« 2011年7月31日 - 2011年8月6日 | トップページ | 2011年8月14日 - 2011年8月20日 »

2011年8月7日 - 2011年8月13日

2011年8月13日 (土)

最低限のダイエット知識は身につけよう!

インターネットリサーチ調べによる、

「今後、あなたがダイエットをする際に重視すること★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0913.gif

の統計に依りますと、

11効果があること 48%

2自由な時間に出来ること 45%

3お金がかからないこと 38%

4楽しみながら出来ること 29%

5一人で出来ること 27%

6短期間で効果が出ること 24%

7体を動かすタイプのものであること 19%

8その他
と続きました。

満月効果があって、
満月自由な時間に出来て、
満月お金がかからなくて、
満月短期間で、楽しみながら一人で出来てと、

まるで夢のような話です。★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0907.gif

ダイエットとは、そんなに簡単に思ったようには行きません★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0913.gif
そんな事であれば、
この世の中で肥満に悩む人はいなくなります★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0913.gif

①絶食系のダイエットをやろうが、

②薬剤系のダイエットに励もうがお金はかかります。

薬は無くなれば買わなければなりませんし、

絶食系の食品も無くなれば買わなくてはなりません。

短期間で痩せようと、身体に負担をかければかける程、

リバウンドしやすくなりますし、

また、リバウンド後の身体は体脂肪だらけの質の悪い身体へと変わってしまいます。★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0920.gif

基礎代謝を割るような摂取カロリーで三ヶ月間も生活すれば、

一般人(BMI25前後の人)でも、
5~10kgくらいは痩せますが、

体調悪化と、★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0737.gif
一般食に戻した時点でのリバウンドは避けられません★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0913.gif

また薬剤系で身体に負担を掛けすぎれば、
副作用とリバウンドだけがあなたを待っています★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0913.gif

正確に言えば、

リバウンドの無いダイエットなど聞いた事がありません★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0913.gif

もし、あるとすれば節食と徹底した体質改善★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0913.gif

もちろん体質改善には運動の継続はかかせません。
(アスリートになる訳ではありませんので難しい話かも知れませんが…ショック!)

2そして何と言っても最低限のダイエット知識は身に付けなければなりません★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0913.gif

寝て起きたら10代の身体に戻っていた…

などという奇跡は絶対に有り得ないのです★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0913.gif

S.fuk★☆★ダイエットのカリスマ福崎会長ブログ★☆★-01A0413.gif
★★ダイエットマスター携帯サイトはこちら(資料請求)→ http://dietacademy.jp/i

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月12日 (金)

成人病と生活習慣病!?

日本では「糖尿病、高血圧、高脂血症、心臓病、脳卒中、癌」などは、
大人になってからかかる病気だとして、

昔から「成人病」という名で広く知られていました。★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0543.gif

1しかし、
「成人病」という名称は、

昭和30年代に、

「主として、脳卒中、がん、心臓病などの40歳前後から死亡率が高くなり、
しかも全死因の中でも上位を占め、40~60歳くらいの働き盛りに多い疾病」

として使われた言葉であり学術用語ではありません。★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01A0550.gif

また、当時これらの成人病の予防は二次予防(早期発見・早期治療★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0913.gif)に重点が置かれていました。★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01A0550.gif

しかし、これらの病気は、
発病するまでには通常何年もかかり、

それに加えて、病原体や有害物質などの外部環境因子や生まれつきの遺伝的な要素、

また子供の頃からの生活習慣と深くかかわっていることが明らかになって来たのです。★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01A0550.gif

そこで、旧厚生省の公衆衛生審議会は平成8年12月の答申の中で、

成人病という名称を
「生活習慣病」に改め、

2生活習慣病を、
「食習慣、運動習慣、休養、喫煙、飲酒等の生活習慣が、
その発症・進行に関与する疾患群」
と定義しました。★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01A0550.gif

S.fuk★☆★ダイエットのカリスマ福崎会長ブログ★☆★-01A0413.gif
★★ダイエットマスター携帯サイトはこちら(資料請求)→ http://dietacademy.jp/i

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダイエットと母親の努め!

