« 2010年9月26日 - 2010年10月2日 | トップページ | 2010年10月10日 - 2010年10月16日 »

2010年10月3日 - 2010年10月9日

2010年10月 9日 (土)

交感神経と副交感神経!

自律神経は交感神経と副交感神経に二分されます。
主に交感神経は昼間働き、エネルギー消費を活発にします。

夜になると副交感神経が活発になり、
消費エネルギーを抑制するとともに身体の修復を行います。
同時に生体リズムを刻むタンパク質「BMALー1」が、細胞内への脂肪の蓄積に密接に関係していることが、日本大学薬学部の榛葉繁紀(しんばしげき)教授(薬学博士)らの研究で分かっています。

1このタンパク質は「BMALー1」と呼ばれ、
昼間は体内でほとんど作られず、
深夜になると増えるというのです。

これにより「夜遅くの食事を避ければ肥満予防に繋がるのではないか」ということが分子レベルで解明さようとしています。

また体内の「BMALー1」の量は、一日のうち午後10時から午前2時ごろが最高で、最も少ない午後3時ごろに比べ、約15〜20倍に達するとの研究結果が発表されています。(2005年9月11日朝日新聞朝刊他)

人間の身体はまだ未知の部分が多く、ダイエットについて100%解明さられている訳ではありませんが、
夜、食べてすぐ寝ると太ることは、すでに実証されていることであり、
それはこのタンパク質「BMALー1」のせいで吸収率が高くなるのであろうとの説が、
今のダイエット学では最有力になっています。

S.fuk
人生で一度は何処かで正しいダイエットを学ばなければなりません。
あなたも是非ダイエットマスターの資格を取得しませんか。
取得期間は
標準一週間 最短二日 のんびりゆっくり一か月
合格率はほぼ100% (合格するまで何回でも試教材験を行います)

お電話でのお問い合わせ、ご相談はこちらへどうぞ。
0120-945-528 受付時間 平日11:00~21:00 土日祝11:00~20:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 8日 (金)

腹囲基準の変更をご存知ですか! ?

メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の適正な診断基準を検証していた厚労省研究班は2010年2月9日、
診断の必須項目の腹囲の数値によって、
心筋梗塞や脳梗塞の発症の危険性を明確に判断できないとする大規模調査(国内三万人超)の結果をまとめた。

それまでの腹囲基準(男性85センチ以上、女性90センチ以上)の科学的根拠を覆すもので、診断基準の見直しに影響しそうだ。
11
現在の診断基準は、腹囲に加え、血糖値、高脂血症、血圧の三項目のうち、二つ以上で異常があった場合、
メタボと診断され保健指導の対象となる。
しかし、他の先進国に比べ男性の腹囲基準は厳しすぎる、女性の基準は逆に甘いと批判されていた。

という記事がインターネットで発表されていましたが、
現在の腹囲基準は、上記の理由から多くの医学関係者などから見直しを迫られていた事でした。

WHO(世界保健機関)が発表しているアジア人の腹囲 22基準は、男性90センチ、女性80センチ以上が有病率が高くなるとなっています。

ですから今回の発表で、今までの男性85センチ、女性90センチ以上といわれていたメタボ基準が、いかにアバウトな数字であったか、よく理解出来たと思います。

S.fuk
人生で一度は何処かで正しいダイエットを学ばなければなりません。
あなたも是非ダイエットマスターの資格を取得しませんか。
取得期間は
標準一週間 最短二日 のんびりゆっくり一か月
合格率はほぼ100% (合格するまで何回でも試教材験を行います)

お電話でのお問い合わせ、ご相談はこちらへどうぞ。
0120-945-528 受付時間 平日11:00~21:00 土日祝11:00~20:00

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年10月 7日 (木)

ダイエットをしない理由!?

