« 2011年5月15日 - 2011年5月21日 | トップページ | 2011年5月29日 - 2011年6月4日 »

2011年5月22日 - 2011年5月28日

2011年5月28日 (土)

赤ワインは身体に良いのか

古くからヨーロッパ諸国では、
肉や乳脂肪を多く摂る国の国民ほど、
心臓病による死亡率が高いことが定説になっていました。

しかし、フランス人だけは例外で、
動物性脂肪をたくさん摂っている割に、
心臓病の死亡率はヨーロッパ諸国で一番低かったのです★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0913.gif

このフランス人特有の矛盾は、
フレンチパラドックス(フランス人の逆説)と呼ばれて、
長年、学者達を悩ませて来ました。★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0543.gif

1ところが、
1993年になって、この「謎解きの鍵」として、
アメリカの研究者が発表したのが、
フランス人が常に飲んでいる「赤ワイン★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0605.gif」にたくさん含まれている「ポリフェノール」という物質でした★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0913.gif

アメリカのテレビがこの話題を紹介するやいなや、
全米の酒店から赤ワインが姿を消してしまったというほどの一大ブームが巻き起こったのは有名な話です。

「ポリフェノール」は赤ワインの赤色の元になっている物質です。

赤ワインは白ワインよりも高温で皮や種も一緒に発酵させるため、
白ワインの十倍近いポリフェノールがたっぷりと抽出されています。★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0605.gif

1994年に、国立健康栄養研究所が、

赤ワインのポリフェノールには動脈硬化を防ぐ働きがある★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0913.gif

と研究結果を発表して以来、

日本にも赤ワイン★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0605.gifの人気は海を越えて飛び火して来ました。

「肉料理には赤ワイン」といった先人の知恵は、実は理に叶っていた訳です★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0913.gif

しかし、健康によい赤ワインといっても、
もちろん飲み過ぎは身体を壊します。

なぜならフランスは、
2世界で最も肝硬変や膵臓病による死亡率が高い国でもあるからです★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0913.gif★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0913.gif

赤ワインの適量は一日にグラス1~2杯程度で十分に効果が発揮されると言われています。

S.fuk★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0389.gif

★★ダイエットマスター携帯サイトはこちら(資料請求)→ http://dietacademy.jp/i

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月27日 (金)

多少のダイエット知識を持とう!

1ダイエットなどと云うものは、
誰でもその気になればそんなに難しい問題ではありません★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0913.gif

ただ、ダイエットをしたい本人が真剣にやるかやらないか、
多少のダイエット知識があるか、ないか、それ次第だと思う訳です。

一般男性の基礎代謝量が約1400~1500kcal、

一般女性の基礎代謝量が約1100~1200kcalと言われていますから、

(一般男性とは身長170㎝±3~4㎝、
一般女性160㎝±3~4㎝位をダイエットアカデミーでは考えています。
それ以外の方は大きな人、小さな人と考えないとBMIの数値が当て嵌まらないことが多くみられます★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0913.gif)

その基礎代謝の数値に男性では約900~1100kcal、
女性では約800~1000kcalの生活エネルギーが加わり、

男性は一日の消費エネルギーが約2400~2500kcal、
女性は同じく約2000~2100kcalくらいかかる計算になります。

要は、日常の生活に於いて、
それ以上の余分なエネルギーを摂らないこと★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0913.gif

そして、そこから減らしたい体重を決めて、

一日何kcalを減らし、
それを1カ月続ければ(×30日)、

いったい何kcalのカロリーを減らせるのか、

そしてそれは何キログラムの減量になるのか、
それを計算すれば良いのです。

ただ、身長、体重によって基礎代謝量も生活エネルギー量も大きく違ってきます。

ですから一日の消費エネルギーも大きく変わるという訳です★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0913.gif

そこで多少のダイエット知識が必要になってきます★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0913.gif

その知識や理論を教え、

2その価値を資格にまで高めたのが日本ダイエットアカデミー協会の「ダイエットマスター資格★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0913.gif」なのです。

痩せる為には、様々なテクニックも必要になって来ます。
知っているようで知らないことも多々あります。

学校ではダイエットの授業はありませんでした。ショック!

肥満を嘆く欧米でもダイエットの授業はありません。ショック!

国家として、
太りやすいエンプティ食品や太りやすい他の食品をバッシングしたくないからです。

あくまで、太ろうが痩せようが、
個人の自由意志の問題だという訳です★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0913.gif

しかし、多少のダイエット知識を得ることにより、
それらは少なからず解消します。

S.fuk★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0389.gif

★★ダイエットマスター携帯サイトはこちら(資料請求)→ http://dietacademy.jp/i

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月26日 (木)

ダイエットの原則!

