« 2013年2月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年3月

2013年3月29日 (金)

食育

元々は明治時代からあった言葉のようですが、
よく耳にするようになったのは、
2005年に成立した「食育基本法」からであって、
食べ物をバランスよく食べる為の知識を身につける事や、
食品の選び方を学ぶ事なのだそうです。

しかし、ここは「ダイエットマスター」のホームページですので、ダイエットに片寄った食育について話してみたいと思います。

まず、真っ先に言いたい事があります!

ダイエットというと、皆さん炭水化物抜きダイエットをやっていると答える人が圧倒的に多いのです!

これは何故でしょう?

炭水化物=糖質は1g、4kcalのエネルギーしかありません。

脂質は1g、9kcalのエネルギーがあります。

また、タンパク質も糖質と同じ1g4kcalのエネルギーです。

お酒は純アルコールで、1g、7kcalもあります。

では何故、炭水化物抜きダイエットなのでしょう!?

何故かと言うと、炭水化物はご存知のように、ご飯、お蕎麦、うどん、ラーメン、パン、パスタなどに代表されるように殆どが主食です。

例えば、ご飯一膳で約
200kcalのエネルギーがあります。

美味しい塩鮭や漬け物でもあれば、若いうちならご飯など何杯でも食べられるでしょう。

ですから量を食べ過ぎてしまうのです。

アメリカに行ってディナーなどを観察していますと、まずパンがバスケットに乗って山のように出て来ます。

それをビールやワイン、シャンパンなどを飲みながら、たっぷりバターを塗り、一つ二つ、三つ四つと、気がつけば五つも六つも食べ、そのあと、メーンのお肉300グラムをペロリと平らげています。

ディナーだけで、一日の消費エネルギーを全て食べてしまう勢いです!

これでは太らない訳がありません。
パンを五つも六つもは明らかに糖質の摂り過ぎです。

でも糖質は日常の生活の中で無くてはならない三大栄養素の一つです。

人間は生活の中で三大栄養素をエネルギーに替え、生きています。
また糖質は脳の唯一のエネルギー源とも言われ、糖質不足では脳の回転が悪くなると言われています。

理想的な食物摂取は、糖質50〜60%、脂質20〜25%、タンパク質20〜25%、と言われており、糖質(炭水化物)抜きダイエットは正確ではありません!

あくまで糖質は、摂り過ぎる恐れがありますので気をつけましょう!と、この程度に考えておけばいいのです。

ダイエットをするのなら各栄養素を摂取割合によって等分に減らすダイエットが正しいのです。
糖質(炭水化物)だけ抜くなどというダイエットは身体を壊す原因に為りかねません!

日本ダイエットアカデミー協会では「学校で正しいダイエットを教えるべき!」が持論です。

いま世界的肥満の時代と言われているにも拘わらず、正しいダイエットを教えている公的機関はありません。

炭水化物抜きダイエットなどと間違ったダイエットは卒業し、
正しい食育を心掛けたいものです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月28日 (木)

痩せたい方!

実は、痩せる事は皆さんが考えているほど難しい問題ではありません!

人が痩せる場合、大きく分けて二つの理由があると考えられます!

一つ目は食べ物が無く、身体が飢餓状態のまま放っておかれる!
(まさに海、山に遭難したようなものと考えて下さい)

二つ目は、身体に単体または複数の臓器に異常があり食べたものを消化吸収出来ないような場合!
(例えば腸などを壊し、お腹を下してばかりいたらすぐ痩せます)

通常はこの二つ以外に痩せる理由は見当たりません!

現在行われている様々なダイエットは、この二つの原理を応用してダイエットを行おうというものなのです。

置き換え系のダイエット食品などは、まさしく身体に飢餓状態を起こさせる原理を応用したものですし、

薬剤系のダイエットなどは、お腹を下し、身体に軽い異常を起こさせる原理です。

一番簡単で合理的なダイエットは、それこそ「塀の中」での食生活を送ること!
これに優るダイエット方法はありません!