11続かなそうだから 39.7%
2面倒だから 38.6%
3誘惑に負けてしまいそうだから 32.5%
4つい「明日から」になってしまいそうだから 32.3%
5お金がかかりそうだから 17.2%
6効果がなさそうだから 16.3%
7何をすれば良いか分からないから 15.7%
その他イロイロ…

というのが、インターネットリサーチ調べによる「ダイエットしない理由は何ですか 」に対する大まかな回答です。

だいたい予想通りの結果です。

若干、肥満気味の人は痩せようという意識が足りません。
ダイエットに対して否定的ではないものの、
積極的に取り組もうという姿勢はあまり見られません。

1続かなそう、
2面倒、
3誘惑に負ける、
4明日から、
5お金がかかる、
全て後ろ向きであり消極的です

まあ、痩せようが太ろうがそれは個人的な問題ですし、ダイエットアカデミーはとやかく言うつもりはありません。

あくまで、痩せたいと願うダイエッター達に、健康的なリバウンドの少ないダイエットを啓蒙出来ればそれでよしと考えています

2ダイエットとは痩せる事とは思わず、無駄に太らない事と考えて下さい

S.fuk
人生で一度は何処かで正しいダイエットを学ばなければなりません。
あなたも是非ダイエットマスターの資格を取得しませんか。
取得期間は
標準一週間 最短二日 のんびりゆっくり一か月
合格率はほぼ100% (合格するまで何回でも試教材験を行います)

お電話でのお問い合わせ、ご相談はこちらへどうぞ。
0120-945-528 受付時間 平日11:00~21:00 土日祝11:00~20:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 6日 (水)

世界ダイエット事情!

1本年当初、米誌リーダース・ダイジェストは、世界規模のダイエットに関する調査結果を発表した

それによると、この調査は世界16ヵ国、1万6000人を対象に、各国に於けるダイエット意識やダイエット方法に関するデータを収集し、これからダイエットしようと思っている人への情報提供を目的に行われた。

その結果、最も肥満に関心を払っている人が多い国は
1フィンランドで83%が一生のうち少なくとも一度はダイエットを実行すると答えており、
22位のポーランドを大きく引き離した

スマートさを求める人が最も多い国は
1ブラジルで、各地で行われるカーニバルが大きく影響しているという。

また、薬に頼るダイエットをする人が最も多い国は
1中国で、調査対象の37%が「減肥薬を服用したことがある」と答え、
薬に頼ることで気軽にダイエット出来ると考えている人が多いという。

2お国柄によって、様々なダイエット事情があることがよく分かります。
世界的肥満と言われる現在、いづれは各言語で「ダイエットマスター」を発表して行きたいと思っていますが、それはもう少し先になりそうです。

S.fuk
人生で一度は何処かで正しいダイエットを学ばなければなりません。
あなたも是非ダイエットマスターの資格を取得しませんか。
取得期間は
標準一週間 最短二日 のんびりゆっくり一か月
合格率はほぼ100% (合格するまで何回でも試教材験を行います)

お電話でのお問い合わせ、ご相談はこちらへどうぞ。
0120-945-528 受付時間 平日11:00~21:00 土日祝11:00~20:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 5日 (火)

ラジオ「ダイエットマスターへの道!」

1今日、ラジオニッポン放送の「ダイエットマスターへの道」の収録がありました。

一年ぶりの収録だったため、口が回らず大いに焦りました。
こんな筈じゃない!と思えば思うほど言葉が出て来ないのです。

例えば、大福の話が出たとします。
僕は当然、「大福はエンプティ食品だから、カロリーは高い割に三大栄養素の脂質、たんぱく質、糖質は殆んどありません!」と言いたいのに、

ところが「三大栄養素の脂質、たんぱく質、そして…えっーとなんだっけ?もうひとつ」と、こんな感じです。

顔はよく分かっているのに名前が出てこない、それと同じような状態で本当に焦りました。(歳は取りたくありませんねガーン)

本番の放送を聴くのが怖いです。ショック!

ラジオは二年も三年もやったから平気だと思っていたのですが、
一年ぶりだとやはり思った通りには行きませんでした。

人生、甘くはありませんねガーン

2次回は前もって予習し、少しは納得出来る番組にしたいと思います。
どうか今回は誰も聴かない事を祈ります。
S.fuk
人生で一度は何処かで正しいダイエットを学ばなければなりません。
あなたも是非ダイエットマスターの資格を取得しませんか。
取得期間は
標準一週間 最短二日 のんびりゆっくり一か月
合格率はほぼ100% (合格するまで何回でも試教材験を行います)

お電話でのお問い合わせ、ご相談はこちらへどうぞ。
0120-945-528 受付時間 平日11:00~21:00 土日祝11:00~20:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 4日 (月)

夢のようなダイエットは存在しない!

