« 2010年11月7日 - 2010年11月13日 | トップページ | 2010年11月21日 - 2010年11月27日 »

2010年11月14日 - 2010年11月20日

2010年11月20日 (土)

痩せたければ、悪い「行動連鎖」を断ち切ろう!

前回のブログに「行動連鎖」について書きましたが、

無意識な過食を効果的に防ぐには、
悪い「行動連鎖」を断ち切ることが大きなポイントになります

1それには食品を購入するところからの見直しが大事です。

そして、貯蔵、調理、配膳、残り物の整理、後片付けなど、
食にかかわる一連の行動すべてに目を配ります。

こうして食にかかわる環境を整備すると、
さほど努力することなく、
無意識のうちに食べ過ぎを防ぐことが可能になってきます

例えば、食品を買う時のテクニックとして、
21買い物は時刻を決めて行く。
気が向いたら行くと、つい買いすぎになる。
2満腹の時に買いに行く。
空腹だと、つい買い込みたくなる。試食などもしたくなる。
3リスト通りに買う。
リストがないと要・不要の判断がつきにくい。
4調理に手間がかかるものを買う。
調理しないで食べられるものは衝動食いの対象になりやすい。

などなどです。

S.fuk
人生で一度は何処かで正しいダイエットを学ばなければなりません。
あなたも是非ダイエットマスターの資格を取得しませんか。
取得期間は
標準一週間 最短二日 のんびりゆっくり一か月
合格率はほぼ100% (合格するまで何回でも試教材験を行います)

お電話でのお問い合わせ、ご相談はこちらへどうぞ。
0120-945-528 受付時間 平日11:00~21:00 土日祝11:00~20:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月19日 (金)

太る行動連鎖!

2生活記録を付け、食べ過ぎに陥る行動パターンがわかったら、

その時の環境を点検したり、
そこから遡って食べ過ぎとかかわり合いのある行動をチェックしましょう

食べ過ぎを導く数多くの行動は、
鎖のように繋がって連鎖反応を起こします。

これを「行動連鎖」と言います

行動連鎖を構成する要因を詳しく分析することが出来れば、
問題の食行動を避ける方法は幾つでも考え出すことが出来ます

そして、早い段階で手を打つことも出来るのです

3例えば、
1手の届くところに菓子がある。
2空腹でもないのに食べてしまう。
3食べてしまったことに落胆し、
自暴自棄になってダイエットを中断してしまう。

ポイントは、
鎖の輪が長く複雑になる前に、
出来るだけ早い段階で断ち切ってしまう事です

これが出来れば、我慢しないで自然に太りにくい行動へ脱皮することが出来ます。

S.fuk
人生で一度は何処かで正しいダイエットを学ばなければなりません。
あなたも是非ダイエットマスターの資格を取得しませんか。
取得期間は
標準一週間 最短二日 のんびりゆっくり一か月
合格率はほぼ100% (合格するまで何回でも試教材験を行います)

お電話でのお問い合わせ、ご相談はこちらへどうぞ。
0120-945-528 受付時間 平日11:00~21:00 土日祝11:00~20:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月18日 (木)

あなたのダイエットはこれで成功間違い無し!

2記録は少なくとも1ヶ月以上は続けましょう。

だんだん慣れてくると、記録することが習慣になっていく筈です。
そのようになったら、あなたのダイエット作戦は半ば成功と言っていいでしょう

日記は付けるだけでも反省材料になりますが、
やはり効果的に利用するには内容をチェックし、
第三者の目で冷静に分析する事が大切です。

始めて1〜2週間経ったら、
自分の生活パターンの傾向を探りだし、
自分なりの自己分析・自己評価をしてみましょう

肥満に陥りやすい行動パターンは、
31先行刺激として、手の届く所に食べ物がある。
2行動として、空腹でもないのに食べてしまう。
3後続刺激として、食べてしまった事に落胆し、
自暴自棄になりダイエットを中断してしまう。

こうした行動パターンが見つかったら印を付けて、
その時の状況や環境、前後の心理状態などをチェックします。

なお、生活活動日記では、
消費エネルギーが少ない(モナリザ症候群的な)生活をしていないかどうかもチェックしましょう

S.fuk
人生で一度は何処かで正しいダイエットを学ばなければなりません。
あなたも是非ダイエットマスターの資格を取得しませんか。
取得期間は
標準一週間 最短二日 のんびりゆっくり一か月
合格率はほぼ100% (合格するまで何回でも試教材験を行います)

お電話でのお問い合わせ、ご相談はこちらへどうぞ。
0120-945-528 受付時間 平日11:00~21:00 土日祝11:00~20:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月17日 (水)

ダイエットのため、生活活動記録を付けてみましょう!?

