« 2011年10月30日 - 2011年11月5日 | トップページ | 2011年11月13日 - 2011年11月19日 »

2011年11月6日 - 2011年11月12日

2011年11月12日 (土)

「10・20 ・30運動」の薦め!

 体重は減ったが、
腕もお腹もたるんでしまってブヨブヨという人は案外多いものです。
 
これは減量中に筋肉を鍛えなかったためです。
 
ダイエットは有酸素運動と共に、筋肉を鍛えるレジスタンス運動(筋力トレーニング)もしっかり行う必要があります。
 
だからと云って、我々ダイエッターは競技者ではありませんので、焦らず気楽に行いたいものです〓。
 
手軽に出来るのは、
テレビを観ている時に行う体操です。
ダイエットアカデミーでは、
これを「CM体操」と呼んでいます
 
テレビの一時間番組には、必ず1〜2分のCMタイムが10回近く入ります。
CMが入るたびに体操をすると、
一時間で10分間前後の筋力トレーニングが出来る計算です
 
ダイエットアカデミーでは、CM体操の代表として「10、20、30運動」を推奨しています
 
CMが始まったら腕立て伏せ10回。
また始まったら腹筋20回。
次に始まったらスクワット30回というように、
自由に組み合わせて行うことが出来ます。
 
お菓子や他のエンプティ食品と違い、
こちらCM体操は意識して「つまみ食い」をしてみましょう
 
これがダイエット後のたるみを防ぐコツであることは言うまでもありません
 
他にもCM体操はいっぱいありますので、
簡単な運動で筋肉を落としたくない方は「ダイエットマスター資格講座」資料請求をお待ちしています。
S.fuk

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月11日 (金)

ダイエット時の運動は何が最適か?いつでも、どこでも一人でも!

理想的なダイエット食は、
低エネルギーバランス食であり、
その代表は糖尿病治療食か、プリズンレシピである事に異論はありません
しかし、食事療法のみを長期間実践すると、
理想的なダイエット食は、
低エネルギーバランス食であり、
その代表は糖尿病治療食か、プリズンレシピ である事に異論はありません★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0913.gif
しかし、食事療法のみを長期間実践すると、
筋肉や骨などの除脂肪組織まで痩せてしまい、
また基礎代謝が低下するなどの問題が浮上してきます。★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01A0916.gif
1(僕は、限度、半年から長くても一年以内であろうと考えています。
今、食事療法だけのダイエットで、僕の体重が約4ヶ月間で66㎏から、今朝計ったら62.5㎏{BMI-21.37}まで減って来ました。)
このような食事療法のみの欠点を補う目的で、

運動療法の併用が大きく重要視されてきます。★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01A0550.gif
ウォーキングやジョギング、そして腕立て伏せや腹筋運動、またスクワットなどです★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01B0913.gif
ダイエットアカデミー協会では、
筋力トレーニングの一環として、
1腕立て伏せ10回、
2腹筋20回、
3スクワット30回を
「10、20、30運動」と称し推奨しています。
これらの筋力トレーニングは自宅でも簡単に出来ますので、
一日おきくらいの割合で実行することをお勧めします。
ダイエット中の運動は、あまり無理をせず
2「いつでもどこでも一人でも★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01A0909.gif
を合言葉に気軽に行いたいものです。

その意味でも、
テレビのコマーシャルが始まったら行うCM体操などは、
ダイエット時の運動には最適かと思われます。
正しいダイエットには、
有酸素運動だけでなく、
筋力トレーニングも絶対欠かす事の出来ない重要な運動なのです★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01A0909.gif
S.fuk★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01A0413.gif
★★ダイエットマスター携帯サイトはこちら(資料請求)→ http://dietacademy.jp/i

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 9日 (水)

ポリフェノールと赤ワイン〓

古くからヨーロッパ諸国では、

肉や乳脂肪を多く摂る国の国民ほど、
心臓病による死亡率が高いことが定説になっていました。

1しかし、フランス人だけは例外で、
動物性脂肪をたくさん摂っている割に、
心臓病の死亡率はヨーロッパ諸国で一番低かったのです!

このフランス人特有の矛盾は、
フレンチパラドックス(フランス人の逆説)と呼ばれて、
長年、学者達を悩ませて来ました。

ところが、
1993年になって、この「謎解きの鍵」として、
アメリカの研究者が発表したのが、

フランス人が常に飲んでいる「赤ワイン」にたくさん含まれている「ポリフェノール」という物質でした!

アメリカのテレビがこの話題を紹介するやいなや、
全米の酒店から赤ワインが姿を消してしまったというほどの一大ブームが巻き起こったのは有名な話です!

