« 2011年9月25日 - 2011年10月1日 | トップページ | 2011年10月9日 - 2011年10月15日 »

2011年10月2日 - 2011年10月8日

2011年10月 8日 (土)

痩せたい意志と知識と理論!

ダイエットとは、
1痩せたい意志と、
2痩せる知識と、
3太らない理論を知っていれば簡単に痩せることが出来ます!

1つい先月の9/1日、
筑波大学の研究チームが痩せたい意志と太らない知識があれば、

1ヶ月で4~5キロのダイエットは可能であり成功者もいっぱいいると紹介されていました。

私共ダイエットアカデミーでも、
2~3ヶ月で4~5キロ痩せたとか、
半年で12~13キロ痩せたなどという生徒さんはいっぱいいます。

まず健康のため、
またはカッコいい細身の服を着るため、

絶対痩せるんだという本人の強い意志がないと痩せられません!

そのあとで、痩せる為のノウハウを学ぶのです!

2テレビや雑誌の受け売りではなかなか痩せません!
自分で痩せる為の知識や理論を学んでこそ、初めてダイエットのスタートラインに立てるのです!


S.fuk★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01A0413.gif

★★ダイエットマスター携帯サイトはこちら(資料請求)→ http://dietacademy.jp/i



| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダイエットしたい人は生活活動記録を付けてみましょう!

1痩せたい人は、
まず初めに医学的チェックをしてみましょう!

そして
1運動をしてよい、

或いは、
2運動の必要があるとの結果が出たら、

まず、自分の現状の日常活動量を記録にして把握してみましょう!

そして、自分自身に合った無理のない運動計画を立てることが大切です。

そのためには、

21「生活活動日記」と

2「歩数記録」を付ける事が基本になります。

この記録から運動不足の実態を正確に把握し、
その上で現在の自分に見合った軽い運動から少しずつ始めましょう。★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01A0550.gif

運動は、全力で目一杯しないと達成感を得られにくいのですが、
体重を減らすための運動ではやりすぎは禁物です。

特に、以前運動をしていた人は、
自分の能力を過信しがちですから、
気をつけたいものです!

もっと出来そうだと思っても、ゆとりのあるところで切り上げるのが安全です。

S.fuk★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01A0413.gif

★★ダイエットマスター携帯サイトはこちら(資料請求)→ http://dietacademy.jp/i


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 7日 (金)

健康的な生活を送る秘訣!

1健康的な生活を送る秘訣として、

「一無、二少、三多」(いちむ、にしょう、さんた)

という標語がよく知られています!

1一無はタバコを吸わない。

2二少は少食と少酒です。

3三多は多動、多休、多接で、

多くの人、事、物などに接し、
仕事以外の生き甲斐を発見し、
実り豊かな生活を楽しむ事を意味しています!

そのような生活をしていれば、
自然に交感神経も活発になり、
また多動により基礎代謝も上がっていくという意味です!

「一無、二少、三多」、
もう一度、よく噛み締めてみたい言葉です!

S.fuk★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01A0413.gif

★★ダイエットマスター携帯サイトはこちら(資料請求)→ http://dietacademy.jp/i

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 6日 (木)

正しいダイエットとは!?

1世の中のダイエッターが勘違いしている事の一つに、
ダイエットとは、ただ単に体重を減らす事だと考えている人が多い事です!

体重を減らすだけなら、
サウナに入り汗をかいても、体重は何百グラムから1キログラムくらいは簡単に減りますし、

トイレに行っても何百グラムかの体重減はみられます。

またジョギングなどで汗だくになるまで走り、体重を減らす事も可能です。

ですから、水分を絞り出して体重を減らす事をダイエットとは呼びません!

例えば、42.195㎞のフルマラソンを走ったとして、
体重は5㎏も6㎏も減るかも知れませんが、

体脂肪そのものはたった330グラムほどしか燃焼しないとされているのです。

フルマラソンを一回走ると、約2400kカロリーのエネルギーを使うとされていますから、

体脂肪1㎏を減らそうとしたらフルマラソンを三回も走らなければならない計算になる訳です。

あくまで体重とは、
血液をも含めた水分量、
また体脂肪量、筋肉量、骨量など、
全部含んだ合計の重さです!

減食だけで体重を減らすと、
体脂肪も減りますが、
初めに抜け出すのは水分であり、
また筋肉も細くなります。

ですから全体的に体重は減りますが、
それは正しいダイエットではありません

あくまで正しいダイエットとは、
筋肉は減らさず、
余分な体脂肪を減らすこと!

