« 2011年7月17日 - 2011年7月23日 | トップページ | 2011年7月31日 - 2011年8月6日 »

2011年7月24日 - 2011年7月30日

2011年7月30日 (土)

ダイエットの専門資格「ダイエットマスター

1_2テレビや新聞、雑誌などで、

「肥満」

「ダイエット」

の話題がのぼらない日はありません。

特にメタボリック症候群は、

生活習慣病の温床として多くの人が不安を感じています。

2008年4月1日よりメタボ健診が法制化されましたが、

当日本ダイエットアカデミー協会では、
すでにその4年前からメタボ対策を唱えて参りました。

いわば、法律が後追いしていると言っても決して過言ではありません★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0913.gif

このような状況下のもと、

2_2正しい知識を持った「ダイエットマスター」は大きく活躍の場を広げています★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0913.gif

また「ダイエットマスター」は、

世界唯一のダイエットに関する専門資格としてマスコミ等にも数多く取り上げられています。

テレビ東京系の経済番組「ワールドビジネスサテライト」や、

各種雑誌などでも正しいダイエットとして数多く取り上げられ、

また僕自身、多くの雑誌やテレビ、ラジオなどでコメントを出して参りました。

S.fuk★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0389.gif
★★ダイエットマスター携帯サイトはこちら(資料請求)→ http://dietacademy.jp/i

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生活習慣病対策!

★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★「生活習慣病」に対する対策としては、

日頃の生活習慣(食生活、運動、ストレス、喫煙、飲酒など…)を改善することにより、

病気そのものの発症や進行を予防出来るという考え方が定着して来つつあります。★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01A0550.gif

その証拠が、平成八年四月より法制化されたメタボ健診であり、

またダイエットの話題が人々の口に上がらない日はありません。

つまり、従来の二次予防、
(早期発見・早期治療)に加え、

若い頃から生涯を通じての生活習慣を改善し、
一人一人が健康的な生活習慣を身に付けることで、

発病そのものを予防するという一次予防に、より重点を置く人が増えてきています。★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01A0550.gif
(禁煙する人が増えて来た事など、健康に気を配る人が増加しました。僕的に言うと230万人もいるといわれるアルコール依存性の方が怖いと思うのですが…)

「生活習慣病」には、

1まず『一次予防』
生活習慣の見直し、環境改善などで病気の発生そのものを予防★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0913.gif

2『二次予防』として、
定期検診などで病気を早期発見、早期治療することにより、病気が進行しないうちに治す★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0913.gif

3『三次予防』として、適切な治療により、
病気、障害の進行を防止し、改善に向けたリハビリテーションを行う★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0913.gifなど、

生活習慣病には、
この三段階で対処することがとても重要です。★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01A0550.gif

S.fuk★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0389.gif
★★ダイエットマスター携帯サイトはこちら(資料請求)→ http://dietacademy.jp/i

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月29日 (金)

危険なリンゴ〓型肥満に要注意!

1僕の親しい友人達にも数人、糖尿病、高血圧、高脂血症などのメタボリック症候群(生活習慣病)を患っている人がいます。
いづれも動脈硬化を促進する危険因子であり、

しかも肥満、
とりわけ「リンゴ型肥満★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01A0635.gif(内臓脂肪型肥満)」と深くかかわり合っています。

つまり肥満は、動脈硬化の危険因子と言われる様々な生活習慣病を介して動脈硬化を促進し、
ひいては寿命を縮めてしまう危険がある訳です。★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01A0550.gif

これらに共通している特徴は、

いづれも自覚症状が殆どないか、

ある場合は病気がかなり進行してからでないと出て来ないという点です。

ですから、自覚症状に頼っていては発見が遅れてしまいます。★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0920.gif

ベルトの穴が増えてきたり、
ウエストがきつくなってきたりしたら、

2積極的に健康診断や人間ドックなどを受けて早期発見に努めることが大切です。★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01A0550.gif

S.fuk★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0389.gif
★★ダイエットマスター携帯サイトはこちら(資料請求)→ http://dietacademy.jp/i

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月28日 (木)

リバウンドとウェイトサイクリング!

1 減量作戦で問題になるのは、
せっかく減らした体重が元に戻る、

つまりリバウンドする事です。★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0920.gif

これは過激なダイエットで短期間に体重を減らしたり、

自分に合わない無理なダイエット法で長続きしなかった時に起こります。★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0543.gif

リバウンドしたら、
また減量すればよい、
と考える人もいるようですが、
これはすすめられることではありません。★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0920.gif

体重の減少とリバウンドを繰り返す事を、

「ウェイトサイクリング」といい、

この現象を繰り返すと身体の中身が変わってしまいます★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0913.gif

特に食事療法だけに頼ったダイエットでは、

体脂肪と一緒に筋肉も少し減ってしまいます。

体重が戻る時には、
主に体脂肪のみが増加し、

筋肉は殆ど増加しません。★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01A0916.gif

2リバウンドの回数を重ねるごとに筋肉が減って、
その分、体脂肪に置き替わってしまい、締まりのない身体になってしまいます。★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01A0916.gif

更に問題なのが、
筋肉が減ると基礎代謝量も減ってしまう事です。★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0920.gif

そうなりますと、
全体的な消費エネルギーが少なくなりますから、
ますますエネルギー収支がプラスになり、
太りやすく痩せにくい身体になってしまうのです。★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01A0916.gif

また、体重がリバウンドすると、
減量前よりも体脂肪率は高くなってしまうため、
いわゆる「隠れ肥満」になってしまうことが多いのです。★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01A0916.gif

S.fuk★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0389.gif
★★ダイエットマスター携帯サイトはこちら(資料請求)→ http://dietacademy.jp/i

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月27日 (水)

死の四重奏症候群!