「ポリフェノール」は赤ワインの赤色の元になっている物質です。

赤ワインは白ワインよりも高温で皮や種も一緒に発酵させるため、
白ワインの十倍近いポリフェノールがたっぷりと抽出されています。

1994年に、国立健康栄養研究所が、
赤ワインのポリフェノールには動脈硬化を防ぐ働きがある!

と研究結果を発表して以来、

日本にも赤ワインの人気は海を越えて飛び火して来ました。

2「肉料理には赤ワイン」といった先人の知恵は、実は理に叶っていた訳です!

しかし、健康によい赤ワインといっても、
もちろん飲み過ぎは身体を壊します。

なぜならフランスは、
世界で最も肝硬変や膵臓病による死亡率が高い国でもあるからです!

赤ワインの適量は一日にグラス1~2杯程度で十分に効果が発揮されると言われています。

S.fuk★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01A0413.gif

★★ダイエットマスター携帯サイトはこちら(資料請求)→ http://dietacademy.jp/i

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダイエットの課題は内臓脂肪の撃退とリバウンド防止!

体重は減ったが、
腕もお腹もたるんでしまってブヨブヨという人は案外多いものです。

1これは減量中に筋肉を鍛えなかったためです。

ダイエットは有酸素運動と共に、筋肉を鍛えるレジスタンス運動(筋力トレーニング)もしっかり行う必要があります。

だからと云って、我々ダイエッターは競技者ではありませんので、焦らず気楽に行いたいものです。

手軽に出来るのは、
テレビを観ている時に行う体操です。
ダイエットアカデミーでは、
これを「CM体操」と呼んでいます!

テレビの一時間番組には、必ず1~2分のCMタイムが10回近く入ります。
CMが入るたびに体操をすると、
一時間で10分間前後の筋力トレーニングが出来る計算です!

ダイエットアカデミーでは、CM体操の代表として「10、20、30運動」を推奨しています!

2CMが始まったら腕立て伏せ10回。
また始まったら腹筋20回。
次に始まったらスクワット30回というように、
自由に組み合わせて行うことが出来ます。

お菓子や他のエンプティ食品と違い、
こちらCM体操は意識して「つまみ食い」をしてみましょう!

これがダイエット後のたるみを防ぐコツであることは言うまでもありません!

他にもCM体操はいっぱいありますので、
S.fuk★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01A0413.gif

★★ダイエットマスター携帯サイトはこちら(資料請求)→ http://dietacademy.jp/i

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 8日 (火)

ダイエットとリバウンド!

 ダイエットは誰でも気軽に出来る健康法ですが、
 
ダイエットのもっとも重要な課題は、
 
減った体重のリバウンドを出来るだけ防止する事です
 
さまざまなダイエット商品で、
【何キログラムのダイエットに成功
と謳ってありますが、
 
それは単に、
〓絶食系の置き換え商品や
 
〓薬剤系の下剤の類いなどで、
一時的に体重が減っただけです。
 
絶食系の置き換え商品を生涯飲み続ける訳にはいきませんし、
 
また、薬剤系の下剤を生涯飲み続ける訳にもいきません。
 
それらのダイエットは、
置き換え商品や薬を止めた途端、
体重はあっという間にリバウンドを起こしてしまいます。
 
リバウンドしては痩せ、
 
またリバウンドしては痩せと、
 
その繰り返しを続けると、
いわゆる「ウェイトサイクリング」に陥り、
 
筋肉は衰え、
体脂肪だけ増加した、
痩せずらい体質へと変化してしまいます。
 
雑誌やチラシで見掛ける、
【ダイエット成功例】の、
三ヶ月後、半年後の写真を是非見てみたいといつも思っています。
 
【ウェイトサイクリング】に陥らないダイエットが理想的なダイエットであり、
 
そのためには、
行動修正療法などを駆使して、
 
太りにくいライフスタイルを作り上げる事が極めて重要であり、
 
これなくして肥満の抜本的解消は有り得ません
(痩せたからと油断して、元の食習慣に戻ってしまったらあっという間にリバウンドしてしまいます
 
なお、重度の肥満症に対して、
 
〓「超低カロリー食療法」や
 
〓「薬物療法」などがありますが、
 
これは食事や運動を中心とした、
一般的な治療法では十分な成果がみられず、
 
しかも病気治療のためにどうしても体重を減らさねばならないというような特殊なケースに対して、
 
短期間に限って、
医療機関の慎重な観察の下で実施される事があります。
 
昨今は安易に超低カロリー食でダイエットをしようとする若者達が多くみられますが、
これはリバウンドも激しく要注意です。
 
外科療法
(胃の部分的切除や脂肪吸引なども含めて)など、
 
これらの治療法は、
あくまでも重度の肥満症に対する「特殊療法」ということになります。
(昨年になりますが、某美容外科の脂肪吸引で二人ほどの死亡事故が発表されました)
 