O0321018510447971399ダイエットの原則は、まず体内のエネルギーバランスをマイナスに保つ事です★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0913.gif

これにより、
白色脂肪細胞の中に蓄積されている中性脂肪をエネルギー源として転換利用させ減量をはかります。★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01A0550.gif

人体の脂肪組織は、

純粋な脂肪約80%と、

水や他の成分約20%から構成されています。

中性脂肪1gの持つエネルギーは9キロcalですから、

体脂肪1kgを燃焼させるためには、

9kcal×1000g×0.8=7200キロcalの

負のエネルギーバランスを作り出せばよいという計算になります。★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01A0550.gif

そこで、1日当たり1000キロcal
(一般男性の一日の生活エネルギー相当)
のエネルギー不足状態を作れば、

週に約1kg
(1000kcal×7日=7000kcal)

月に約4kg弱の体重減少(体脂肪燃焼)が得られる計算になります★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01A0909.gif
(BMI25以上の人を前提としての話です。少なくともBMI23以下の人はやらないで下さい★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0913.gif)

もちろん、こんな単純な机上計算どおりに減量が進む訳ではありませんが、

21まず食事療法を徹底実践し、

2これに補助的に運動療法を併用して

効率的に体脂肪の燃焼をはかるというのが

「ダイエットマスター」の大原則になります★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01A0909.gif

節食だけで痩せても、
食生活を元に戻したら
必ずリバウンドの餌食になります。★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0920.gif

S.fuk★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0389.gif

★★ダイエットマスター携帯サイトはこちら(資料請求)→ http://dietacademy.jp/i

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月24日 (火)

中年太りこそダイエットの醍醐味!

1大人になってから太った人は、
脂肪細胞の数は特に多くない場合が多く、
脂肪細胞のサイズを元に戻せば痩せられます★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0913.gif

きちんと食事や運動に気をつければ中性脂肪の燃焼が進み、
膨らんだ脂肪細胞のサイズがだんだん萎んできます。

しかし、
食事のほうは誰でもその気になれば何とかなるのですが、

社会人ともなると運動をする時間がなかなか取れません。ショック!

だけどダイエットには節食と運動は不可欠であり、
ダイエットの両輪です★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0913.gif

しかも、ダイエットでの運動は

1「有酸素運動」だけでなく、

2筋力トレーニングをも兼ねた「レジスタンス運動」によって体質改善を図らねば、
すぐリバウンドの餌食になってしまいます。★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0921.gif

要は楽をしていて理想的なダイエットはむずかしいのです★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0913.gif

「ダイエットは一日にして成らず★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01A0909.gif」ということでしょうか!?

運動を怠ると一時的には痩せても、

結局は食生活を元に戻した途端リバウンドが始まります★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0921.gif

また、中年から付きやすい内臓周りの脂肪は、
皮下脂肪に比べて溜まりやすい一方、
分解されやすく、減量の効果があらわれやすいのが特徴です★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01A0909.gif

2中年太りこそ、
ダイエットのしがいのある体型なのですが、

いかに運動を効果的に取り入れるかが大きなポイントとなるでしょう★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01A0909.gif

S.fuk★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0389.gif

★★ダイエットマスター携帯サイトはこちら(資料請求)→ http://dietacademy.jp/i

| | コメント (0) | トラックバック (0)

肥満の原因と脂肪細胞の状態!

1同じ減量作戦を開始しても、
効果がすぐに現れる人と現れにくい人がいます。

これは肥満の原因となる脂肪細胞の状態と関係があります。

太っている人の脂肪細胞の状態を顕微鏡で観察すると、

次の三つのタイプが認められます。★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01A0550.gif

1脂肪細胞の数そのものが多い。★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01A0917.gif

2数は正常者とあまり変わらないが、一つ一つの細胞のサイズが大きい。★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01A0917.gif

3数も多くサイズも大きい。★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01A0916.gif

脂肪細胞が増えるのは、
人の一生のうちで、
胎児期(妊娠後期)と
乳児期、
思春期に
ほとんどが集中していると言われています。

一度増えた脂肪細胞は大人になっても一生減る事はありません。★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01A0917.gif

2このため、子供の頃に太った人は、
その後、脂肪細胞が萎んで痩せたとしても、
再び、たくさんある脂肪細胞の一つ一つが膨らんで太りやすくなる事があります。★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01A0917.gif

子供の頃に脂肪細胞が増えて肥満となり、

その後痩せても、
また膨らんだ場合には、
3のタイプとなり、
非常に高度な肥満となって痩せにくくなる事が分かっています。★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01A0916.gif

S.fuk★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0389.gif

★★ダイエットマスター携帯サイトはこちら(資料請求)→ http://dietacademy.jp/i

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月23日 (月)

肥満とサバイバル能力!

肥満は遺伝と深い関係があるのですが、

実は遺伝するのは、
肥満体という体型ではなく、
生きる為に飢餓に備え、体脂肪を蓄える能力なのです★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0913.gif

飢餓の時代、
1他人よりたくさんの体脂肪を蓄えることが出来るという事は優れたサバイバル能力でした★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0913.gif

しかし、この能力だけで肥満体が出来上がる訳ではありません。★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01A0550.gif

この能力を十分に働かせる環境に五年、十年と、
どっぷり浸かった時に、
徐々に肥満体が完成していくのです★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01A0909.gif

例えば、
父親より母親が太っている場合の方が太りやすいのは、

母親が毎日の食生活や生活習慣の場で、
父親よりも子供に影響を与える度合いが大きい為でしょう。

また肥満は、
遺伝的素因に後天的な環境的要因が加わって成り立ちます★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01A0909.gif

遺伝的に太りやすい体質でも、
生活習慣を見直す事で肥満を防ぐことは十分可能です。★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01A0550.gif
2自分の肥満は遺伝だからと諦めているあなた★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0913.gif

まだ諦めるのは早すぎませんか!?

S.fuk★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0389.gif

★★ダイエットマスター携帯サイトはこちら(資料請求)→ http://dietacademy.jp/i

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2011年5月15日 - 2011年5月21日 | トップページ | 2011年5月29日 - 2011年6月4日 »