1内臓脂肪型肥満は、
高血圧、糖尿病、高脂血症を引き起こしやすくなります。★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0920.gif

この四つが重なった病態は

「死の四重奏」症候群といわれ、

1狭心症や

2心筋梗塞、

3脳卒中など、

動脈硬化性の病気を引き起こす確率が30倍以上に上昇する事が分かってきました。★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01A0550.gif

食糧難の環境で太っている人は、
体脂肪を備蓄出来るエリートでした。

しかし飽食の時代の今日では、
油断するとお腹の中に脂肪を溜め込みすぎ、

「危険と背中合わせ★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01A0917.gif
となることを肝に銘じておきましょう★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01A0909.gif

平成8年4月からメタボ健診が法制化され、

240歳~74歳の男女は無料で健診を受けることが出来るようになりました。

お腹周りの気になる方は是非一度お勧めします。★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01A0550.gif

S.fuk★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0389.gif
★★ダイエットマスター携帯サイトはこちら(資料請求)→ http://dietacademy.jp/i

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月26日 (火)

メタボリック症候群!

1「メタボリック症候群」という言葉が流行りだして何年か経ちますが、

その規定が、実は昨年(2010)の二月に変わりました

それまでの腹囲基準は、
男性85㎝以上、

女性は90㎝以上で

メタボリック症候群の危険性があると言われていたのですが、

元々この基準値には、
医療関係者などより、
以前から多くの疑問が投げ掛けられていて、

身体の大きな男性が、
身体の小さな女性より腹囲基準が少ないのはおかしいとの批判がありました

その後、2010年に入り、
メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の適正な診断基準を検証していた厚労省メタボ研究班は、

2010年2月9日、(昨年)
現行の診断必須項目の腹囲の数値によって、
心筋梗塞や脳梗塞発症の危険性を明確に判断する事はできないという、
大規模調査(国内三万人超)の結果を発表しました

その発表はそれまでの腹囲基準、

男性85センチ以上

女性90センチ以上の

メタボリック症候群の根拠を覆すもので、
診断基準の見直しは必至というところでしょう。

現在の診断基準は腹囲に加え、(前述)

21高血糖値(糖尿病)、

2高脂血症、

3高血圧、

の三項目のうち、二つ以上で異常があった場合、
メタボと診断され保健指導の対象というものです

しかし昨年二月までは、
他の先進国に比べ男性の腹囲基準は厳しすぎる、

また女性の基準は逆に甘いと批判されていました。

因みにWHO(世界保健機関)が発表しているアジア人の腹囲基準は、

男性90センチ以上、

女性80センチ以上が
有病率が高くなると紹介されています。

S.fuk★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0389.gif
★★ダイエットマスター携帯サイトはこちら(資料請求)→ http://dietacademy.jp/i

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月24日 (日)

ダイエットとは「食事が主、運動が従〓」

本来ダイエットの目的である美しく痩せる為には、
バランスのとれた食事と適度な運動が大切です★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0913.gif

しかし、あくまでダイエットとは、

主従関係でいえば、

「食事が主、運動が従★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0913.gif」の関係は変わりません。★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01A0550.gif

そして「日本ダイエットアカデミー協会」では、

『いつでも、何処でも、一人でも』
を合言葉に、

TV番組のCMタイムを活用するCM体操を皆さんにお薦めしています★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0913.gif

CM体操とは、
テレビを観ていてCMが始まったら、

例えば腕立て伏せ5回~10回、

またCMが始まったら腹筋10回~20回、

また始まったら、今度はスクワット20回~30回

というように、細かく運動を行うことで、
筋肉をつけ、
基礎代謝量を上げると共に、
太りずらい体質に近づけて行こうというものです★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0913.gif

ダイエットマスターが目指すダイエットは、

お肌つやつや、笑顔が輝く健康ダイエットでなければなりません★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0913.gif

1ダイエットの正しい知識と理論。

2バランスのとれた食事。

3適切な運動

この三本柱を段階を踏んで総合的に学んで行きます。★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01A0550.gif

そしてあなたが習得した知識に対して、

ダイエットの専門家として認定される資格が

「ダイエットマスター」なのです★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01A0909.gif

S.fuk★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0389.gif
★★ダイエットマスター携帯サイトはこちら(資料請求)→ http://dietacademy.jp/i





| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月17日 - 2011年7月23日 | トップページ | 2011年7月31日 - 2011年8月6日 »