« 2011年8月28日 - 2011年9月3日 | トップページ | 2011年9月11日 - 2011年9月17日 »

2011年9月4日 - 2011年9月10日

2011年9月10日 (土)

積極的にウォーキングダイエット!

1_2 一日一万歩を歩くと約300kcalを消費することが出来ます。★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01A0550.gif

300kcalという消費エネルギーは、

運動不足を解消して、
肥満や肥満による病気を予防するのに適当な運動量であるとして、
厚労省が提唱しているものです★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01A0909.gif

例えば、
半月の一日平均歩数が5000歩であった場合、
次の半月では、
これより1割増の5500歩を目指しましょう。

このようにして、1~2割ずつのレベルアップを図り、
焦らずゆっくり1万歩へ到達します。★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0075.gif

但し、
漫然と1万歩を歩いても運動の効果は期待出来ません。
正しい歩き方でリズミカルに歩くことが大切です。
少しずつ速度も上げていきましょう★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01A0909.gif

歩数を増やす為には、次のような工夫が望まれます。

2_21朝、少し早く起きて歩く。

2駅のホームでは階段から遠いところまで歩いて電車を待つ。

3電車やバスはひと駅手前で降りて歩く。

4エスカレーターやエレベーターはなるべく使わないで歩く。

5仕事をしながら積極的に歩く。

6 昼休みを利用して歩く。

7車で外出したら、目的地より遠く離れた場所に駐車する。

8車や自転車はなるべく使わない。

9買い物などはなるべく遠回りしていく。

10夕食後や就寝前に歩く、等々…

本当にダイエットをしたかったら、
有酸素運動やレジスタンス運動を積極的に取り入れ、

“間違いだらけのダイエットは、
そろそろ卒業しようではありませんか★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01A0909.gif

S.fuk★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01A0413.gif

★★ダイエットマスター携帯サイトはこちら(資料請求)→ http://dietacademy.jp/i

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 8日 (木)

ダイエットとウォーキング!

ウォーキングは有酸素運動の中でも、
もっとも強度の低い運動ですが、
長時間おこなえて、

1しかも、

「いつでも、どこでも、一人でも★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0913.gif」と、

自由にやる事が出来ます。

また、誰でも安全に、自分に合ったペースで、
楽に実践する事が出来ます。★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01A0930.gif

ウォーキングを続けると、
年齢とともに低下する基礎代謝を維持し、
高めていくことも可能です。

また、糖尿病や高血圧、高脂血症などの生活習慣病の治療や予防にも役立ちます。

余分な体脂肪を効率よく減らすには、

「乗るより歩け★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0913.gif」の生活をする★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0913.gif

の一語に尽きるでしょう★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01A0909.gif

歩く事を実践するには、
まず歩数計を準備しましょう。
(今は携帯に万歩計がセットされている便利な携帯電話もあります★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0576.gif)

2朝起きたら、
必ず歩数計を腰に付け、
夜寝る前に外して一日の歩数を記録します。

これを一週間続けて、
一日あたりの平均歩数を計算します。

一日7000歩以下だと運動不足とみなされます。★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01A0550.gif

S.fuk★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01A0413.gif

★★ダイエットマスター携帯サイトはこちら(資料請求)→ http://dietacademy.jp/i


| | コメント (0) | トラックバック (0)

きつすぎた男性腹囲基準、逆に甘かった女性腹囲基準!

知らない人も多いと思いますが、

メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の
適正な診断基準を検証していた、
厚労省メタボ研究班は2010年2月9日、(約一年半前)

診断の必須項目の腹囲の数値によって、
1心筋梗塞や脳梗塞の発症の危険性を明確に判断することは出来ない★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0913.gif

という大規模調査(国内三万人超)の結果をまとめた★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0913.gif

それまでの腹囲基準

男性85センチ以上、
女性90センチ以上の

科学的根拠を覆すもので、
診断基準の見直しに影響しそうだ★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0913.gif

現在の診断基準は、

腹囲に加え、血糖値、高脂血症、血圧の三項目のうち、

二つ以上で異常があった場合、
メタボと診断され、
保健指導の対象となる。

しかし他の先進国に比べ、
男性の腹囲基準は厳しすぎる、
女性の基準は逆に甘いと批判されていた★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0913.gif

という記事がインターネットで発表されていましたが、

現在までの腹囲基準は、
上記の理由から多くの医学関係者や関連機関などから見直しを迫られていた事でした。

WHO(世界保健機関)が発表しているアジア人の腹囲基準は、


2男性90センチ、
女性80センチ以上が

有病率が高くなるとなっています。

ですから今回の発表で、
今までの
男性85センチ以上、★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0906.gif
女性90センチ以上★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0906.gif

といわれていたメタボ基準が、
いかにアバウトな数字であったか、よく理解出来たと思います★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0913.gif

S.fuk★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01A0413.gif

★★ダイエットマスター携帯サイトはこちら(資料請求)→ http://dietacademy.jp/i


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 7日 (水)

有酸素運動の代表ウォーキング!