これが正しいダイエットです!

2その為には、
痩せる時にこそレジスタンス運動(筋力強化運動)に励み、
また体重を戻す時にもレジスタンス運動に励まなければなりません!

食事と運動!
この両輪が噛み合い、
体重を減らしてこそ、
正しいダイエットに成功したと言えるのです!


S.fuk★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01A0413.gif

★★ダイエットマスター携帯サイトはこちら(資料請求)→ http://dietacademy.jp/i

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 4日 (火)

デンマークの脂肪税に賛否!

 デンマーク、世界初の「脂肪税」導入 平均寿命延ばす〓
 
デンマーク政府は国民の平均寿命を延ばすため、1日から「脂肪税」を導入し賛否両論を呼んでいる。
 
バターなどの動物性脂肪に多く含まれる「飽和脂肪酸」を一定以上含む食品に対する課税を開始。
 
政府は食生活の改善を目指し、心臓疾患などの生活習慣病を予防するため、3月に導入を決定した。
脂肪への課税は世界初という。(スポーツ報知)
(ヤフートピックスより〓)
 
 
ここ50年ほどの間に、
脂肪の構成成分である脂肪酸の研究が進み、
脂肪酸の種類によって体内での働きがかなり異なっていることが分かってきました
 
その結果、身体によい脂肪の摂り方も少しずつ明らかになってきています。
 
動物性油脂に含まれる「飽和脂肪酸」は血液中のコレステロールを増やすのに対して、
 
植物性油脂に含まれる「不飽和脂肪酸」のリノール酸はコレステロールを減らすという説はよく知られています
 
この説が発表された時、リノール酸をたくさん含むコーン油、大豆油、マーガリンなどは一時大人気になりました。
 
一般に飽和脂肪酸を多く含む油脂は、
バターやラード等のように常温では個体なのに対して、
 
不飽和脂肪酸が多い植物油は液体なので、
両者は簡単に区別がつきます
 
そこで単純に個体油を控え、
液体油脂をたくさん摂ってさえいれば、
動脈硬化の予防と健康増進に役立つと長い間信じられて来ました。
 
しかし、リノール酸は動脈硬化を進める悪玉のLDLコレステロールを低下させるものの、
 
一緒に善玉のHDLコレステロールまで減らしてしまうマイナス面も併せ持つことも分かって来ました。
 
なお、ハンガリー議会ではポテトチップスなどのスナック菓子や高カロリーの清涼飲料水など健康に良くないとされる加工食品に課税する新法を成立させました
 
新税は「ジャンクフード税」などと呼ばれ、
 
世界保健機関(WHO)は、この種の税はデンマークに続き二例目ではないかとしている
 
この機会に詳しくダイエットと食生活を学びたい方は「ダイエットマスター資格講座」資料請求をお待ちしています。
S.fuk
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 3日 (月)

ダイエットの四分類!

痩せる為にはいろいろなダイエット方法がありますが、

突き詰めると、

1絶食系ダイエット
(置き換え系なども含んで考えています)

2薬剤系ダイエット

3外科手術系ダイエット

4カロリー計算系ダイエット
 
1と、四つに大別されます!

その中でも外科手術系ダイエットと、
薬剤系ダイエットは、
ある程度の危険を伴うダイエット方法であると、
常々警鐘を鳴らして来ました。

どんなダイエット方法に挑戦しても、
それぞれ一長一短があり、
どのダイエット方法が完璧であるとは言えません。

しかし薬剤系ダイエットや、
外科手術系ダイエットなどは、
一歩間違えると死に直結した例がいくつもある恐いダイエット方法だと、
肝に命じておく必要があります。

最近では、
某美容外科クリニックで脂肪吸引での事故死がありましたし、

数年前には、
漢方の「天天素」なるダイエット系薬剤を服用した人が5~6人死亡し、
数百人の人達が救急病院に運ばれました。

日本ダイエットアカデミー協会が推奨するダイエットは、
カロリー計算系ダイエットであり、
一番身体に優しく、
事故の起こりにくいダイエット方法です!

簡単に言えば、

自分の基礎代謝量を把握し、
一日の総摂取カロリーを自分の基礎代謝量まで下げ、
ウォーキングなどの運動も併用すれば間違いなく痩せるというものです。

しかし、いくらカロリー計算系ダイエットとはいえ、
何年間も続けるというのではなく、
取り敢えず三ヶ月単位で続け、
そして体重の落ち方をみて、
次の三ヶ月に進むべきか否かを考えるべきであると思います!

