« 2011年5月1日 - 2011年5月7日 | トップページ | 2011年5月15日 - 2011年5月21日 »

2011年5月8日 - 2011年5月14日

2011年5月13日 (金)

糖尿病、高血圧、高脂血症プラス肥満!

★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★内臓脂肪型肥満は、
高血圧、糖尿病、高脂血症を引き起こしやすくなると言われています。★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0543.gif

更に
これに肥満が加わり、
この四つが重なった病態は、

「死の四重奏症候群」ともいわれ、

狭心症や心筋梗塞、脳卒中など、

動脈硬化性の病気を引き起こす確率が30倍以上に上昇する事が分かってきました。★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01A0916.gif

食糧難の環境で太っている人は、
飢餓に備え、体脂肪を備蓄出来るエリートでした。

しかし、飽食の時代の今日では、
油断するとお腹の中に脂肪を溜め込みすぎ、

「危険と背中合わせ★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0920.gif」となることを肝に銘じておきましょう★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01A0909.gif

S.fuk★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0389.gif
★★ダイエットマスター携帯サイトはこちら(資料請求)→ http://dietacademy.jp/i

| | コメント (1) | トラックバック (1)

ダイエットと水分補給!

1通気性のないランニングスーツを着て歩いたり走ったり、
またサウナなどに入れば一時的に体重を減らせるかも知れません。

しかし、これらの方法は、
全体重の50~60%(血液量分8~10%を含む)を占める水分の一部を汗として絞り出すだけで、
体脂肪を減らす効果はありません。★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0543.gif

汗を絞り出す事と、
体脂肪を燃やす事は、
基本的に違うのです★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0913.gif

汗を絞り出す事は、
ただ単に一時的な減量★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0913.gif

余分な体脂肪を燃やす事がダイエットです★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0913.gif

水分はエネルギーがゼロですから、
水で太る事はありませんし、
水を絞って体脂肪が減る事もありません。★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0543.gif

極端に水分を絞り過ぎると脱水症になる危険性もあります。

2むしろダイエット中は、食品からとる水分が不足していますので、
意識して水分補給をすることが大切です★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0913.gif

S.fuk★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0389.gif
★★ダイエットマスター携帯サイトはこちら(資料請求)→ http://dietacademy.jp/i

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月12日 (木)

肥満とサバイバル能力!

1肥満は体脂肪が溜まり過ぎた状態ですが、

だからといって、
体脂肪を目の敵にするのは誤りです★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0913.gif

人類の歴史のほとんどは飢えとの闘いでした★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0913.gif

現在でも世界の多くの地域で飢えと闘っている人達がいます。

生命を維持して子孫を残すために、
人間の身体は飢えに耐え、
適応しながら進化して来ました。

そして、
少しの食事でもそのエネルギーを出来るだけ効率よく使い、
飢餓に対応出来るよう、
身体の仕組みを上手に作り上げて来たのです。★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01A0550.gif

身体の中に少しでもエネルギーが余ると、
それを中性脂肪に変えて脂肪細胞の中に備蓄し、
いざという時に備えるのです★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0913.gif

つまり、
太りやすいという事は、
脂肪を溜め込む能力に優れている事であり、

食物が乏しい環境においては、
何にも増して重要なサバイバル能力でありました★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0913.gif

ところが現代の日本のように、

いつでも何処でも食べたいものを思う存分食べられる環境の元では、

皮肉にもこの能力は裏目となってしまいました。★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0920.gif

2 1食欲にまかせて、

あるいは、
2いつもの習慣で漫然と食べていると、

いつの間にか体脂肪を備蓄しすぎてしまい肥満になるのです。★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01A0916.gif

体脂肪は決して余分なお荷物ではありませんが、
蓄え過ぎると
(BMI値25以上、もしくは隠れ肥満の人達ガーン)
身体に様々な負担をもたらしてしまいます。★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0920.gif

S.fuk★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0389.gif
★★ダイエットマスター携帯サイトはこちら(資料請求)→ http://dietacademy.jp/i

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月11日 (水)

普通預金と定期預金!

内臓脂肪型肥満かどうかを見分ける簡単な方法は、
お臍の位置での腹囲測定です。

日本人の場合、昨年まで、

男性では85cm、

女性では90cmを超えると

内臓脂肪型肥満である可能性が高いと言われていました。

1しかし、★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0906.gif
身体の大きな男性が、
女性より数字が低いのはおかしいし、

世界で女性の数字が男性を上回るのは日本だけだとの意見や批判が、
医師や肥満関連団体から続出し、★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0543.gif★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0543.gif★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0543.gif

ついに今年2010年2月9日、

厚労省メタボ研究班は、

旧来の男性85cm、
女性90cmとした基準値は、
何ら科学的、医学的根拠を満たさず、

それだけで内臓脂肪型肥満と決めつけるのは無理があると公の見解を発表しました★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0913.gif

しかし、新基準となる数値はまだ発表されませんでした。

因みにWHO(世界保健機関)による、

日本人をも含めたアジア人の肥満腹囲基準は、

男性90cm以上、

女性80cm以上であることを申し添えておきます★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0913.gif

いづれにせよ、
男女とも腹囲が90cmを超えるような場合は、
CT検査により内臓脂肪の確定診断を受けることをおすすめします★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0913.gif

お臍の位置での腹部CT検査で内臓脂肪の面積が100平方cmを超えると内臓脂肪型肥満と診断されます。★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0920.gif

2また、内臓脂肪は比較的簡単に落とせるため、

銀行預金に例えて普通預金、

皮下脂肪はなかなか落とせないので定期預金と呼ばれることがあります。

S.fuk★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0389.gif
★★ダイエットマスター携帯サイトはこちら(資料請求)→ http://dietacademy.jp/i

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年5月10日 (火)

肥満の種類!