医学的チェックで、

1運動をしてよい、
或いは、
2運動の必要があるとの結果が出たら、
まず、自分の現状の日常活動量を記録にして把握してみましょう

そして、自分自身に合った無理のない運動計画を立てることが大切です。

そのためには、
1「生活活動日記」と
2「歩数記録」を付ける事が基本になります。

この記録から運動不足の実態を正確に把握し、
その上で現在の自分に見合った軽い運動から少しずつ始めましょう。

運動は、全力で目一杯しないと達成感を得られにくいのですが、
体重を減らすための運動ではやりすぎは禁物です。

特に、以前運動をしていた人は、自分の能力を過信しがちですから、気をつけたいものです。
もっと出来そうだと思っても、ゆとりのあるところで切り上げるのが安全です。

S.fuk
人生で一度は何処かで正しいダイエットを学ばなければなりません。
あなたも是非ダイエットマスターの資格を取得しませんか。
取得期間は
標準一週間 最短二日 のんびりゆっくり一か月
合格率はほぼ100% (合格するまで何回でも試教材験を行います)

お電話でのお問い合わせ、ご相談はこちらへどうぞ。
0120-945-528 受付時間 平日11:00~21:00 土日祝11:00~20:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月16日 (火)

アルコール依存性とは!?

Illust_p42_1長い間、大量の飲酒を続けていると、次第にお酒がなくてはいられなくなって来ます。

これがアルコール依存性です 

今夜は止めておこうと思ってもつい飲んでしまう。
体調が悪くても飲んでしまう。
こうなったら要注意です。

そのうちに、少しの量では酔えなくなってきて一息に飲み干し、
ほろ酔い気分を飛び越えて、
すぐ泥酔してしまうとか、
飲んでいる間の記憶が飛ぶような日が増えてきます。

更に、お酒がきれると
イライラする、
脂汗が出る、
手が震える、
夜、寝付けないなどの症状があらわれ、
遂には幻覚を見るようになってしまいます

その頃には、仕事や人間関係もうまく行かなくなり、
暴力的になったり、事故や犯罪に結び付くこともあります。

2_3つまりアルコール依存性は、個人の病気というだけでなく、
家族や周囲の人間をも巻き込む社会的な問題なのです。

因みに厚労省の発表では、日本でアルコール依存性の患者は約230万人 、
20軒に1人のアルコール依存性患者がいることになります

S.fuk
人生で一度は何処かで正しいダイエットを学ばなければなりません。
あなたも是非ダイエットマスターの資格を取得しませんか。
取得期間は
標準一週間 最短二日 のんびりゆっくり一か月
合格率はほぼ100% (合格するまで何回でも試教材験を行います)

お電話でのお問い合わせ、ご相談はこちらへどうぞ。
0120-945-528 受付時間 平日11:00~21:00 土日祝11:00~20:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月15日 (月)

大きく分けるとダイエットは四つ!

痩せる為にはいろいろなダイエット方法がありますが、

突き詰めると、
02_3 1絶食系ダイエット
2薬剤系ダイエット
3外科手術系ダイエット
4カロリー計算系ダイエット
と、四つに大別されます。

その中でも外科手術系ダイエットと、
薬剤系ダイエットは、
ある程度の危険を伴うダイエット方法であると、
常々警鐘を鳴らして来ました。

どんなダイエット方法に挑戦しても、
それぞれ一長一短があり、
どのダイエット方法が完璧であるとは言えません。

しかし薬剤系ダイエットや、
外科手術系ダイエットなどは、
一歩間違えると死に直結する恐いダイエット方法であると、
肝に命じておく必要があると言えるでしょう。

数年前には、漢方の「天天素」なるダイエット系薬剤を服用した人が5〜6人死亡し、
数百人の人達が救急病院に運ばれました。
(厚労省HP参照)

日本ダイエットアカデミー協会が推奨するダイエットは、
カロリー計算系ダイエットであり、
一番身体に優しく、
事故の起こりにくいダイエット方法です

簡単に言えば、
極端にやった場合でも、
自分の基礎代謝量を把握し、
一日の総摂取カロリーを自分の基礎代謝量まで下げ、
ウォーキングなどの運動も併用すれば間違いなく痩せます
ですから、それほど身体に負担はかかりません。

ただ、基礎代謝量というものは、
人によって多少違いますから、
31まず自分自身の体組成を知ること
2そして最低限のダイエット知識や理論を学ぶことが、
ダイエットの第一歩となります

闇雲にただ摂取カロリーだけ減らせばいいというものではありません。

小、中、高、大と、学校ではダイエットの授業はありませんでした。

最低限の知識や理論を学び、
ご自身や家族の健康を守る意味でも、
ダイエットマスターにチャレンジしようではありませんか

S.fuk
人生で一度は何処かで正しいダイエットを学ばなければなりません。
あなたも是非ダイエットマスターの資格を取得しませんか。
取得期間は
標準一週間 最短二日 のんびりゆっくり一か月
合格率はほぼ100% (合格するまで何回でも試教材験を行います)

お電話でのお問い合わせ、ご相談はこちらへどうぞ。
0120-945-528 受付時間 平日11:00~21:00 土日祝11:00~20:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月7日 - 2010年11月13日 | トップページ | 2010年11月21日 - 2010年11月27日 »