一年以上続けると身体に支障を起こす恐れがあります。

ただ、基礎代謝量というものは、
人によって多少違いますから、

2_21まず自分自身の体組成を正確に知ること!
(基礎代謝量、BMI、体脂肪率、水分量、骨量、筋肉量、生活エネルギーなど)

2そして最低限のダイエット知識や理論を学ぶこと!

が、ダイエットの第一歩となります!
(1カ月ほど前、9/1、フジテレビのニュース でも取り上げられていました)

闇雲にただ摂取カロリーだけ減らせばいいというものではありません。

小、中、高、大と、学校ではダイエットの授業はありませんでした。

最低限の知識や理論を学び、
ご自身や家族の健康を守る意味でも、
ダイエットマスターにチャレンジしようではありませんか!

S.fuk★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01A0413.gif

★★ダイエットマスター携帯サイトはこちら(資料請求)→ http://dietacademy.jp/i

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界中の学校でダイエットの授業が行われない訳!

1当協会では、
誰でも簡単に痩せる事が出来る知識や理論を啓蒙しながら、

せっかく学んだ知識や理論を、何らかの形で残せないものかと、
検定試験をおこない、

その合格者に対して、
資格としての認定証を発行しています!
(平均取得期間、1週間)
(合格率、99%)

認定する資格は、
1レギュラーダイエットマスター資格
2シニアダイエットマスター資格
(内閣府認証NPO日本ダイエット肥満研究学会認定資格)
の、二種類となっています。

2008年4月より、
生活習慣病予防のためメタボ健診も法制化されました。

昨今では東日本大震災で、
殆んどの国政が、今はその復興策に費やされ、
一般的な諸問題は語られることが少なくなりましたが、

以前では肥満問題に関しては、国を挙げての撲滅運動が為されておりました。

この時代、世界的肥満と言われているにもかかわらず、

現代社会に於いては、
高カロリー食品の過剰摂取が日常茶飯事であり、

またパソコン依存などでの運動不足も肥満の原因として挙げられていました。

しかし、本当に大切な事はそれだけではありません。

つい一ヶ月ほど前、フジテレビのニュース でも取り上げられていましたが、痩せたい意志と知識、理論があればダイエットなど簡単なのです!

学校ではダイエットの授業はありませんでした。

実は学校でダイエットの授業が無いことのほうが本当は不思議?なのです!

それは、もし授業があったなら、
国として太りやすい食品を選別することになり、
エンプティ食品業界の一部をバッシングしてしまう危険性があるからです!

でも、
太りたくない!
健康は一番!
いつまでも元気な自分でいたい!

と考える方は、

生涯に於いて、
一度は何処かで、
正しいダイエットの知識や理論を学ばなければなりません!

それが「ダイエットマスター資格講座!」なのです。

S.fuk★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01A0413.gif

★★ダイエットマスター携帯サイトはこちら(資料請求)→ http://dietacademy.jp/i

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 2日 (日)

夜八時以降プチ断食のすすめ!

1以前、ヤフーサイエンスに、

なる記事が載っていました。

これは
1夜八時以降、朝起きるまで固形物は口にしないこと!

2アルコールやカロリーのある甘いドリンクなども同様!

3水やお茶などは自由に飲んでもよい事とする。

【日経ウーマンオンライン(日経ヘルス)】

大発見!
夜八時以降の「ダラダラ食い」が太る原因でした。

というような記事です。

夜の「ダラダラ食い」が太る原因というのは、
ダイエットマスターのEラーニング でも、
教本でも、
また資料請求の際に送付するパンフレットでも、
ダイエットアカデミーが力説している事です!

多くの人に最低限、覚えておいて欲しいことは、

自律神経には、交感神経と副交感神経があり、
夜になると副交感神経が活発化します。

簡単にいえば交感神経は、

2昼間働きエネルギーを発散させる神経

副交感神経は夜に活発になり、
身体の修復と共にエネルギーを溜め込む神経だという事です!

ですからエネルギーを溜め込む副交感神経の時間帯に食事をすると、
昼間の時間帯に比べて14倍から20倍も吸収率が高いとの説があるほどです。

S.fuk★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01A0413.gif

★★ダイエットマスター携帯サイトはこちら(資料請求)→ http://dietacademy.jp/i




| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年9月25日 - 2011年10月1日 | トップページ | 2011年10月9日 - 2011年10月15日 »