最近の研究では、30分継続して歩いても10分ずつ合計30分歩いても、
体脂肪の燃焼には大差がないことが明らかになりました。★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0428.gif★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0427.gif

ウォーキングは有酸素運動の代表ですが、

時間が無いから出来ないというのではなく、
普段の生活の中で少しでも歩く機会を増やす事が重要です。★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0428.gif


1最近は「身体活動能力」という言葉も注目されています。

これは日常生活の中でよく動き、
活動的な生活を送る能力の事です★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0913.gif

改めて運動に取り組むことも大切ですが、

普段の生活の中で、

「こまめに★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0913.gif

身体を動かすことが、より大切なのです。★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0455.gif

日頃から身体を動かしている人は、
そうでない人に比べて基礎代謝が高く、太りにくいことも知られています★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0913.gif


S.fuk★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01A0413.gif

★★ダイエットマスター携帯サイトはこちら(資料請求)→ http://dietacademy.jp/i

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 6日 (火)

慢性的肥満状態の先進国!

あなたは『世界的肥満』という言葉をご存知ですか★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0906.gif

WHO(世界保健機関)2008年、最新の統計によりますと、

先進国の中でも、
1位アメリカ 66,7%、
2位ドイツ 66,5%
3位イギリス 61%
4位カナダ 59,1%
5位オーストラリア 49%

と、多くの国々の人々がBMI25以上のオーバーウェイト、
つまり慢性的肥満状態にあることが発表されています。

これは、
1 
1ひとえに高カロリー食品の摂りすぎであり、

2そして便利なファーストフードに頼る食べ過ぎナイフとフォークしょぼん

更にインターネットの普及などによる、

3慢性的運動不足による消費カロリーの減少に他なりません。

そして、日本でも事情は同じです★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0913.gif

ファーストフードでの食事の増加や、
パソコン依存による運動不足などで、
現代人は肥満傾向にあり、

日本の約1300万人の男性、
約1000万人の女性が慢性的肥満の傾向にあると言われています★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0920.gif


S.fuk★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01A0413.gif

★★ダイエットマスター携帯サイトはこちら(資料請求)→ http://dietacademy.jp/i


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 5日 (月)

有酸素運動とレジスタンス運動のダイエット効果!

私達が運動を開始すると、
エネルギー源として最初に消費されるのは

1血液中の糖分、
2そして次に筋肉や肝臓に蓄えられているグリコーゲンという糖質です。

これが燃焼していくと、やがてゆっくり

3体脂肪がエネルギー源として燃え始めます。★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0077.gif

体脂肪は20分くらいかけて、ゆっくり温めなければ火がつかず、
燃える際には多量の酸素を必要とします★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0077.gif★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0913.gif

◎従ってダイエットのためには、


11ゆっくり長時間おこなえる運動で、

2同時に体内に酸素をたくさん取り込める動的運動、

つまり有酸素運動が最適なのです★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0913.gif

動的運動には、100mダッシュのような無酸素運動もありますが、

これは殆ど筋肉中のグリコーゲンを消費するだけで終わり、
体脂肪が燃えるまでには至りません。★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01A0550.gif

もちろん、元気に引き締まった身体にダイエットするためには、
有酸素運動だけでは当然足りません★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0913.gif

筋肉を引き締めるレジスタンス運動(筋力トレーニングなど)も当然必要になってくるのです。★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0543.gif


S.fuk★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01A0413.gif

★★ダイエットマスター携帯サイトはこちら(資料請求)→ http://dietacademy.jp/i

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 4日 (日)

ダイエットの知識や理論を学ぼう!

1 インターネットリサーチ調べによる、

〔ダイエット方法〕の上位では、

1食べ物に気を付ける。 58.2%

2間食の量や回数を減らす。 42%

3食事の量や回数を減らす。 40.9%

4ウォーキング・ジョギング。 36.2%

5ストレッチ・筋力トレーニング。 29%

6薬やサプリメントなどを利用。 17.6%

7半身浴。 10%

などのダイエット方法に人気があるようです。

中には、あまり感心しないダイエット方法もありますが、

何をやっても最低三ヶ月間も続ければ、それなりの減量は達成出来ますし、

痩せること自体はそれほど難しい問題ではありません★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0913.gif

難しいのは、
せっかく痩せた体型をいかに継続させるかだと思います。

食事や間食を控えれば、摂取カロリーが減少しますから痩せて当然です。

しかし、痩せたからといって油断し、
食事や間食を元に戻したら、
あっと言う間にリバウンドしてしまいます。★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0920.gif

痩せる時は筋肉も一緒に痩せますが、
リバウンドする時には筋肉は一緒に戻ってくれません。★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0920.gif

これが一番問題です★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0913.gif

ダイエット・リバウンドと繰り返すうちに、
だんだん脂肪過多の大きな肥満体へと変貌して行きます。★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0920.gif

2リバウンドしないダイエットは、世の中でたった一つしか存在しません★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0913.gif

まずダイエットを学ぶこと。
そして、有酸素運動やレジスタンス運動などをやりながら体質改善を行い、
正しいダイエットをした場合のみです★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0913.gif

ダイエットしたければ、
1まずご自分の基礎代謝量や生活エネルギーの確認、
2そして摂取エネルギーと消費エネルギーの確認、
3日々行われている新陳代謝などについて、

詳しく学ぶことです★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0913.gif

S.fuk★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01A0413.gif

★★ダイエットマスター携帯サイトはこちら(資料請求)→ http://dietacademy.jp/i

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月28日 - 2011年9月3日 | トップページ | 2011年9月11日 - 2011年9月17日 »