リバウンドを防ぎたい方は「ダイエットマスター資格講座」資料請求をお待ちしています。
S.fuk

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダイエットは「食事が主で運動が従!」

 昔から歩く走るに代表される有酸素運動を30分ほど続けると、
体脂肪がメラメラ燃えるとよく言われて来ました
 
しかし、最近の研究から、
このメラメラという表現は明らかに言い過ぎであり、
体力の限界近くまで無理して走ったところで、
実は体脂肪はチビチビとしか燃えないという事が分かってきました
 
なぜなら、身体活動によって消費されるエネルギーは思いのほか少ないからです。
 
飢餓との闘いに明け暮れた進化の歴史の中で、
私達の身体は極めて少ないエネルギーでも効率よく運動出来る仕組みが完成されています
 
例えば、
フルマラソンを約二時間半で走破すると2400kcal前後のエネルギーを消費しますが、
 
体脂肪1kgの中には約7200kcalのエネルギーが蓄えられています。
 
そこでもし、
食事を制限せずにマラソンという代表的な有酸素運動だけで体脂肪を1kg燃焼させようとすれば、
 
フルマラソンを三回も走らなければならない計算になってしまいます。
 
もちろん、炎天下でフルマラソンを走破すれば体重は2〜5kgくらい簡単に減ってしまうかも知れません。
 
しかし、これは身体から水分が汗となって抜け出た為で、
 
体脂肪はせいぜい330g程度しか燃えていないという計算になります
 
つまり、有酸素運動だけで体脂肪を燃焼させる事は、
 
ほとんど不可能であり、
 
まず食事をきちんと制限する事が大前提という訳です
 
「食事が主で運動が従
 
というのがダイエットの大原則なのです
 
ダイエットの知識や理論を詳しく知りたい方は「ダイエットマスター資格講座」資料請求をお待ちしています。
S.fuk

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 7日 (月)

ダイエットは実は簡単なのです!

1ダイエットと云うものは、誰でもその気になればそんなに難しい問題ではありません!

ただ、ダイエットをしたい本人が真剣にやるかやらないか、

多少のダイエット知識があるか、ないか、それ次第だと思う訳です!

一般男性の基礎代謝量が約1400~1500kcal、

一般女性の基礎代謝量が約1100~1200kcalと言われていますから、

(一般男性とは身長170㎝±3~4㎝、
一般女性160㎝±3~4㎝位をダイエットアカデミーでは考えています。
それ以外の方は大きな人、小さな人と考えないとBMIの数値が当て嵌まりません!)

その基礎代謝の数値に、男性では約900~1100kcal、
女性では約800~1000kcalの生活エネルギーが加わり、

男性は一日の消費エネルギーが約2400~2500kcal、

女性は同じく約2000~2100kcalくらいかかる計算になります。

要は、日常の生活に於いて、
それ以上の余分なエネルギーを摂らないこと!

そして、そこから減らしたい体重を決めて、

一日何kcalを減らし、
それを1カ月続ければ(×30日)、

いったい何kcalのカロリーを減らせるのか?

そしてそれは何キログラム相当の減量になるのか、?
それを計算すれば良い訳です!

ただ、身長、体重によって基礎代謝量も生活エネルギー量も大きく違ってきます。

ですから一日の消費エネルギーも大きく変わるという訳です!

そこで多少のダイエット知識が必要になってきます!


2その知識や理論を教え、
その価値を資格にまで高めたのが日本ダイエットアカデミー協会の「ダイエットマスター資格!」なのです。

痩せる為には、様々なテクニックも必要になって来ます。
知っているようで知らないことも多々あります。

学校ではダイエットの授業はありませんでした。

肥満を嘆く欧米でもダイエットの授業はありません。

国家として、
太りやすいエンプティ食品や太りやすい他の食品をバッシングしたくないからです!

あくまで、太ろうが痩せようが、
個人の自由意志の問題だという訳です!

しかし、多少のダイエット知識を得ることにより、
それらは少なからず解消します。

S.fuk★☆★ダイエットマスター福崎会長ブログ★☆★-01A0413.gif

★★ダイエットマスター携帯サイトはこちら(資料請求)→ http://dietacademy.jp/i

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月30日 - 2011年11月5日 | トップページ | 2011年11月13日 - 2011年11月19日 »