエットを学ばなければなりません。
あなたも是非ダイエットマスターの資格を取得しませんか。
取得期間は
標準一週間 最短二日 のんびりゆっくり一か月
合格率はほぼ100% (合格するまで何回でも試教材験を行います)

お電話でのお問い合わせ、ご相談はこちらへどうぞ。
0120-945-528 受付時間 平日11:00~21:00 土日祝11:00~20:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月16日 - 2010年5月22日 | トップページ | 2010年5月30日 - 2010年6月5日 »