つい最近も某有名人が塀の中から生還しました。
たった二年弱でなんと95㎏から65㎏以下にダイエットされたとの
発表がありました。

塀の中では摂取カロリーが、男性一日1400〜1500kcal、女性一日1200kcalと制限されています。

これは一般男女の基礎代謝量のエネルギーであり、生活エネルギー分が入っていません。ですから簡単に痩せてしまう訳です!

かと言って我々一般人が、痩せたいから「塀の中」に入れて下さいとも言えません。

痩せたかったら、外で「塀の中」と同じ摂取カロリーで生活すれば痩せる理屈です!

ただ、人体には細胞の新陳代謝があり、60兆個とも云われる細胞の日々の生まれ変わりがありますので、
(一日約1千5〜600億個の細胞が生まれ変わっている計算になります。凄い事です!)


一日1500kcalの摂取カロリーでは満足な新陳代謝が行われるかどうかの不安があります!

ですからダイエッターは、ダイエットの目標数値を定め、過度な体重の減少を招かぬよう細心の注意が求められます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月13日 (水)

究極のダイエットは、な、なんと塀の中にあった!

究極のダイエットは、な、なんと塀の中にあった!

 「刑務所なう」シーズン2が出版されました。
早いもので堀江氏が収監されて一年と九ヶ月が過ぎました。
確か二年六ヶ月の刑期でしたから合計30ヶ月の服役という事になります。
 
でも仮釈放が30%くらいは貰える筈ですから、×0.7で21ヶ月
今月で丁度21ヶ月が過ぎようとしています。
 
ですから、少なくとも四月のゴールデンウィーク前後には晴れて仮釈放の運びとなるのではないでしょうか〓
 
「刑務所なう」に依りますと、その数ヵ月前、昨年11月時点で体重が65㎏を切ったようであります。
 
堀江氏の身長が173㎝との事ですから、
脂肪と同時に筋肉も痩せ、もうそれほど無駄な脂肪が付いているとは思われません。
 
あと痩せても精々4〜5㎏、
60㎏前後での仮釈放となりそうです。
 
しかし、なんと20ヵ月そこそこで35㎏ものダイエットに成功する事になるのです
 
173㎝、95㎏、BMI31.7の肥満度2から、
173㎝、60㎏、BMI20の普通体重に戻る事になります。
あと気をつけなくてはならないとすれば、
出所後のリバウンドだけ
 
まさしく「究極のダイエットは、な、なんと塀の中にあった」を身を以て体験する事になります
 
塀の中の男性は、摂取calが一日1400〜1500kcalと決まっていますから、
塀の中では、平均的な男性の基礎代謝量のエネルギーしか摂取出来ません。
 
まして堀江氏は95㎏も体重があったそうですから、
収監された当時は、多分、基礎代謝量2000kcal前後はあっただろうと推測されます。
 
それに生活エネルギーが加算されますから、 95㎏当時の一日の消費エネルギーたるや、3000〜3500kcalに達していただろうと思われます。
 
それが一日の摂取calが1400〜1500kcalに制限される訳ですから、
一日に1500kcal前後ものカロリー不足が生じてしまいます。
 
仮に一日1500kcalの不足が生じたとしたら、
1500×30日=45000kcal、
 
体脂肪1㎏のエネルギーは凡そ7200kcalですから、
45000÷7200=6.25
という事は、計算上、服役開始当時は一月間で5〜6㎏の体重減があったのではないかと思われます。
 
ただ体重が減る毎に基礎代謝量も下がりますし、生活エネルギーも下がります。
また当然、一日の消費エネルギー量も下がって来ます。
 
ですから、月を経れば経るほど一日の消費エネルギーが減少し、体重の減少も少なくなって来る訳です。
 
自由へのカウントダウンの鐘の音も日毎に大きくなって来ました。
 
僕は直接、堀江氏との面識はありませんが、弊社顧問であります元K-1の石井館長とは昵懇の仲のようですので、一日も早い出所を願うものであります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年8月 »