インターネットリサーチ調べによる「今後、あなたがダイエットをする際に重視すること」の統計に依りますと、

1_21効果があること 48%
2自由な時間に出来ること 45%
3お金がかからないこと 38%
4楽しみながら出来ること 29%
5一人で出来ること 27%
6短期間で効果が出ること 24%
7体を動かすタイプのものであること 19%
8その他
と続きました。

効果があって、
自由な時間に出来て、お金がかからなくて、
短期間で、楽しみながら一人で出来てと、
まるで夢のような話です。

ダイエットとは、そんなに簡単に思ったようには行きません。
そんな事であれば、この世の中で肥満に悩む人はいなくなります

絶食系のダイエットをやろうが、
薬剤系のダイエットに励もうがお金はかかります。

薬は無くなれば買わなければなりませんし、
絶食系の食品も無くなれば買わなくてはなりません。

短期間で痩せようと、身体に負担をかければかける程、
リバウンドしやすくなりますし、
また、リバウンド後の身体は体脂肪だらけの質の悪い身体へと変わってしまいます。

基礎代謝を割るような摂取カロリーで三ヶ月間も生活すれば、
一般人でも5〜10kgくらいは痩せますが、
体調悪化と、
一般食に戻した時点でのリバウンドは避けられません。

また薬剤系で身体に負担を掛けすぎれば、
副作用とリバウンドだけがあなたを待っています。

正確に言えば、リバウンドの無いダイエットなど聞いた事がありません

もし、あるとすれば節食と徹底した体質改善
もちろん体質改善には運動の継続はかかせません。
(アスリートになる訳ではありませんので難しい話かも知れませんが…ショック!)

Photo_3そして何と言っても最低限のダイエット知識は身に付けなければなりません

寝て起きたら10代の身体に戻っていた…
などという奇跡は絶対に有り得ないのです。

S.fuk
人生で一度は何処かで正しいダイエットを学ばなければなりません。
あなたも是非ダイエットマスターの資格を取得しませんか。
取得期間は
標準一週間 最短二日 のんびりゆっくり一か月
合格率はほぼ100% (合格するまで何回でも試教材験を行います)

お電話でのお問い合わせ、ご相談はこちらへどうぞ。
0120-945-528 受付時間 平日11:00~21:00 土日祝11:00~20:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メタボリック・シンドローム!(代謝症候群)

1最近では殆んどの人が知るところとなりましたが、

「メタボリック・シンドロームとは、

糖尿病や高血圧、高脂血症の一つ一つが軽い場合でも、
重複する事で動脈硬化が悪化し、
心筋梗塞や脳卒中を引き起こしやすい事を示した考え方です

この症候群の基礎にあるのが、実は「肥満」です

そして、その診断基準が2005年に日本内科学会で発表されました。

この症候群での「肥満」は、BMIではなく、
内臓脂肪が多いかどうかの目安になるお臍の位置での腹囲を基準にしました。

内臓脂肪が糖尿病や高血圧、高脂血症を引き起こしやすいためです。

腹囲の基準値を上回る人が、
肥満以外の三項目のうち、二項目以上に該当した時、
「メタボリック・シンドローム」と診断されます。

因みに、男性の腹囲85cm、女性90cm以上と発表されていましたが、
2008年後半、この数値に多くの疑問が投げ掛けられ、
この数字に対して再度検討を要するとの結論が出されました。

【そして、2010年2月9日】
ついに厚労省メタボ研究班は、
従来の腹囲基準である男性85cm、女性90cmは
なんらメタボリック症候群の危険性を明確に判断出来ないとの結果を発表しました

Photo_2因みに、
WHO(世界保健機関)が発表しているアジア人の腹囲基準は、
男性90cm、女性80cm、BMI23以上で有病率が高くなるとされています。

S.fuk
人生で一度は何処かで正しいダイエットを学ばなければなりません。
あなたも是非ダイエットマスターの資格を取得しませんか。
取得期間は
標準一週間 最短二日 のんびりゆっくり一か月
合格率はほぼ100% (合格するまで何回でも試教材験を行います)

お電話でのお問い合わせ、ご相談はこちらへどうぞ。
0120-945-528 受付時間 平日11:00~21:00 土日祝11:00~20:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月26日 - 2010年10月2日 | トップページ | 2010年10月10日 - 2010年10月16日 »