時々、肥満の種類として、
「りんご型肥満★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0648.gif」と

「洋なし型肥満★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0654.gif」について書いていますが、

実は「りんご型肥満」の方が、
はるかに生活習慣病になる危険性が高いのです。★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01A0916.gif

CT(エックス線コンピューター断層撮影)検査で、
太っている人の腹部の断層写真を撮ると、

同じりんご型肥満でも、★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0648.gif

11お腹の中の内臓周囲に脂肪がつく「内臓脂肪型肥満」と、

2皮膚の下に集中してつく「皮下脂肪型肥満」の二つがある事が分かります。★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01A0550.gif

そして、内臓脂肪型肥満の方が
皮下脂肪型肥満より、

はるかに、
高血圧や

高脂血症、

糖尿病などの

生活習慣病を引き起こしやすい事が明らかになっています。★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01A0916.gif

内臓周囲の脂肪は直接、肝臓に入って代謝に影響を与えます。★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01A0916.gif

ですから、それぞれの肝機能数値も悪くなりがちです★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0913.gif

ただ、内臓脂肪は皮下脂肪に比べると減らしやすいのも大きな特徴で、

僕の個人的な調査によりますと、2対1の割合で内臓脂肪の方が減りやすいという結果が出ています★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0913.gif

いづれにせよ、
内臓脂肪を減らすためには、

2男性では1日1500~1800kcal、

女性なら1日1200~1500kcalくらいの節食と、

1日30分くらいのウォーキング(有酸素運動)、
そして、軽い筋力トレーニングなどが効果的です。★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01A0550.gif

りんご型肥満の方で、
内臓脂肪が100平方cm以上と診断されたら、
是非お試し下さい★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0913.gif

1ヶ月も継続すれば、3分の1くらいの内臓脂肪量は減っているかと思います。

S.fuk★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0389.gif
★★ダイエットマスター携帯サイトはこちら(資料請求)→ http://dietacademy.jp/i

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 8日 (日)

日本人とモナリザ症候群!

モナリザ症候群は現代の日本人にも十分当てはまる現象です★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01A0909.gif
日本人は元来肥満者が少ない民族でした。

しかし、高脂肪、高たんぱくの欧米型の食生活が行き渡る一方で、

電化製品や交通手段の多様化により、
以前ほど身体を動かす必要がなくなった為に、
摂取エネルギーが消費エネルギーを上回るようになってしまったのです。★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0920.gif

1太っている日本人は、過去30年で2~4倍に増えたと言われています。★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0921.gif

気軽に食べられるファーストフード店や、

終夜営業のコンビニエンスストア、

また調理済み食品や自動販売機、

そして冷蔵庫は、
いつでもどこでも食べ物を口にする事を可能にしました★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0913.gif

そして一定の時間に一定の場所で食べるという生活習慣もなし崩しになりつつあります。

しかも、簡単に食べられるものは、
高脂肪で高エネルギー、後で中性脂肪になりやすいものが多くなっています。★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0920.gif

現代の日本は、油断すると体脂肪を蓄えやすい環境にあると言っても過言ではありません★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0913.gif

S.fuk★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0389.gif
★★ダイエットマスター携帯サイトはこちら(資料請求)→ http://dietacademy.jp/i

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「モナリザ症候群」とは!?

皆さんは「モナリザ症候群」という言葉を知っていますか★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0906.gif

アメリカのブレイ教授という人が「モナリザ症候群」という新しい病態を提唱しています★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01A0909.gif

モナリザとは、「Most Obesity kNown Are Low In Sympathetic Activity」の略で、
Untitled1 その頭文字を取って【MONALISA症候群】となります。★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0543.gif

日本語に訳すと
「大多数の肥満者は交感神経の働きが低下している」
という事になります。★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01A0916.gif

私達の身体を支配している自律神経は、
交感神経と副交感神経から成り立っています。

昼間に活動的な生活を送っていれば、
交感神経の働きも活発化して太りにくくなります。★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0543.gif

しかし便利な世の中で、
長い間、不活発で運動不足な生活を送っていると交感神経の働きが鈍り、
消費するエネルギーも少なくなります。★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01A0917.gif

十分に使われずに過剰になったエネルギーは体脂肪となって蓄えられ太ってしまう。★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01A0916.gif

これが【モナリザ症候群】です★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01A0909.gif

皆さん★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01A0909.gif
心当たりはありませんか★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01A0904.gif

S.fuk★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0389.gif
★★ダイエットマスター携帯サイトはこちら(資料請求)→ http://dietacademy.jp/i

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年5月1日 - 2011年5月7日 | トップページ | 2011年5月15日 - 2011年5月21日 »