貴女のお子様は太り過ぎていませんか★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0906.gif

最近、小学生などの肥満で悩んでいる親御さんをよく見掛けます。

近頃の子供達は、昔に比べて外で遊ぶ機会に恵まれていません。

すぐゲームソフトなどに夢中になり、
身体を動かす機会が極端に減っているようです。

1ただでさえ運動不足の上に、★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0921.gif

ファーストフードや
アイスクリーム、
又、ケーキなど、

一番肥満に繋がりやすい高カロリーの食品を毎日与え続けていませんか★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0906.gif

育ち盛りの子供が、そんな食生活や運動不足を続けていたらアッという間に太ってしまい、

子供にまで肥満児という要らぬコンプレックスまで背負わせてしまうことになるのです★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0913.gif

同じアジア人の中でも、

お隣の韓国では、10歳児の肥満がなんと21.7%を数え、
国として児童の肥満撲滅に乗り出しました。

また中国でも18歳未満の児童肥満率が10%を越え、焦りを感じているようです。

そうならない為にも、
まず、母親がダイエットの基礎知識を学ぶべきであるとダイエットアカデミーでは考えています。

ほとんどの母親のダイエット知識は、

テレビや週刊誌などの受け売りに過ぎず、

ダイエットの基礎知識などは分かっておりません。★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0921.gif

1基礎代謝とは★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0906.gif

2又、生活エネルギーとは★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0906.gif

3一日の消費エネルギーと摂取エネルギーのバランスは★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0906.gif

4そして新陳代謝とは★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0906.gif

5BMIとは★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0906.gif

6交感神経と副交感神経の違いは★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0906.gif

7貴女の理想体重は★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0906.gif

などという質問をしたら、わからないことも多いと思います。
2_2そこで、
まず母親である貴女がダイエットの知識や理論を学ぶべきだと考えます。

そうすれば、もちろんお子様にも尊敬される母親であり、
ご主人にも信頼される奥様になれることは間違いありません。

家族の健康はお母さん★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0913.gif
貴女が守ってください★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0913.gif

S.fuk★☆★ダイエットのカリスマ福崎会長ブログ★☆★-01A0413.gif
★★ダイエットマスター携帯サイトはこちら(資料請求)→ http://dietacademy.jp/i

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月11日 (木)

ダイエット情報リサーチ!

インターネットリサーチによる「ダイエットに関する情報収集は何ですか★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0906.gif」との質問に対して、

11テレビの情報番組 45.0%

2インターネットの美容・健康サイト 22.9%

3美容・健康系の雑誌記事 22.8%

4友人・知人 20.4%

5インターネット広告 20.2%

6テレビ CM 18.3%

7インターネットの口コミサイト 17.2%

8雑誌の広告 15%

9ドラッグストアの店頭広告 14.6%
と、続きました。

中でもテレビの情報番組が群を抜き、
二位以下を二倍以上も引き離しています。

それだけテレビの情報番組は観られている訳ですから、
正しいダイエット情報を伝えなければなりません。

数年前に話題になりました、
『納豆ダイエット』などのように、いい加減なダイエット話では困るのです。

ダイエットの正論は、1に節食★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0913.gif
2に運動★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0913.gifが基本です。★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0543.gif

付け焼き刃のようなダイエット知識ではうまく行きません。

仮に一時的にダイエットに成功しても、
基本が理解出来ていなければ、
あっという間にリバウンドしてしまいます★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0913.gif

『ダイエットは一日にして成らず』を肝に命じ頑張って下さい★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0913.gif

S.fuk★☆★ダイエットのカリスマ福崎会長ブログ★☆★-01A0413.gif
★★ダイエットマスター携帯サイトはこちら(資料請求)→ http://dietacademy.jp/i



Get the new Internet Explorer 8 optimized for Yahoo! JAPAN

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月10日 (水)

ダイエットと運動!

健康的に上手にダイエットするには、
運動を併用する事が欠かせません★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0913.gif

しかし、
実は運動による消費エネルギーはさほど大きなものではありません。

例えば、30分歩いたあとにバナナ1本食べれば差し引きゼロになってしまいます。★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0527.gif★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0649.gif

1それでも運動が大切なのは、

ダイエットを進める上で、
運動が色々と重要な役割を果たすからです★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0913.gif

ダイエットする時に、食事を減らすだけで運動を併用しないと、

本来減らすべき体脂肪の他に、
骨や筋肉などの、
いわゆる除脂肪活性組織までが減少し、

やつれたり、プロポーションが悪くなるという弊害が起こります。★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01A0917.gif

軽度肥満の男性を1ヶ月間、

1減食のみで減量した群と、

2減食に運動を併用した群に分けて減量経過を観察したところ、

両群とも同程度の減量に成功しました。

しかし、
運動併用群では除脂肪活性組織の減り方が少なく、
体脂肪が効果的に減少している事が明らかになりました。★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01A0550.gif

つまり、
運動を併用すると、骨や筋肉などの除脂肪活性組織は減りにくく、
体脂肪が効率よく減っていくのです。★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01A0550.gif

S.fuk★☆★ダイエットのカリスマ福崎会長ブログ★☆★-01A0413.gif
★★ダイエットマスター携帯サイトはこちら(資料請求)→ http://dietacademy.jp/i

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 9日 (火)

体重停滞期の克服法!

体重停滞期は、一度だけではありません。
減量中に何度か遭遇します★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0913.gif

そのたびに少しずつ生活習慣を修正していけるかどうかが、
実はダイエットを成功させる大きなカギになります★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01A0909.gif

体重が減っている時に心がけなければならない事として、

1時々、体脂肪を測定して減量法が正しいかどうかチェックする★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01A0909.gif
(筋肉量や骨量が減っていないかもチェック!)

2定期的に健康診断を受け、病気による体重減少ではない事を確認する★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01A0909.gif

また、体重が減らなくなったら、

11諦めないで体重増減グラフをつける。

2これまで通り、食事療法・運動療法を続ける。

3生活習慣の改善が出来ているかどうかチェックする。

4食事日記・生活活動日記を点検し、他に太りやすい原因が残っていないか見直す。★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01A0550.gif

★★ダイエットマスター携帯サイトはこちら(資料請求)→ http://dietacademy.jp/i

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 7日 (日)

体重停滞期とダイエット!

ダイエットを始めると、
最初の1~2週間は目にみえて体重が減少します。

この時期には、主に身体から余分な水分が抜けていくからです★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0913.gif

ところが3~4週間もすると、

減量のスピードが鈍くなったり、

体重が全く動かなくなる事があります。

1ある程度、体重が減ってくると、

身体はこれ以上、体脂肪を減少させないように、
少ない食事でも利用効率が高まるよう基礎代謝を少なくします★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0913.gif

すると、体重の減少にブレーキがかかった状態になってきます。

これを体重停滞期と呼んでいます★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0913.gif

体重停滞期というのは、

実は、
人体が飢餓の状態を乗り越えて生き延びようとする素晴らしい適応現象でもあるのです★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0913.gif

体重停滞期は、
普通1~2週間ぐらい続きます。

減量に失敗する人のほとんどは、
この時期に挫折してしまいます★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0851.gif

あきらめて元の生活パターンに戻ったり、
イライラして食べたりすると体重はすぐリバウンドしてしまいます。★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01A0550.gif

体重が減らなくなったら、

まず諦めない事が大切です★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0913.gif

この時期は、
いわば出口のあるトンネルと同じです★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01A0909.gif

2摂取カロリーが消費カロリーを数百キロカロリーでも下回っている限り、
必ず痩せていく理屈になるからです★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0913.gif

S.fuk★☆★ダイエットのカリスマ福崎会長ブログ★☆★-01A0413.gif
★★ダイエットマスター携帯サイトはこちら(資料請求)→ http://dietacademy.jp/i

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月31日 - 2011年8月6日 | トップページ | 2011年8月14日 - 2011年8月20日 »